カテゴリ:音 - Africa( 229 )

Youssou N'Dour "Africa Rekk"


 Youssou N'Dour が今年放った最高の曲は、セネガル盤EP "Senegal Rekk" 収録の "Begg Na Leen"。

 しかし、これのオフィシャル PV は "Senegal Rekk" で、先月のパリ公演のトラックリストでも "Senegal Rek" 表記。そして、なぜかインターナショナル盤 "Africa Rekk" には未収録。ややこしい。

 この曲、パリのライブではスタジオ録音より数倍凄まじかった。何度でも観てしまい、その度に興奮させられる。


(ユッスーのライブについても書きたいことが多過ぎて、全然まとめられない。)







[PR]
by desertjazz | 2016-12-28 01:30 | 音 - Africa


d0010432_18523240.jpg


 バーバ・マール Baaba Maal の新作 "The Traveller" がなかなかの力作だ。ロックでブルージーでポエティックでダンサブル。ここ数日聴き狂っている。

 「新作」とは言っても、今年1月15日にとっくリリース済みのアルバム。「年明けに新作を出す」と昨年アナウンスがあったことをすっかり忘れていた。それを先月の旅の終盤、ナントのフナック fnac で目にして買ったのだった。

 Johan Hugo(誰だ?)と供に、ロンドン(Abbey Road Studios 含む)とダカールの様々なスタジオで録音し、入念に作り上げた作品。重低音を強調したダイナミックなサウンドが際立ち、ロックビートと柔らかなエレクトリック・サウンドと西アフリカ伝統楽器との交配振りが印象的だ。大名盤 "Djam Leelii" を思い起こさせるアコースティック・ギターを中心とする静謐な調べは切々と心を打つ。若い頃の刺々しさがなくなり包容力豊かに聴こえるバーバ・マールの歌声もとてもいい。

 そうしたエッセンスが詰まった1曲目 "Fulani Rock" がまずカッコいい。バーバ・マール自身によるデザート・ブルース調なエレキギターとドライブするリズム。正にフラニ・ロックだ! 前半3曲はパワフルなロック調ナンバーが続き、のっけから圧倒される。

 中盤3曲は、旅人でありノマドである(自身が属する)フラニ人を見つめ、旅人であった漁師一家の出自を振り返るようなテーマが続く。穏やかに始まり幾分地味なトラックで中休みかと思いきや、途中からは躍動感溢れるポップなダンス・チューンへと展開。タイトル曲 "The Traveller" の高揚感が最高だ!

 終盤3曲は力強い「ポエム」。最後の2曲 "War" と "Peace" は、ペル Peul の笛(ペル=フラニ=フルベ=プール)とコラ Kora をバックに、コラボレイター Lemn Sissay(誰だ?)の入魂のライム/ラップがフローする(バーバ・マール、歌では脇に回る)。

 ユッスー・ンドゥールといい、ダーラJといい、セネガルのミュージシャンたちは(他の多くのアフリカのアーティストもそうだが)歌にメッセージを込める。バーバ・マールは近年欧州のメディアに出演して様々なメッセージを発してきた。今回 "War" と "Peace" の2曲は、それらの対称的なテーマの取り上げ方もさることながら、両者の歌詞を自身のウェブサイトに掲載している。そんなところにもより良い世界を追い求める彼の姿勢と発信者たるアーティストとしての矜持を感じる。



(バーバ・マール、これが最新作かと思いきや、8月にも新作を発表していた。早速今聴いているところ…。)







[PR]
by desertjazz | 2016-12-12 19:00 | 音 - Africa

Youssou N'Dour a Paris

d0010432_08281268.jpg






[PR]
by desertjazz | 2016-11-23 08:29 | 音 - Africa

Introduction to Sona Jobarteh


d0010432_23094917.jpg


 今年巡り会ったミュージシャンの中で特に気に入っているひとりは、ガンビアの若手コラ奏者/シンガーの Sona Jobarteh(日本語標記すると「ソナ・ジョバルテ」になるのだろうか?)。

 まずは最新シングル "Gambia" の PV をご覧あれ。


+ Sona Jobarteh - GAMBIA (Official Video)


 この曲は、西アフリカ/マンディングの伝統音楽とモダンなポップミュージックとの良質なブレンドだと思う。ほのかに切なく、それでいて心地よいメロディー。なにより、ソナ姫の清々しい歌声と
笑顔に魅入られてしまった。自分にとっては、現時点でこれが今年のベスト・ビデオだ!



