可愛い赤鬼(仮題) Klo Pelgag in Japan 2017(2)

d0010432_19420167.jpg



□ 8月30日(水)Sukiyaki Tokyo 2日目(東京・渋谷 WWW X)

 27日(日)ヘリオス(富山県南砺市福野)での演奏時間が80分予定だったのに対して、今夜は65分のセットとやや短め。しかし、本編でカットされたのは "Au Bonheur d'Edelweiss" くらいで、曲順含めて大きな違いはなかった。それより会場の環境や状態から判断したと思われる微調整に気づかされることに。

 彼らの音の秘密を探りたいという考えもあって、この日はサウンドチェック&リハーサルから見せていただいた。14時半から始められたサウンドチェック、驚いたのはモニターバランスの細かな調整まで含めてたっぷり1時間以上かけて丁寧に行われたことだった。反対にリハーサルは軽く数曲やったのみ。個人的には客入れする前の残響長い乾いた音が好きで、時々サウンドチェックを聴きに行くのだけれど、今回はそんな楽しみも短め。意外と多かった彼らの持ち込み機材を見て行くうち、きっかけ音のいくつかはマーク=アンドレが PAD を叩いて出していることにも気がついた。彼のパーカションは手作り感たっぷり(写真は撮り忘れた)。

 さて本番。前半はアンドレ・メマーリ&フアン・キンテーロ Andre Mehmari & Juan Quintero のデュオ(ピアノもギターもいいのだけれど、どうしても歌の伴奏という印象が強くなってしまって、インストのみの演奏をもっと聴きたくなった。アンコールで再び『ふるさと』を挟んだ Milton Nascimento の "Ponta de Areia" を聴けたのは嬉しかったなぁ)。

 続いて、クロ・ペルガグたちが今年のスキヤキの大トリとして登場。個人的関心のひとつは赤鬼のお面を再び被るどうか。ヘリオスでのオープニングではクロ・ペルガグはある演出を用意してきたのだが、正直さほど面白くはなかった。どうせ鬼の面を使うのなら冒頭からの方がいい。

 そう思いながらオープニング "Insomnie" のイントロを浴びていると、弦楽器やシンセ、ドラムの音が次第に盛り上がる中、クロが身を低くしてステージ中央に忍び寄ってきた(場内スタンディングなので、最前方でないと彼女の姿は見えない)。そのクロの顔には鬼の面が。「やっぱりな」と心の中で呟く。そしてクロが立ち上がった瞬間、大歓声!


d0010432_19340555.jpg


 クロはとにかく寝っ転がる。そのことに何か意味があるのかどうか、未だに理解が及ばないのだが。フランスで二度観たライブ会場はどちらも全席椅子席だったで( Paris 2015 / Nantes 2016 )、ステージ上でのたうち回る姿はどこからでも見ることができた。そのことは福野ヘリオスでも同様で、モニターの背後から鬼の面を見せるというような工夫もあった。しかし渋谷ではそうしたパフォーマンスは封印。福野では片足を上げたり揺らしたりしての演奏も集まった人たちの眼を引きつけていたけれど、ここではそれも控えめ。反対にピアノ椅子に立ち上がるなど、ハコに合わせた動きを見せていた。


d0010432_19341564.jpg


d0010432_19342910.jpg


 "Insomnie" から6曲目 "J'arrive En Retard" までの構成はヘリオスの時と一緒。5曲目 "Les Instants d'Equilibre" のマリンバ状の音はマーク=アンドレが PAD を叩いて出していた。

 そのマーク=アンドレのドラムを中心とする短い JAM を挟んで、そのままの流れで移って行く "J'arrive En Retard"、今夜は離れた場所で聴いていた分だけ、ストリングスの艶やかな響きを一層味わえた。

(渋谷 WWW X では最初から最後まで DJ ブースから観ていた。クロ・ペルガグのライブは今夜が最後でもあるので、なるべく音の良いところでじっくり楽しみたいと思って。昨年11月にフランスのナントで観た時と同様、カメラのシャッター音が自分自身気になって仕方なく、音圧が上がった時と MC の時しかシャッターを切らなかった。アンドレ・メマーリ&フアン・キンテーロの時には一眼レフでは1枚も撮らなかった。そう考えると、ステージ撮影はすでにミラーレスの時代なんだなと思う。疲労で身体が悲鳴を上げていたため 2kg 近い望遠レンズを持ってこなかったこともあって、撮影エリアからのアップの写真は他の方々にお任せいたしました。)

