◇◇◇ 2011年7月の読書 ◇◇◇

73) 谷崎潤一郎『細雪』中巻(再読)
74) 谷崎潤一郎『細雪』下巻(再読)
75) 池上 彰『先送りできない日本』
76) 中村とうよう『中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に』
77) 小松正之『日本の鯨食文化――世界に誇るべき“究極の創意工夫”』
78) 水野倫之+山崎淑行+藤原淳登『緊急解説! 福島第一原発事故と放射線』
79) 谷崎潤一郎『痴人の愛』
80) 谷崎潤一郎『春琴抄』
81) 谷崎潤一郎『卍』
82) 宮本常一『日本の村・海をひらいた人々』

 今月読了したのも10冊(図録も含まれているが)。今年はなぜか決まって毎月10冊だ。

 3.11 以降、外国文学を読む気になれない。関心があるのは「日本の美しさ」。今、自分の中で京都と奈良がテーマとして大きくなっている。谷崎潤一郎の再読を進めているのも、宮本常一をまた読み始めたのも、それと表裏をなしているのだろうと思う。





[PR]
by desertjazz | 2011-07-31 23:59 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31