Readings : 12月の読書

d0010432_03493.jpg

 今月読了したのは9冊。

・Majemite Jaboro "The Ikoyi Prison Narratives: The Spiritualism and Political Philosophy of Fela Kuti"
・J・M・クッツェー『恥辱』
・リシャルト・カプシチンスキ『黒檀』
・内田 樹『もういちど 村上春樹にご用心』
・ダニエル・J・レヴィティン『「歌」を語る 神経科学から見た音楽・脳・思考・文化』
・レヴィ=ストロース『ブラジルへの郷愁』
・マビヌオリ・カヨデ・イドウ『フェラ・クティ 戦うアフロ・ビートの伝説』読了(再読)
・トマス・ピンチョン『スロー・ラーナー』
・大里俊晴『マイナー音楽のために 大里俊晴著作集』

 フェラ・クティに関する2冊と、示唆するところが多くイメージの膨らむ7冊。今月は充実していた。

 偶然にも今年はこれでちょうど100冊。来年は少し読み方を変えてみようかとも考えている。





[PR]
by desertjazz | 2010-12-31 23:57 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30