自由芸術展『レイモン・ルーセルの実験室』 (2)

d0010432_18164657.jpg
 自由芸術展『レイモン・ルーセルの実験室』に関する追記。


 昨日催されたトークセッションを配信動画で視聴。高橋士郎の話がとにかく面白い。

USTREAM:高橋士郎「自由芸術展」 〜レイモン・ルーセルの実験室〜 トークセッション「レイモン・ルーセルをめぐって


 以下、印象に残ったことば(走り書きしたものなので、厳密な書き起こしではない。10分過ぎまでマイクがオフで、聞き取りにくい場面もあり)。


「ルーセルは、知っているが最後まで読んだ人が少ない一番の小説」(港千尋)

「現実を書いたレリスの『幻のアフリカ』と想像によるルーセルの『アフリカの印象』とでは、まるで真逆。反対にレリスが「アフリカの印象」を書いており、ルーセルが「幻のアフリカ」について書いている」(岡谷公二)

「形状記憶合金、ピエゾ素子、(血を吐いて文字を書くニワトリの)インクジェットなど、現代の最先端技術を明治時代の小説に書かれている」(高橋士郎)

「NASA はジュール・ベルヌの真似をしている」(高橋)

「金融こそ最高の芸術」(高橋)・・・ここから話が脱線するも、大資産家に生まれたルーセルの芸術論に戻っていく。

「大脳皮質なんてものが生まれたから、人は悩んだり、余計なことを考えたりする。大脳皮質を消費し疲れさせるために、宗教や芸術、そしてルーセルが必要になった」(高橋)

「あの小説を書くのはものすごいエネルギー」(高橋)「ルーセルは生きていて楽しいことは一度もなかったと語っている。現実の中では暮らせない彼のエネルギーが創作へ向かわせた」(岡谷)

「地球を壊しつつある人類の未来への選択は3つ。科学技術をつきつめるか、ターザン的生活に戻るか、オタク化するか。これらのバランスが重要。芸術はオタク。だから、そこにこれからの芸術の役割がある」(高橋)

「(空気膜造型について)コンピューターグラフィックは風船なんです」(高橋)

「人間が育ったのは '空気と重力' のおかげ。ルーセルの小説も '空気と重力' のリアリティー」(高橋)

「マッキントッシュの中には凄いものが入っている。マッキントッシュの新製品が出ると、いつバラせるかと思うとワクワクする。マッキントッシュの放熱板はいい音がする」(高橋)


 一番伝わってきたのは、現実を直視し、リアリティーを追求しながら創作活動に励んでいる高橋士郎の姿勢だった(原子力発電所に関する最後の方の発言も全く同感)。

 先日ここで「読んで役に立つことは皆無だし、読み終えて残るものも一切ない。」と書いたが、ルーセルの小説を単なる小説ではなく、「アート」として読むと、それは全く変わってくるとも思った。そこが彼の小説に惹かれる大きな理由なのだろう。


(今朝も4時半に起床して仕事だったので、昨晩はこのトークセッションもヒュー・マセケラのライブも断念。なので動画配信されたことに感謝。)




 追記:

 より詳しい部分書き起こしがあった。→ http://twitter.com/azmtwt





d0010432_18555296.jpg

 このトークセッション、ルーセルと親交のあったミシェル・レリスと彼の著作『幻のアフリカ』の紹介から話が始まった。ボラーニョの『2666』並に厚く重い本だけれど、改めてこれも再読したくなった。「今年読む本」のリストに入れようか?(写真は「完全版」と「文庫版」)






[PR]
by desertjazz | 2013-03-18 18:00 | 美 - Art/Museum

DJ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31