読書メモ:ボラーニョ、ほか

d0010432_23263252.jpg

 刊行始まったロベルト・ボラーニョの「ボラーニョ・コレクション」、続巻が待ち切れないので、少し高いなと思いつつも『野生の探偵たち』を買ってしまった。予告では『通話』が改訳されるようだが、これも買わなくてはならないのだろうか?

 相変らず長い小説やブ厚い研究書を読み続けているため、『野生の探偵たち』をいつ読み始められるのか、『2666』をいつ再読できるのか、定かではないのだが…。




 最近 この記事 へのアクセスが異常に多い。これはもしかしたら「100周年」効果か? 検索してみたら、「失われた時を求めて」発刊100周年 などという企画もあった。

 「ヴェネチアにまつわるシンクロニシティー」、まだ書いていなかった…。





[PR]
by desertjazz | 2013-11-21 23:00 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31