Gil Evans 1912-2012

 El Sur Records が15周年。Michel Petrucciani が50周年。そして今夜は100周年のお話。

d0010432_20444582.jpg

 ギル・エヴァンス Gil Evans (1912.5.13 - 1988.3.20) は私が大好きなミュージシャンだ。いや、いくつかの理由から自分にとって特別なアーティストでもある。そのギル、今年生誕100年であることに今頃気がつき、昔買ったレコードをここしばらく聴き続けている。

 ギルの音楽と出会ったのは大学生時代。一気にそのサウンドの虜になり、彼のレコードを探し集めたら、リーダー作だけは2年くらいで全部入手できたような記憶がある。キャリアが長い割に録音数が特別多かった訳ではないので、全てのLPをすんなり見つけられたのだろうか。時代がCDへと移り変わってからも気がつけば買っているので、今でも彼のコレクションはほぼ揃っているかと思う。

 ギル・エヴァンスは Claude Thornhill や Miles Davis の楽団のアレンジャーとしての仕事もよく知られているが、個人的に最も好きなのは70年代の作品群。彼にしか作り得ないロック的なビッグバンド・サウンドで、Frank Zappa 並みに興奮させられる。それらの中で珍しいのはこの2枚なのではないだろうか(全キャリアを通じても一番レアかもしれない)。

・ Gil Evans Orchestra "Synthetic Evans" (Poljazz Z-SX-0636, 1976)
・ Gil Evans Orchestra "Parabola" (Horo HDP31-32, 1977)

 前者は8人編成というギルにしてはスモールコンボによるイタリア録音の2枚組。4面で6曲収録している。Jimi Hendrix の楽曲を2つ取り上げていて、ギルのエレピも印象的。大好きなアルバムだ。

 後者はポーランドでのライブ録音盤。A面を占める 'Priesteso'(正しく?は Priestess')が聴きどころ。裏ジャケ(いや表か?)はこんな感じ(↓)。

d0010432_2181464.jpg


(もう1枚、ブート盤 "European Tour July 1978" を写真に上げたけれど、ギルのブートってかなり少ないのではないだろうか?)


d0010432_2192150.jpg

 Billy Harper が書いた 'Priestess' といえば、1977年のギルのバースデー・コンサートの実況録音盤が決定版だろう。

・ Gil Evans "Priestess" (Antilles/Polyster 25S-3008, 1983)

 Lew Soloff、Marvin "Hannibal" Peterson、John Clark、Howard Johnson、Robert Stewart、David Sanborn、Arthur Blythe、George Adams、Pete Levin、等々と物凄いメンツ!(もちろん Howard Johnson と Pete Levin はロック界の2人とは別人)その中で最初に長いソロを演奏するのは何と David Sanborn。これ本当にサンボーンが吹いているの?と疑いたくなるような、まるで Billy Harper 並みの火の吹くようなプレイを聴かせる。このトラックも、昔、爆音でよく聴いたなぁ。






[PR]
by desertjazz | 2012-10-12 00:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31