Dubai / Maroc 2010 (8) : Rayan

d0010432_20472355.jpg

 ファッシフォン Fassiphone のアーティストで好きなのは、ジャラル Jalal El Hamdaoui を別格として、次はバッカル Bakr、そしてシェブ・ラヤン Cheb Rayan。実はこの3者、共同制作も多いのだが、それぞれのリーダー作の異なる個性に惹かれている。脳天直撃トランシーなレッガーダを爆発させるジャラル、レッガーダの極上キラーチューン連発するバッカル、バラエティー豊かなスタイルのポップで聴かせるラヤン。最近のアルバムのトータリティーでは、もしかするとラヤンが一番か。なので、マラケシュを離れる前日にラヤンの2枚を新たに見つけられたのは幸運だった。

・ Cheb Rayan "Yalemmima Ferhi"
・ Rima & Rayan "Dana Dana"

 シェブ・ラヤン Cheb Rayan / الشاب ريان(本名 Berroho Othman)。モロッコ北部、タンジェ生まれのライ・シンガー(1980年2月18日生まれ)。アルジェリアのシェブ・ハスニに憧れて歌手を目指し、ウンム・クルスームからも大きな影響を受けているという。リーマ Rima とデュエットした 'Dana Dana' がスマッシュヒットし、その後マグレブ圏での人気を高めるに至る。

 経歴を要約するとこうなるが、聴いて連想するのはハスニよりもシェブ・マミ。マグレブに限定されないインターナショナル・ポップとしての大きな魅力を感じる。

 "Yalemmima Ferhi" は全曲自身の書き下ろしで、アレンジャーとしてジャラル(2曲)とバッカル(3曲)が参加。リーマとの双頭アルバム "Dana Dana" は、彼をスターダムにのし挙げたそのタイトルチューンが冒頭に収録されている。'1, 2, 3 Soleils' を模したかのようなエレクトロ・オーケストレーションなど、多彩なアレンジも聴きどころ。

d0010432_20481522.jpg


・ Rayan "Ma Chérie ..."

 3年前に入手したアルバム(データベースで確認すると購入日は2007年11月8日)。作はジャラル4曲、ラヤン6曲。ジャラルは全トラックのアレンジも担当し、冒頭の 'Golou l'mama' ではシンガーとしてもフューチャーされている。続く2トラック目はリーマとの再演(?)。

 "Dana Dana" はまだリーマの方が役者が上といった印象だが、"Yalemmima Ferhi" と "Ma Chérie ..." の2作はとにかく素晴らしい。レッガーダ、バングラ、ラガ、クワイト、ラテンの祝祭、そしてしっとり歌い込まれるライ。正直、声そのものにはさほど魅力を感じない。ハレド、ハスニ、マミをいいとこ取りし、サウンドスタイルのボーダーから拡散していく雑食性旺盛なダンス・チューンが彼の持ち味。そんなサイバー・ポップがもたらすパーティー気分に心を許すのも悪くない。





[PR]
by desertjazz | 2010-12-08 08:00 | 旅 - Abroad

DJ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30