New Disc : King Robert Ebizimor "Our President Goodluck Jonathan"

d0010432_21231473.jpg

 ナイジェリアの西にジュジュ・キングのサニー・アデがその勇姿を誇れば、東にはハイライフ・キングたるロバート・エビジモーが鎮座する。

 先日いただいたナイジェリア現地買い付け盤の中で、おやっ?と思ったのは、King Robert Ebizimor の1枚だった。「イジョ・ミュージックを聴きたい」とリクエストしてまさかこんな CD を買ってきて下さるとは。King Robert Ebizimor がまだ現役らしいことにも驚いた。

"Our President Goodluck Jonathan" (ANBMC 172)

 King Robert Ebizimor が音楽キャリアをスタートさせたのは 1973年。Rex Lawson が事故死してそのバックバンドを David Bull が引き継ぐことで生まれた The Professional Seagulls Dance Band の一員としてのこと。その後独立して自身の Izon Brothers Band Of Nigeria (または His Ijaw Brothers Band) を率いてナイジェリア東南部のポートハーコートやワリ界隈で活動。ここ数十年間では最も高名なイジョ人のミュージシャンである。

 彼の音楽スタイルは典型的なギターバンド・ハイライフ。小気味良いギターのカッティングやドラムビートがリードするスピーディーなサウンドが持ち味。彼のどの作品を聴いても特別なことをやっている感じはしないが、その分彼はスタンダードなギターバンド・ハイライフを突き詰めてきたと言えるだろう。本作を聴いても、その点は変わっていないという印象。

 確か King Robert Ebizimor のアルバムはいくつか持っていたはずと思って自宅のライブラリーを漁ると、何とカセットが19本も出て来た。彼のアルバムは20枚強あるようなので、これらで彼の作品の大半を網羅していることになるのかも知れない。

d0010432_21231675.jpg

"Weripeigha Women Union Of Obotebe" (MAC 02)
"Ango Tua Laye Fa" (MAC 005)
"Tuo-Wuru Ebi Dou Ogbo Of Warri" (MAC 013)
"Sayeregha" (MAC 016)
"Arekedoumene Ogbo" (MAC 018)
"Duo Ma Bou" (MAC 020)
"Amapiniogbo 0f Angala - Biri" (MAC 22)
"Bo Bra" (Pere 203)
"Late Wilson Eselemo" (Pere 204)
"Ekpeteshi" (ANBMC 055)
"Elaye Ememu" (ANBMC 114)
"O Ba You Kumo" (ANBMC 115)
"Ekpedekumor" (ANBMC 122)
"The Golden Rule" (DC 2001)
"Subject" (DC 2006)
"Happy Survival" (DC 2052)
"Money" (DC 2087)
"Owei" (KZMC 7)
"Money Finished Eye Clear" (BT 066)

 これらのうち、まずは初期の LP をカセット化した MAC 盤を久し振りに順に聴き直しているところ。やっぱりこうしたハイライフ・サウンドはいいなぁ。好盤揃いで、素直に身体が反応する(例えば 1990年作の "Tuo-Wuru Ebi Dou Ogbo Of Warri" のB面曲は ここ で聴くことができる)。歌詞の内容までは分からないのだが、豊富な石油資源を抱えながらも政治的にも経済的にも苦しんできたニジェールデルタ地帯の人々の悲哀を歌った曲も多いらしい。そんなサウンドと歌内容によって長年イジョの大衆から愛され続けているのだろう。


 ・・・と思ったら、衝撃的ニュースがネット上に流れている。今年7月31日に Robert Ebizimor は交通事故で亡くなったらしい。今だにワリやポートハーコートの街は悲しみに包まれているに違いない。

 それにしても何と言うタイミングなんだだろう。この "Our President Goodluck Johathan" が彼の遺作になってしまったのかも知れない。R.I.P.






(追記)

 2004年4月のこの記事から類推すると、King Robert Ebizimor は 70歳で亡くなったようだ。

Nigeria: Showtime: Ijaws Salute King Ebizimor At 60 - By Ogbonna Amadi

THE Ijaws are breasting up to celebrate the 60th birthday anniversary of Niger Delta most celebrated singer, composer, guitarist and band leader, King Robert Ebizimor. Before he became one of the pioneers of Ijaw high life music, the king had engaged in so many ventures such as palm wine tapping, timber merchant, canoe carving and commercial fishing. Things worked out for him. Since he began to make impact on the high life scene in the early seventies King Ebizimor's songs depicted social trends; the philosophy of life, political and economic manipula-tions and indeed all aspects of life. As a born philosopher, his songs conjured images. They were like themes which give root to varying development and movement. The Agaibiri musical king created issues out of themes and provoked the thought of his audience to the point of inspiring and even mobilizing them to action but the greatest weapon is his voice which he projected with happiness and enthusiasm.

King Robert Ebizimor's popularity was felt through-out the country and across West Africa, espeically in Ghana. In the early eighties Ebizimor and other gifted stars of Ijaw origin like Professor I. K. Belemu, Master Pereama Freetown, White Eagles, etc. brought back high life nick-named Owigiri in a different style and from dominating the instrumentation with vibrant guitars and exiting rhythms which were missing in the early sixties and seventies.





[PR]
by desertjazz | 2014-09-03 20:20 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30