 ソナ・ジョバテは、西アフリカの伝統的弦楽器コラを演奏する5大一族のひとつの家系に属するのだそう。ただし生まれはロンドン(1983年)であり、冒頭で「ガンビアの」と書いたが、そのガンビアでの実生活はあまり長くないのかも知れない。と言うのも、顔や肌の色を見る限り白人の血も混じっていそうだから(実際、ロンドンの学校を出てもいる)。しかし文献をあちこち探しても、そのような記述は見つからず、この推測が正しいかどうかは分からない。

 彼女の一族はマリからガンビアに移住してきた歴史をもち、祖父はコラ奏者の大家 Amadu Bansang Jobarteh とのこと。驚いたことに、現代最高峰のコラ奏者トゥマニ・ジャバテ Toumani Diabate は彼女のいとこだという。3歳の時に兄 Tunde Jegede からコラの奏法を習い、若干4歳にしてステージに立つ。その後は父 Sanjally Jobarteh からも教えを請い、ロンドンで過ごした学生時代はどうやらクラシック方面の勉強もしていたようだ。コラ、ギター以外にチェロも演奏するという。

 彼女が注目されている大きな理由は、女性にも関わらずコラを演奏するから。コラの演奏法は、限られた一族の間で、父から息子へと代々受け継がれてきた。その長い歴史の中に初めて登場した女性がソナ。コラを演奏する主要一族で初のプロのコラ奏者なのだそうだ。



 ソナは最近出てきた新人なのかと思っていたのだが、調べて見るとすでに様々な活動を重ねていることは分かった。意外と経験豊富(その辺りの詳細については改めて紹介してみたい)。例えば、カサンドラ・ウイルソン Cassandra Wilson、デイモン・アルバーン Damon Albarn、ウム・サンガレ Oumou Sangaré などとも仕事をしている。ロンドンのオーケストラと共演したり、ポーランドの音楽祭に招聘されて中心的役割を果たしたり、ガンビア政府の後援を受けてワークショップを開いたり。映画のサントラを書き、CDにもなっている(未聴)。

 自身の作品としては、2011年にはソロ・アルバム "Fasiya" をリリースしている。収録トラックを聴くと、基本はマンディング系の節回しながらも、そこに他の様々なエッセンスが混ぜ込まれているのが感じられる。軽やかなポップに仕上がった、なかななの好盤だ。


(余談になるが、この CD は El Sur Records の原田店主が資料用に取り寄せて未開封だったのを「略奪」したもの。日本でも彼女に注目している人は私以外にもいるということです。Thanks to El Sur Records。)


 彼女のサウンド、これがライブになると一段とグルーヴが増してくる様子。YouTube であれこれ視聴して、こんなライブを直に観たいなと思ったら、昨年は、マレーシアのボルネオ島(サワラク)で毎年開催されている Rainforest World Music Festival に出演していた。このフェスも毎年チェックしていたのに、、、。情報収集がまだまだ甘いね。

 現在、新曲 "Gambia" を含めたニューアルバムを準備中とのこと。アルバム "Fasiya" ではまだ突き抜けたところに欠ける印象もあるが、"Gambia" 1曲聴いただけでもその後一気に成長した姿が感じられる。なので、これはとても楽しみな新作だ!

 ソナ・ジョバルテを聴いていると、大いなる可能性を感じる。来月11月にはイギリスで2公演予定されていて、恐らくニューアルバムからの曲もたっぷり演奏されることだろう。それをきっかけにブレイクする予感も。実際最近 Songlines 誌でも彼女が紹介されたようだ。

 コラの演奏も歌声もとても気持ちいいので、きっとライブも楽しいことだろう。新作のリリースに合わせて、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドあたりが呼んでくれないかなぁ?


d0010432_23054275.jpg




(9/22 記 / 10/17 加筆 / 11/1 修正)








[PR]
by desertjazz | 2016-10-17 23:33 | 音 - Africa


 Youssou N'Dour の新作 "Africa Rekk" はソニー系列の Jive Epic から 11/4 にリリース。コンセプトは、アフリカの様々な文化を横断し、アフリカの現代と伝統を行き来する旅。新作リリースに合わせて 11月15日からフランス/世界ツアーが始まる。日本にも来ないかなぁ〜?


d0010432_08133629.jpg
d0010432_08135082.jpg







[PR]
by desertjazz | 2016-10-12 23:56 | 音 - Africa

Issa Bagayogo R.I.P.


