マーセル・セロー『極北』

d0010432_2240874.jpg

 マーセル・セローの『極北』を読了。不思議な小説だった。頭に染みてこなかったのは、疲れたまま読んだからだろうか?

(本をなるべく買わない生活、本をこれ以上持たない生活をしたいこともあって、図書館の隣のブロックに引っ越すことにした。その作業でかなり疲弊気味。読んだ感想は後刻かな?)





[PR]
by desertjazz | 2012-06-08 22:00 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30