Digging Discs in My Room

 昨年6月に転居して以降、部屋の中がなかなか片付き切らない。これは旅が続いたからであり、読書三昧の生活を送っているからでもあるのだろうか。

 そこで一念発起。来月12月は猛烈な忙しさになりそうでもあるので、一足早い年末の大掃除を兼ねて整理作業を始めた。まずはレコードとCDの整理。いつの間にか山と溜まった未聴盤をせっせと聴きながら、ここ数年間の入手盤の分類/整理。聴かないサンプル盤も思い切って処分。かなり室内がすっきりしてきた。

 こうした作業をしていると、探していたディスクを「発掘」したりなどして、その度にいろいろなことを思う。


d0010432_19542072.jpg

 整理作業中にBGMがわりに聴いていたのはこんなCDなど。

・MIA "Matangi"
・Elvis Costello and The Roots "Wise Up Ghost and Other Songs"
・Laurent Garnier + Bugge Wesseltoft + Philippe Nadaud + Benjamin Rippert "Public Out Burst"

 他にも Janelle Monáe などたくさん。MIA や Janelle Monáe や Bugge は聴いていると元気が出て作業が捗るなぁ!



d0010432_19541931.jpg

 今回やっと定位置に収まったCDたちの中から3枚ピックアップ。これらは近年のポップミュージックの中でも傑出した作品だと思う。

・Janelle Monáe "The Archandroid"
・James Blake "Overgrown"
・Dionysos "Plays Bird'N'Roll!"

 そういえば、イギリスにオーダーした Janelle Monáe の新作がまだ届かない。



d0010432_1954171.jpg

 最近特に気に入っているのはこの3枚。ノリ良いトラックを聴いていると整理作業も進む。けど、良すぎて聴き入ってしまうことも。

・V.A. "Red Hot + Fela"
・Stromae "Racine Carrée"
・Jupiter & Okwess International "Hotel Univers"

 どれも今年のベスト10候補!



d0010432_19541570.jpg


 毎年冬の定番も出て来た。暑い夏にはパームワイン・ミュージックが聴きたくなるのと同様、冬にはこの3枚が欠かせない。

・Ab und Zu "Spark of Life"
・David Sylvian "Blemish"
・Inger Marie Gunderson "Make This Moment"

 純白の雪景色を目にすると聴きたくなる3枚(今年はこれらに James Blake も加わりそう)。そして、思いっきり寒い日には、なぜか Sarah Vaughan が聴きたくなります。






[PR]
by desertjazz | 2013-11-17 20:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31