New Arrivals of Mtukudzi's CDs

d0010432_1673935.jpg

 いよいよ今週末からスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドが開催される。その直前の先週末に、待望のブツがやっと届いた。Oliver Mtukudzi の CD がさらに9枚到着したのです。彼の来日ステージまでにと思って、今せっせと順に聴いている。

 自分が気に入ったミュージシャンの作品はなるべく多く聴いてみたい。中でも特別に好きなミュージシャンに関するものならば、原則全作品を集めてじっくり味わいたいと思う。例えば Fela Kuti や Frank Zappa などは作品数がかなり多いものの、見逃せないものばかり。どれも聴かない/観ないでおくのは勿体ない。そして、ミュージシャンでもバンドでも、その作品群を俯瞰することによって、キャリアや音楽的変遷が初めて把握/理解できる面があって、そのこともとても興味深いと思う(これは小説家でも画家でも映像作家でも、あらゆる芸術家に共通することだろう)。

 Oliver Mtukudzi に関してはそこまでの必要はないかとも思ったのだが、初来日するこの機会、旧譜がどれも安かったので、集められるだけ集めて聴いてみることにした。結果、やはり彼の音楽的志向や変遷を知ることが出来たし、結構重要なことを見逃しているのにも気がついた。

d0010432_1674569.jpg

 今回は世界中のいくつものレコード店にオーダーをした。最後に届いた小包は南ア発(ロンドン経由?)で、切手がいっぱい。

d0010432_1675028.jpg

 最新作 "Sarawoga" が 2010年に急逝した息子 Sam Mtukudzi に捧げられたアルバムと聞いて、その Sam の "Rume Rimwe" (2008) も買って聴いてみた(これが遺作か?)。メロディーなどからは父譲りのセンスを感じる一方、声の質が全く異なっているのは意外だった。






[PR]
by desertjazz | 2013-08-18 16:00 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30