 マリの Issa Bagayogo が、昨日、故郷の Wassoulou で亡くなったとのことです。大好きだったのでショック。

 彼について教えてくれたのも El Sur Records でした。深夜に原田店主から、Cobalt からの最初のアルバム "Sya" を紹介され、冒頭の雷鳴に続くミニマルですっとぼけたような音にしばし絶句。しかしこれが聴くごとにクセになっていったのでした。

 2003年にアングレームの Le Festival Musiques Métisses に行ったのは彼の出演も予定されていたから(しかしそれはキャンセルとなり、結局イッサのライブは一度も観ることができず仕舞いになってしまった。同様にお目当てだった Orchestra Baobab も本番前に照明が崩れてキャンセル。あれこれ散々な目にも遭ったけれど、Zebda、Dupain、Tiken Jah Fakley、Rail Band、Bembeya Jazz などを一度に観られて最高のフェスでした)。

 Cobalt を離れて six degrees からCDが出るようになって以降は、日本を含めて世界的に知られるようになっただけに、とても残念です。

 Issa Bagayogo (1961 - 2016) R.I.P.


(追記)

 長らく病気だったのですね。


[PR]
by desertjazz | 2016-10-11 23:53 | 音 - Africa

d0010432_17485951.jpg


 先日のこと、ピグミーについて調べていて、ルイス・サルノ Louis Sarno の本 "Song From The Forest" がリプリントされているのに気がついた。どうして今ごろ?と思いつつさらに調べてみたところ、同タイトルの映画が 2013年に制作され、その後世界各地で話題になっていることが分かった。それを受けての再出版と思われ、映画の DVD とサントラ CD も発売にされている。

 ルイス・サルノは 1954年アメリカ、ニュー・ジャージー生まれの白人。80年代のある日、ラジオで偶然聞いたピグミーのコーラスに心を奪われ、コリン・ターンブル(参照)に連絡し協力を仰ぎなどしながら、85年に中央アフリカ、バヤカ・ピグミーの森を訪れる。やがてピグミーたちから家族として迎え入れられ、そこでの定住を続ける。

 "Song From The Forest" はルイスがピグミー音楽への愛情とピグミーの森での暮らしについて綴り、1993年に出版した本。95年には "Bayaka: The Extraordinary Music of the Babenzélé Pygmies" という CD 付きのブックレットも ellipsis arts… から出しているが、本の内容も添付 CD で聴ける音楽もとてもいい。同じ ellipsis art… からの CD ブック "Echoes of the Forest" (1995) でも彼の録音が聴ける。

 映画 "Song From The Forest" はルイス・サルノを主人公にしたドキュメンタリー作品。森で暮らすうちにルイスはピグミー女性との間に子を授かったのだが、その Samedi Mathurin Bokombe 君(土曜日に生まれたから「土曜日」君、撮影時13歳)との関係や、彼をニューヨークに連れて行くことが話の軸となっている。

 映画はバヤカの森の紹介から始まるのだが、自分がピグミーの音楽の素晴らしさを知っているだけに、彼らの歌い奏でる姿をもっと見たくなる。それでも、ポリタンクや金属鍋のふたを叩いてリズムを産み出すなど、ピグミーの音楽も更新を続けている様子が伝わってくる。

 この映画、父子の関係の描き方がいいな。シャツの中で抱き合うところ、フルートの吹き方を教え/教わるところ、ニューヨークで口論になるところ(ピグミーであることを忘れてしまい、小柄なので6歳児くらいに見えるのだけれど、意外とサムディ君の方が大人びていたり)。詳しいことは映画を観てください。

 気に入っているシーンのひとつはニューヨークの景色に森の音をつけたところ。どこかでやるんじゃないかと思いつつ観ていたら、やっぱり…。コンクリート・ビルディングが林立する都会から森を連想する人は多いだろう。「コンクリート・ジャングル」なんて言い方もあるくらいだから。アフリカの森と現代都市の森。ふたつの巨大な森の中で営まれる全く違った2つの生き方。同じ人間でありながら、それぞれは何と異なる世界なのだろう。そのことからも、いろいろ考えさせられる映画である。

(この映画にはジム・ジャームッシュ!も登場する。ルイスとジムがかつてルームメイトだったなんて初めて知った。ビックリ!)

