Staff Benda Bilili(大阪)

d0010432_20214330.jpg
 スタッフ・ベンダ・ビリリ公演(大阪・堂島リバーフォーラム)雑感





・実は公演当日まで行くか迷った。少し騒がれ過ぎているような気がしたし、昨年CDを買って聴いたときにも今ひとつピンと来なかったから。しかし、最近「予習」しているうちに、これは音楽的にどれだけ優れているかだとか、好きな音楽かどうかといった観点抜きに、直接目撃しておく必要のあるバンドだとの結論に達した。

・基本的にはかなりシンプルな音楽で、その単調さに時々飽きも来るが、その分とても踊りやすい。コンゴの伝統ポップをベースにしているサウンドで、誰にとっても親しみやすいだろう。

・サトンゲを発明し演奏するロジェは天才だ。まるでジミヘン!(褒め過ぎ)彼抜きにはバンドの成功はなかった。

・とにかく全ての曲がいい。そして、一番印象に残ったのは歌詞がとても素晴らしいこと(なので歌詞をステージに投射したアイディアは大成功。簡潔な訳文も効果的なのだろう)。痛烈な現実を歌っているのに、暗さが微塵もない。100%ポジティヴなミュージック!

・「人間に“再起不能”なんてことは絶対ない、“遅すぎる”なんてこともない」 …素晴らしいメッセージだと思う。素直に「勇気」を与えられる。

・音楽分析云々の以前に、彼らの生き様そのものが彼らの音楽に擦り込まれている、そのことが全て。こんなパーソナル・ミュージックのありようもあるのかと考えさせられた。

・彼らが今特別な存在であること、もしかしたら今のアフリカン・ポップの中で図抜けた存在なのではないかということ、そんなことを感じたステージだった。



 このところも重苦しい話ばかり。気持ちが一向に音楽に向かわない。

 会場へ出かける直前に1通のメール。長らく意識不明だった知人の「意識が戻った」。

 彼も「再起」するだろうか。奇跡の起こることを祈る。

 人生いろいろだなと、ステージを見つめながら思う。複雑な心境の一夜。



 (雑感なので、あとで消すか書き直すかする。9/29)



 (雑駁なメモだけれど、ステージ観ながら感じた断片だけ残すことに。10/1)





[PR]
by desertjazz | 2010-09-29 22:50 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31