読書メモ:辺見 庸『青い花』

d0010432_23454212.jpg

 辺見 庸『青い花』を読了。改行がほぼ全くないので、読書が不得手な私は息切れすることしばしば、思わず時間がかかってしまった。

 現代と直接繋がり合う近未来小説のようであり、SF小説のようであり、歴史書のようであり、いつもの評論集の延長上の作品のようであり、最近出した短歌集2冊を発展させたもののようでもある。これは大震災への鎮魂歌、かつ現代を憂いて書かれた予言書か?

 著者が新たな表現手段を獲得し、次なる段階に進んだことを知らしめる、強烈な作品だと思う。特にこれでもかと繰り出される皮肉が冴えている。


(以下、個人的思い出ばかりになってしまったので、省略。)


 (ということで?)今夜の浴中読書は『ゆで卵』。辺見さんが小説を書いたのはこの作品以来だろうか?






[PR]
by desertjazz | 2013-06-14 23:40 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30