読書メモ

d0010432_2119256.jpg

 野暮用あって東急ハンズ心斎橋店へ。その地下階に新たに書店(喜久屋書店)ができていたので、試しに探索。ワンフロア閑散としていたこともあって思わず長居。自転車関連の書物が充実していてまとめ買いしたくなってしまった。そこを我慢してかねてから関心のあるテーマについての本を1冊購入。そのテーマに関しては書いておくべきと思うことがあるのだけれど、それは『自転車の安全鉄則』をじっくり読んでから機会をみてとすることにしよう。

 伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』読了。『砂漠』はさほど楽しめなかったので、この著者はもういいかと思ったのだが、数日前に偶然『ゴールデンスランバー』をもらったので読み始めたら止まらない。『砂漠』より数十倍面白い。プロットの組み立て方がとんでもない。ほのかなユーモアや暖かみもたっぷり。そして伊藤計劃なども連想させる近未来まで視野に入れた社会批判にも、また読み応えのある人間描写にもなっている。近頃の日本の小説はほぼ全く分かっていないが、多分これは一級品のミステリー小説なのだろう。

 道祖神からは『DODO WORLD NEWS』no.133 が送られて来た。自然写真家・山形 豪の動物写真を撮るアドバイスが参考になる。CD 紹介コーナーは Ballake Sissoko & Vincent Segal "Chamber Music"(邦題『チェンバー・ミュージック〜コラとチェロとの室内楽』)。コラとチェロのデュオというだけで悪趣味な音を連想してしまい敬遠していたのだが、関係者から紹介されてネットで少し試聴してみたら案外良かった。来日中止が相次ぐ中、彼らの来日公演開催が決まったようだ。都合が合えば兵庫か青山のライブを聴きに行ってもいいかな?

 昨晩は JAL の『AGORA』5月号を読んでいた。特集は「読書する街 ブエノスアイレス」。久し振りにボルヘスも読みたくなった。

 少々活字中毒気味だけど、それ以上に読みたいものが多すぎる!


(オクシタン音楽に関して Big & Good News が入ってきたので、それについて書くつもりだったのだけれど、また本の話になってしまった。まあ、明日にでも…。)








[PR]
by desertjazz | 2011-05-09 21:47 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31