New Discs : Bjork & Cassandra

d0010432_225045.jpg

 ここ数日聴いているのは、ビョークの新作 "Vulnicura" とカサンドラ・ウイルソンの新作 "Coming Forth by Day"。時々は話題作も聴きます。

 前者は恋人マシュー・バーニーとの離別から生まれたアルバム(8作目)、後者は今年生誕100周年のビリー・ホリデイのソング集。亡くした母と義父を追憶するスフィアン・スティーブンスの "Carrie & Lowell" も合わせて内省的な作品ばかり聴いていて、あまり春らしくないか?

 ビョークはファーストの "Debut" を聴いて衝撃に近いものを感じ、それ以来全アルバムを聴き続けているが、どこか本気で好きにはなりきれないでいる。でも今度の作品はナチュラルに心に染みてくるような音になっているように感じる。音作り自体は相変らず面白い。

 カサンドラもほぼ毎作買っているけれど、この新作はちょっとバランスが悪いかな(ストリングスの明るさにも違和感がある)。テーマのハードルが高過ぎたのだろうか? マイルス集の "Traveling Miles" は大傑作だったのだけれど。

 2人とも好きな女性アーティストなのに、いまだにライブを観ていないというのがひとつの共通点。積極的にならないのはどうしてなのかな?




 男性アーティストで今一番心待ちにしているのはセウ・ジョルジの新作。iTunes 版は明日 3/31に買えるようなのだが、CD の方の発売は5月になるみたい。

 そして同じブラジルからは、ヴィニシウス・カントゥアリアも新作 "Vinicius canta Antonio Carlos Jobim" をリリースするとのこと!

 ・ Song x Jazz | ヴィニシウス・カントゥアリア『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』


 今年は春先から、大好きになった作品や楽しみな作品ばかり。嬉しいリリースラッシュが続く。そう感じるのは、自分がかなり自然体で音楽を楽しめるまでに回復してきたからなのかもしれない…。






[PR]
by desertjazz | 2015-03-30 22:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31