 もう一つ、おやっ !? と思ったのは "Nicaragua" の演奏に入る直前に学校の始業チャイムを鳴らしたこと。恐らくこれは、ストリングス陣がリコーダーを吹くこの曲で小学校の音楽の授業を連想させる意図があったからだと思う。しかし、そのことに気がついた人はいただろうか。この演出は、もしかしたら福野での私との会話でクロが思いつたのかも知れない(これについても詳細後日)。



d0010432_19342319.jpg


 ラス前の "Taxidermix" では再び赤鬼のお面を被ってのパフォーマンス。この曲、後半のライブ・アレンジはカッコよくて何度聴いてもいいな。圧巻だった!

 そして最後は今夜も "Les Ferrofluides -Fleurs"。この曲でチャランゴを弾くフランソワは、ベース演奏以外に、クロたちが弾くハモンド(Roland VK-8)のセッティングをしたり、数曲でギターをプレイしたりと、結構マルチなプレイヤーだ。

(フランソワは、渋谷までバスで移動する途中「アフリカ音楽のレコードを集めているんだって?」と声をかけて来た。・・・誰がそんなこと話したんだ? それがきっかけで「ああ、アフリカには10回くらい行って、たくさんレコードを買ってきたよ」「ワオ! いつかアフリカに行くのが僕の夢なんだ。レコードをコピーしてくれない?」「今度ウチにおいでよ」などと会話が弾んだ。彼は日本のインダストリアル・ミュージックなどにも興味があってレコードを探していた。今度日本に来た時には一緒にレコ店巡りをしたいな。)


d0010432_19343754.jpg


d0010432_19344397.jpg


d0010432_21093243.jpg


d0010432_21100127.jpg



 アンコールは "Incendies" の1曲のみ。この夜一番驚かされたのは、クロ・ペルガグの代名詞とも言える曲 "La Fievre des Fleurs" を演らなかったことだった。もしかしたらそれを残念に思った人もいたのでは? どうしてなのだろう? でも、最後の最後にこの曲をクロ一人による弾き語りで披露する気がないのなら、しっとり切ない "Incendies" で日本公演の幕を閉じることで、確かにジーンと心に迫って来るものがあった。


d0010432_19352649.jpg


 今回の日本公演の構成は、多分、昨年ナントで観たライブからさほど変化はなかったように思う。勿論、毎度爆笑を誘うクロの MC がなかったという差はあったが。SECURITE と書かれたバンド・メンバーのステージ衣装も基本的に一緒だったし。セカンド・アルバムのリリース後もライブを重ねて、現在はその流れが固まっている段階なのだろう。オフタイムも含めて、チームワークもとても良かった。

 富山県南砺でも東京渋谷でも、クロたちは、珠玉のメロディーを相次いで紡ぎだし、ストリングス3本を含むバンドによって美しい調べを奏で、そして繊細な囁きから爆発するインプロビゼーションまで幅の広いサウンドで私たちを楽しませてくれた。クロ・ペルガグは、詩や瞳からは一人の大人としての意識の強さと深い洞察を感じさせる一方で、少女のような笑顔や小悪魔的な仕草でも楽しませてくれた。

 しかし1時間程度では短すぎる。クロ・ペルガグは何度聴いても新鮮に響くので、全然聴き足りないな。できるだけ早く再来日を、それも単独公演の形で実現させて欲しい!


d0010432_19351768.jpg



♪♪♪


 私の写真はやや遠方からワイドレンズで撮ったのをトリミングしたものばかり。あまり良い写真がなく、同一方向からのためアングルも単調。そこで、音楽評論家の松山晋也さんとスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド実行委員長の橋本正俊さんにお願いして、公演の雰囲気がたっぷり伝わって来るナイスなショットを提供していただきました。どうもありがとうございます !!!


d0010432_19353818.jpg
(C) Matsuyama Shinya


d0010432_19354202.jpg
(C) Matsuyama Shinya


d0010432_20091857.jpg
(c) Hashimoto Masatoshi




♪♪♪


d0010432_16115826.jpg
(日付間違いは気にせずに、、、。)



(続く)







[PR]
by desertjazz | 2017-09-04 17:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30