Old Time Juju (1)

d0010432_0402130.jpg

 順番から行くと次は Jazzhole からの新譜4枚のうちの残る1枚 Duro Ikujenyo and the Age of Aquarius "Ase" ということになるのだが、これは後日。アフロビートなので、今週中にはイギリスから送られてくるはずの Femi Kuti の新作 "Africa for Africa" と合わせて書いてみたいと思っている。

 "Ase" には「Robert Wyatt が音痴に歌ったアフロビート」と形容したくなるトラックがあり、よくこれをリリースしたものだと思わせられた。だが、他からはある種の Jazzhole らしさも感じられて(可能性を感じさせるが、チープさも否めないという性格なので、好みは人によりけりだろう)、そんな一面にも触れてみたい。

 "Ase" を後回しにして、今はオルードタイム・ジュジュのレコードをあれこれ聴いている。Sunny Ade や Obey よりも前の時代、具体名を挙げると、Tunde King, Tunde Nightingale, Ayinde Bakare, J. O. Araba, Fatai Rolling Dollar, etc.。ざっくりした音の感触がたまらない。

 さすがにオリジナルのアナログ盤で持っているものは少なくて、大半が T. Ajayi Thomas の Fisher Muisc (NYC, USA) と Femi Esho の The Evergreen Musical Company (Lagos, Nigeria) からのリイシュー。それでもレコードラックを漁ってみたら、Fatai Rolling Dollar や Ayinde Bakare のアルバムまで持っていることに気がついた。

 Jazzhole の新作をきっかけに、今月は Nigerian Juju Music を久し振りに聴き直してみようかとも考え始めている。ということで、続きはまた次回。

(途中まで書いたところで、またまた全部消えてしまった。こんなことばかりを繰り返しているので、ブログは何とも疲れる。)




[PR]
by desertjazz | 2010-11-08 23:59 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30