Traveling Tools

d0010432_21171074.jpg

 北欧旅行2回目の資料の整理を終了。



 私の海外旅行で最も大切な道具はA4ファイルとコクヨのスケッチブック。

・まずベースが丈夫なA4ファイルに、旅程表やプリントアウトした航空券やホテルの予約票やインタビュー用の資料などを入れて出発。旅の途中では、現地で入手した資料やクレジット支払いの控えなどをどんどん放り込んでいく。そして帰国後、本当に必要なものだけを(旅先で手に入れた地図や名刺なども)軽めのA4ファイルに移し替えて作業終了。
 後日(何年も経ってから)文章を書いたり、同じ土地を再訪問する際に、古い資料を参照する必要の生じることがとても多い。なので、旅を終えた後の資料の整理は重要。そう思って、過去全ての海外旅行の資料も統一したフォーマットに移行中。

d0010432_2117217.jpg

・コクヨのスケッチブック(コクヨS&T 測量野帳スケッチ白上質)はとっても優れもの。表紙と裏表紙が肉厚なので手にもってメモできるし、方眼線が引かれているので、文章を書くのにもイラストを描くのにも便利。旅の最中はこのメモ帳に、関係者の連絡先や、出納や、日記など、ほとんどあらゆることを書き込んでいく。言葉が通じない国では、これを使って筆談までしてしまう。
 このスケッチブックは海外に行き始めたほとんど最初から使っているので、もう80冊くらいは持っているはず(長期の取材になると2〜3冊使うので)。



 表紙の「58」は58回目の海外渡航を意味する(この写真では分かりにくいかな?)。もうそんなに行ったのかと思うとちょっと感慨深い。

 経済的には豊かではない家庭に生まれ育ったからか、学生時代には海外旅行など夢のまた夢。いや夢に思うどころか、外国に行きたいと思ったことすらなかった。友人たちが長期の休みに海外に出かけて行っても、何が面白いんだろうと思っている次元だった。結局大学院を出るまでは一度も国外は体験せず、ワールドミュージックを聴き始めてからも、せいぜい一度でいいからバリでガムランを聴いてみたいと思ったくらい。

 それが気がつけば、どんな巡り合わせか、こんなこと(?)に…。人生とは予測がつかないものだと思う。

 生きている間にあと何回旅をできるだろうか? そんなことも思いつつ、スケッチブックをまた10冊注文した( → Amazon.co.jp )。




(追記)

 さきほど届いた。10冊で ¥1450(アマゾン、安い!)さて、次は何処へ?

d0010432_21115993.jpg
d0010432_2112247.jpg

(2014.03.21)





[PR]
by desertjazz | 2014-03-18 19:00 | 旅 - Abroad

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31