 サントラ盤の収録トラックをチェックしてみると、既発録音はなさそうだったので買ってみた。ピグミーのレコードは全て集めているので…。

 まず最初の3トラックが素晴らしい! (1) "Yeyi-Greeting" は超絶的に美しいヨーデル。聴く度に涙が溢れそうになる。(2) "Women Sing in the Forest" は現実世界から離れたかのような響きに満ちたコーラス。(3) "Tree Drumming" はトランシーな重低音ビートが圧巻で、人間技とは思えないほど。恐らく巨大木の盤根を叩いているのだろう。

 以降も珠玉の録音が並ぶ。ルイス・サルノはピグミーの森で1000時間を超える録音を行ってきたという。この CD にはそれらの中からベストなものを選んでいることだろう。聴いていると、眼の前に音の桃源郷が広がっていく。このところ毎日夜遅く、この CD ばかり聴いている。今年のベスト・アルバムはもうこれで確定です。

 例えば、ハンティングの歌のダイナミックなサウンドだとか、静寂の後に間をとってから突然切り込む Water Drumming だとか、Earth Bow の太い音色の録音だとか、音作りの面白さも。制作者たち、そのあたりも分かっている!

(バヤカ・ピグミーの音楽をじっくり聴いて改めて驚かされたのは、その「正確さ」。リズムもピッチもハーモニーも全く乱れることがないし、弦楽器やフルートを演奏する際の運指も全く狂わない。散々言われていることだけれど、確かにクラシック音楽にも匹敵するレベルだ。それでいて、聴いているとそんなことは一切忘れて至福へと導いてくれる。)

 映画を観ていてちょっと残念だったのは、ルイスに元気がないこと(それと、見た目もずいぶん老いた印象だなぁ)。D型肝炎にかかっているそうで、その影響もある様子だった。経済的にもうまく行っていないらしい。カメルーンの学校に寄付する一方で、CD は全く売れなくなり(そもそも近頃は CD 作っていなかったのでは?)、観光客が来なくなってガイドによる収入もなくなったと語る。この CD からの収入の大半は The Bayaka Support Project なるところに寄付されるそうだ。ルイスとバヤカのピグミーを支援するためにも CD を買ってください。




関連リンク

http://songfromtheforest.com
http://www.facebook.com/songfromtheforest
http://www.facebook.com/louis.sarno.5?fref=ts
http://www.imdb.com/title/tt3003858/
http://motherboard.vice.com/read/louis-sarno-spent-30-years-in-the-rainforest-preserving-the-music-of-the-bayaka
http://www1.wdr.de/fernsehen/wdr-dok/sendungen/song-from-the-forest-100~.html

d0010432_1828565.jpg

d0010432_1828123.jpg

(写真は上記リンクからの引用。)




 白状してしまうと、ピグミーについて調べ続けているのは、今年か来年にでもピグミーの森に行こうと思っているから。不思議なもので、学生時代には海外旅行などには全く興味がなかったのに、気がついてみたら行きたいところにはほぼ行き尽くしてしまっていた。会いたいと思っていた人には皆会えたし、欲がないからなのか貧しい育ちだからなのか、特別欲しいものももうない。自分はあと何をしたいのかとさんざん考えた末の答えが、ピグミーの森に行くこと。だけれど、ひとつくらい夢を実現させずに残しておかないと、これから先、生きていく理由がなくなってしまうんじゃないか、、、なんて考えも頭の片隅で疼いている。






[PR]
by desertjazz | 2016-07-25 17:00 | 音 - Africa

d0010432_19302212.jpg


 Akoya Afrobeat の新作 "Under The Tree" が本日正式リリース。2007年に発表した "P.D.P." 以来なので実に9年ぶり。早速 Wav version と MP3 をダウンロードして CD-R に焼き、大音量で聴いている。

 本作はスタジオライブ形式で一発録りした長尺2曲を収録。アナログ12インチと DL だけでのリリースで、CD盤はなしとのこと。ヴァイナル両面1トラックずつというのは、フェラのアルバムを意識してのことか?(CDが売れないという現実もあるのだろう)ジャケのデザインも "P.D.P." に引き続いて、今回もフェラ・クティのアートワークの多くを手がけた Lemi が担当している。

 肝心のサウンドもフェラのアフロビート直系と言え、そこに NYC ベースのバンドらしい都会性も感じる。

 "Jena Tree" は20分近いナンバー。フェラの曲から選べば、例えば "Go Slow" あたりを連想させる。しかし雰囲気はぐっとクール。

 "Taking It Back" は、切れよく柔らかなホーンズに導かれ、女声がとにかく印象的。ジャジーでブルージーな曲だ。それにしても、エンディングの女声コーラスがまるでジャガタラだなぁ。

 レコーディングから約1年半を費やしてミックス/マスタリングを重ねた待望の作品。その間、何度か完成前/途中経過の音を聴かせてもらった。当初感じたバランスの悪さは消えたが、その分他に気になる部分も浮かんできたような。一発録りで覚悟して臨んだ結果をどこまで詰め込めるかという点では成功していると評価したい(新鮮味が幾分薄れたようにも感じたが、もう何十回も聴いているからね)。

 大好きなバンドが素晴らしい新作を完成させてくれただけで嬉しい。ヴァイナル盤で聴くのも今から楽しみです!



