読書メモ:国分拓『ヤノマミ』

d0010432_21432016.jpg

 友人が Facebook にアップしたアマゾンの写真を眺めながら、「アマゾンにも行ってみたかったな」などと思いつつ、最近新潮文庫から出直した国分拓の『ヤノマミ』を読み終えた。

 これはブラジル北部、ベネズエラとの国境地帯に暮らす狩猟採集民「ヤノマミ」の村に150日間(2007〜08年)滞在した TVディレクターによる記録。

 この類の他の書物と同様、様々なことを考えさせられるが、なんと言っても、出産直後のシーンが白眉。森の中で産み落とされた赤児は、人間として受け入れられるか、あるいは精霊として天に還されるか、母親(それは時には10代前半の少女であったりする)のその瞬間下す判断に全て委ねられる。強烈であり、残酷でもあり、ドキュメタリー/ノンフィクション史上でも希有な衝撃的シーン。ほとんどそれを読むだけでも、価値ある一冊だと思う。






[PR]
by desertjazz | 2014-04-24 22:00 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30