読書メモ:カズオ・イシグロ「日の暮れた村」

 11.11.11 の日。


 河出の『短編集』でカズオ・イシグロの「日の暮れた村」を再読。2001年に発表された作品なので、時系列的には長編5作目『わたしたちが孤児だったころ』の後に読むべきだったのだが、順を誤った。

 確か数ヶ月前に読んだはずなのだが、その時得た印象は乏しかった。しかし、じっくり読み直してみて「恐い小説」だと感じた。人はどこか勘違いや思い違いをして生きてきた存在、そこにグサッと突き刺さってくるものを感じる。

 自己評価と周囲のそれとが食い違っている様は、類似性と対称性をもって『浮世の画家』の小野を思い起こさせる。どことなくユーモアを含んだ毒味には『日の名残り』の執事と共通したものも感じる。最後に主人公フレッチャーの楽観で終わっているのも不気味だ。

 そして、ここでは時空の歪みがはっきり感じられる。





[PR]
by desertjazz | 2011-11-11 23:00 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31