Oliver Mtukudzi | Bio & Discs (10) Short Break

d0010432_2256111.jpg

 オリヴァー・ムトゥクジの90年代以降についてどう整理していこうかと現在思案中。よってこのシリーズは小休止、またはしばらくの間スローダウンさせようかと思う。

 先週も CD が新たに2枚到着。"Nyanga Yenzou" (1989) と "Tsivo (Revenge) " (2003) 。前者は CD 化されているとは思わなかった。後者にはムトゥクジの初録音について書かれていたので、ここを4度目の追記。

 "Tsivo (Revenge) " はいいアルバムだなぁ。女性コーラスの効果もあって、"Tsoka Itsimba" と対をなすような作品だと思う。これはムトゥクジが拠点としている Norton に建てた Samanyanga Studio での初の録音で、アコースティックによる最初のスタジオ録音アルバムだとも書かれている。けれども、Bonnie Raitt から贈られたというベースはエレキの音に聞こえるし、ほぼ全編にわたってキーボードが入っている(多くは Yamaha DX 7 かな?)。1曲目は 'Todii' に似たテイストの名チューン。ポップで明るい曲調が多いものの、2曲目では 'My (?) child has no school, no school no food' とかなりシリアスな内容を歌っている。Fleetwood Mac の有名曲を連想させるフレーズもあり(8トラック目)。




 今年スキヤキ&スキヤキ・トーキョーで初来日を果たすジンバブウェのオリヴァー・ムトゥクジ、それが彼単独ではなく、The Black Spirits と一緒に日本にやってくることが重要ポイントだと思う。彼の近作を聴いて、バンド全体のサウンドアンサンブルの素晴らしさに魅入られてしまった。是非ともフルメンバー揃ってステージに立って欲しいものだ。





[PR]
by desertjazz | 2013-05-21 00:00 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30