SUKIYAKI TOUR 2011 (6) : Day 2 - part III

 スキヤキ2日目、ワークショップ「グナワ音楽体験」を終えて外に出ると、毎年恒例のパレードが始まる(福野駅〜フローラルステージ)。地元の楽団やら神輿?やらの大行列。昨年もそうだったけれど、海外からやってきたアーティストたちもカメラ片手ににこやかに追いかけて行く雰囲気がいい。フェスに参加する誰もが一体となって楽しんでいる姿を眺めていて、自分も思わず嬉しくなる(フローラルステージで生ビールが飲みたくて、先回りして移動したために、写真などはありません)。



 本日のメイン・イベントは、18時半から始まるフローラルステージ3時間。演奏するのは、スキヤキ・スティール・オーケストラ Sukiyaki Steel Orchestra、ウーゴ・ファトルーソ&レイ・タンボール Hugo Fattoruso & Rey Tambor、オマラ・モクタル・ボンビーノ Omara Moctor Bombino の3組。

d0010432_23244417.jpg

 トップを飾るのは地元のスキヤキ・スティール・オーケストラ。

d0010432_23243483.jpg

 昨年は最終日ヘリオスステージを盛り上げた彼ら、今年も一糸乱れぬアンサンブルを披露。

d0010432_23242386.jpg

 ウーゴが書き下ろした新曲 'Steel Heart' が特に良かったな。ウーゴらしい独特なメロディーと、スチールパンの特性を理解した変化に富んだ構成に聴き惚れた(この曲のみ太鼓抱えてステージに上がったウーゴ・ファトルーソ&レイ・タンボールと共演)。





 続いて登場したウーゴ・ファトルーソ&レイ・タンボールとオマラ・モクタル・ボンビーノについては、また後で…。(追記しながら続ける予定)

(2011.08.28 記)




 → 私が写真提供した次のページも合わせてご一読を。

SUKIYAKI MEETS THE WORLD(公式ブログ)
SPIRAL RHYTHM Music. Happiness. Sukiyaki 2011. (前編)





[PR]
by desertjazz | 2011-08-20 23:03 | 音 - Festivals

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31