◇◇◇ 2011年8月の読書 ◇◇◇

83) 高野和明『ジェノサイド』
84) 高村薫『マークスの山』(上巻)
85) 高村薫『マークスの山』(下巻)
86) ポール・マイヤーズ『トッド・ラングレンのスタジオ黄金狂時代 魔法使いの創作技術』
87) 古賀茂明『日本中枢の崩壊』
88) 古賀茂明+須田慎一郎『日本が融けてゆく』
89) 佐藤剛『上を向いて歩こう』
- -) 谷崎潤一郎『吉野葛・盲目物語』・・・「吉野葛」のみで「盲目物語」は後回し?
90) 池澤夏樹『真昼のプリニウス』
91) 村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』

 今月読了したのは9冊。相変わらず海外文学からは離れているままだ。いろいろなことに時間を奪われた上に、スキヤキ・ツアーがあったので、どうしても読書する余裕がなくなって、読み終えたものには軽めの作品が多い。その中で面白かったのは、86) と 89) 。ぞれぞれの感想メモはツイート済み。





[PR]
by desertjazz | 2011-08-31 23:59 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31