The sound of Africa in 2015

d0010432_2135759.jpg

 マニフェスト M.anifest の "No Shortcut to Heaven" いいな!

M.anifest - No Shortcut to Heaven ft. Obrafour (Official Video)




 ここしばらくアフリカの古い録音について調べている。その合間にこの記事を読んで音源も聴いてみた。

Guardian Africa network | The sound of Africa in 2015

 今年注目のアフリカン・アーティスト5組が紹介されている。イギリス発の記事なので英語圏のみなのはさて措くとして、ヒップホップ/ラップ一色。これはアフリカの現状を映しているのか、それとも欧米リスナーの関心がそこにしかないからなのか。

 個人的に気に入ったのは、ガーナのマニフェストと南アのカスパー・ニョヴェスト Cassper Nyovest。どちらも Kanye West 世代といった感じで、特に前者のサウンドからはその影響が漂ってくる。

 マニフェストは1982年、アクラの生まれ。これまで "Manifestations" (2007)、"The Birds and the Beats" (2009)、"Immigrant Chronicles: Coming to America" (2011)、"Apae" (2013) の4作を発表している。まずは近作2枚を聴いてみたけれど、結構いい。彼は Damon Albarn、Tony Allen、Erykah Badu らによるセッション・アルバム "Rocket Juice and The Moon" (2012?) にもフィーチャーされていたが(Fatou Diawara も参加していた)、それよりもずっといい。中でも秀でているのは、やっぱり "No Shortcut to Heaven" だな(ビデオ・クリップのコンセプトもダンスも秀逸)。

 カスパー・ニョヴェスト(あるいはキャスパー・ニョーヴェスト?)はハードなリズムとライムが頭に刻み込まれる。途中でイヴォンヌ・チャカ・チャカ Yvonne Chaka Chaka の名前が歌い込まれたりも。懐かしいね。

 こうしたアーティストたちは日本のワールド/アフロ・ファンの多くにとっては興味の対象外なのかも知れない。トゥーフェイス 2 Face Idibiaフィーノ Phynoナカネ・トゥーレ Nakhane Touré などと同様に。でも私は好きです。






[PR]
by desertjazz | 2015-02-04 21:00 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30