読書メモ(フランス漬け?)

d0010432_11385952.jpg

 最近読み終えた本、今読んでいる本(の一部)を並べてみて気がついた。フランス人作家の本ばかりじゃないか! これって偶然だろうか? それともフランス音楽ばかり聴いているのと同様、フランスへの関心の表れなのだろうか?

(例外は南ア人であるデヴィッド・ルイス=ウィリアムズの『洞窟のなかの心』。しかしこれもブッシュマンの古代壁画などとともに、フランス南部の洞窟壁画を詳しく研究したもの。)

 モーリシャス3部作を読み終えたル・クレジオなど面白かったものばかりなので、感想を綴っておきたいのだが、相変らずそうした時間がない(取りあえず Twitter や FB にメモしたものを、後日 Blog に整理して書こうとは思っているのだけれど、これが面倒になってしまっている。)。

 共通している点は、旅心をくすぐるということ。『隔離の島』でモーリシャスに、『HHhH』でプラハに、『洞窟のなかの心』でボツワナ〜ナミビアの国境地域に行きたくなり、ランボーの詩を読んでマルセイユやエチオピアが懐かしくなった。

 もっとたっぷり読書したいとも思うのだが、それも今は難しい。『農耕詩』もさっぱり進まなくなっている。

 うーん、こんな読書を続けていると、フランスに生まれたかったな、なんて風にも思ってしまう。


 そうそう、フランスもの以外ではスウェーデン作家ミカエル・ニエミの『世界の果てのビートルズ』も読んだ。スウェーデン最北部、北極圏でフィンランドと接する村での青春物語。これを読んで北欧の人々への印象が変わりました(結構気質が荒っぽいんだなぁ)。






[PR]
by desertjazz | 2014-02-27 11:50 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31