読書メモ:アンドレ・ジイド『コンゴ紀行』『続コンゴ紀行』

d0010432_15585138.jpg

 8/18〜8/25の間、7泊8日で北海道〜富山を小旅行。北海道では札幌で開催中の SAPPORO INTERNATIONAL ART FESTIVAL 2014 を、郊外のモエレ沼公演や札幌芸術の森美術館を中心に巡ろうと考えたのだが、毎日雨がちだったので、迷った末に取り止め。結局のんびり読書して過ごしていた。

 その旅の前半に読み終えたのはアンドレ・ジイドの『コンゴ紀行』と『続コンゴ紀行』。フランスの小説家が56歳の時にかねてからの願望を実現させたアフリカ旅行の日記。最初 1938/39年に岩波から出たものを5年前に復刻させた文庫版である。

 ジイドが旅したのは 1925年7月から翌年5月までで、個人の旅行としては随分早い時期のものだろう。「コンゴ紀行」とあるが、当時のフランス領赤道アフリカ地方を巡ったもので、1冊目はブラザビルからコンゴ川やウバンギ川を北上し、現在のチャドに至る。2冊目はチャドから現在のカメルーンを西に進んで大西洋まで戻ってくる。最近「コンゴ旅行記」を書き始め、間もなくコンゴから Jupiter & Okwess International が来日する。なので、自分の中でコンゴへの気分が高まって読み始めたのだが、現在のコンゴ民主共和国はほとんど登場しない。(残念ながら地図がほとんどないので、これを読むだけでは著者がどこを歩いているのかさっぱり分からない。なので、ミシュランの地図を参照しながらの読書となった。)

 小説家による文章ということもあってか情景描写がとても美しい。今では失われた景色も多いのかもしれないが、かつて滞在したコンゴ(ザイール)の地方の川の夕暮れなども懐かしく思い出させる文章だった。搾取され苦労を強いられる現地民たちへの温かい視線や積極的支援もいい。

 先に読み終えたミシェル・レリスの『幻のアフリカ』でもそうだったのだが、時おり挟まれる音楽のシーンにも惹かれる。録音は残されていないだろうが、せめてその時の写真や映像をネットで見ることは出来ないだろうか。

「(…)だが思っても見て頂きたい。百人もの人間の口で喚き立てるこの節を。その中誰一人として正確な音を出しているものはないのである。沢山の小さな線の間から識別しようと試みる主要な線のようなものである。その効果はすばらしい。そして複音性な、調和音の豊かな印象を与える。同じ要求が彼等の小さな「ピアノ」の金属の爪に真珠をはめさせるのである。はっきりした音への嫌悪、はっきりした音を掻き乱しその輪郭をぼかそうという欲求。」(『続コンゴ紀行』P.38)


 ここでの「ピアノ」は親指ピアノであり、「真珠」はビリビリ音を生み出すサワリ構造の一部なのだろう(ただし、著者のこの推測は正しくはないのだが)。

 この引用では全て現代語に改めた。しかし、元々は漢字は旧字体で、旧かなづかいである。それに加えて、ポイントの小さな活字による古い印刷をそのまま復刻したものだから活字が潰れてしまって、とても読みにくく、旧字を解読するのに時間がかかる。なので買った直後には途中で放り出してしまったのだった(108ページまでで諦めた)。けれども、今回は旧字体と旧かなづかいの生み出す不思議なリズムが次第に心地よくなって、途中からすらすらと読めるようになり、とうとう最後まで辞書を使うこともなかった。本来の日本語を読んでいる快感のようなものも感じたのだった。


d0010432_15585390.jpg






[PR]
by desertjazz | 2014-08-31 16:00 | 本 - Readings

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30