クロ・ペルガグの美しくも不思議な世界 〜カナダの若き鬼才が紡ぎ出す芸術〜(6)

 クロ・ペルガグ本人のリーダー作は、まだ3タイトルのみ(EP1作、アルバム2作)。もっと他に聴けないだろうかと思って探してみたら、ゲスト参加曲/共演曲が7曲ほど見つかった。それらの中で特に気に入った3曲を DL 購入して聴いて楽しんでいる。


 同郷ケベックの男性シンガー VioleTT Pi との共演ナンバー。「迷路」という曲名に似つかわしい重苦しいムードで、映画の予告編のような PV も作られている。クロの切迫感を含んだ哀しい歌声がいい。

 ところでこの VioleTT Pi とは一体誰なのだろう? 本名は Karl Gagnon(らしい)。ということは彼もガニョン一族の一人か? クロの兄弟?従兄弟?それともダンナ?? セカンド・アルバム "L'Etoile Thoracique" で1曲共作しており、ファースト・アルバム関連の授賞式でもクロと同席している。(ネット検索すると、クロ以上に奇天烈な画像や動画ばかりで、結局何者なのかわからないママだ。)

d0010432_00002539.jpg


 おそらく Philippe Brach もケベックのアーティストだろう。ちょっとシュールな雰囲気の PV では、クロの姿に大人の女性らしい美しさが感じられる。

d0010432_00010495.jpg


 これも Philippe Brach との共演曲。とにかく素晴らしくて、愛聴し続けている。クロはピアノも担当しており、歌い手としてもピアノ奏者としても高い資質を示していると思う。なので、今後はより多くのアーティストたちから共演を求められるだろうし、この方向性のアルバムも聴いてみたい。

d0010432_00013183.jpg






[PR]
by desertjazz | 2017-08-06 00:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31