(続く)






[PR]
by desertjazz | 2016-05-27 19:00 | 音 - Africa

d0010432_21462458.png


 3/10 にユッスー・ンドゥールの新作がリリースされたようです。 "Serin Fallu"、"Doylou"、"Song Daan" がネットで試聴できます。(相変らず日々忙殺されていて、ブログが書けません。)






[PR]
by desertjazz | 2016-05-11 21:00 | 音 - Africa

New Discs : Youssou N'Dour

d0010432_2250626.jpg

☆フランス収穫盤(2): ユッスー・ンドゥールの近作のまとめ。

・Youssou N'Dour et le Super Etoile de Dakar "Fatteliku - Live in Athens 1987"
・Youssou N'Dour et le Super Etoile "Le Grand Bal Bercy 2013"
・Youssou N'Dour "Album Inédit - Fatteliku"
・V.A. "Fattaliku 2015"



 "Fatteliku - Live in Athens 1987" は先月 Realworld からリリースされたアルバム。1987年にピーター・ゲイブリエルのツアーに帯同した時のライブ録音で、"Immigres"、"Kocc Barma"、"Nelson Mandela"、"Ndobine"、"Sama Dom / My Daughter"、それにピーターとの "In Your Eyes" の6トラックという最強の選曲。歌もバンドの演奏も申し分ない。"Nelson Mandela" 後半の弾むようなコーラスを聴いていると、彼らがスイングする様が眼に浮かんで気分が沸き立つ。オーディエンスも大盛り上がり。やはりこの前後5年間くらい(1986〜90年頃)がユッスーのピークだったのだろう。自分にとってはいまだに 1999年にダカールのチョサンで観たライブを超えるものはないのだが、それでもこの時期のライブを実体験してみたかった。

 ユッスーのリーダー作は全て集めている。シングルやビデオまで含めると 100タイトルはとっくに超えたはず(さすがにセネガル版のビデオやゲスト参加作まで手を伸ばすと切りがないのでもうヤメているが)。しかし、昨年リリースされた "Grand Bal 2013" 3枚組がどうしても手に入れられなかった。それをようやくパリはシャトールージュのセネガル音楽専門店 Lampe Fall で入手できた(どうやらこの CD は Lapme Fall の制作らしい)。しかし、1枚目だけはすでに品切れ。残念。(ダカールに行くでもしないともう見つからない?)Grand Bal は毎年ビデオ/DVDも制作されてきたが、店主に確認すると 2013年版のビデオ作品は作られなかったそう(まあ当日のライブ映像はネットでフルで観られるから必要ないだろう)。

 ちなみに収録曲は以下の通り。

(CD 1)1. PAPA NDIAYE 2. AMITIE 3. SAMA GAMOU 4. MOLE (Thiéboudiene Penda Mbaye) 5. SMSL 6. LANG 7. GANDIOL 8. NDAKAROU 9. NANETTE ADA
(CD 2)1. MBA 2. BAMBA 3. BAYKAT 4. SET 5. NEW AFRICA 6. WAREEF 7. 7 SECONDS 8. REDEMPTION SONG 9. AY THIONOLA 10. TEYE YO
(CD 3)1. DIAR DIAR 2. BEUGUE DOU BAGNE 3. XALEBI 4. LETMA 5. SALAGNE SALAGNE 6. YOU AK MBAYE 7. LIMAWESOU 8. NAMONALENE

 全27曲、トータル3時間超、クレジットされているアーティストはゲスト含めて約40名(Viviane、Ndeye Gueye、Carlou D、Aida Smab、Sekouba Bambino、Ayo といった名前も)。セネガル移民たちのためのお祭り Grand Bal はやっぱりこうでなくっちゃ! 実は 87年のライブ以上に、超豪勢なこちらの方に惹かれているのだった。

(ユッスーの Grand Bal は過去に一度だけ 2000年11月19日にニューヨークで行われたものを観たことがある。その時の旅手帳を開くと、21:00 開場/DJ、22:30 1st Set、23:40 2nd Set、24:40 3rd Set、26:00 終了とメモしてある。このときも3時間半のセット。実に70〜80年代のブルース・スプリングスティーン並みだ。)

 今年の春に同じ Lampe Fall で買った "Fatteliku" も聴き直してみたら、素晴らしくてビックリ。未発表曲集とあるが、民族楽器を重用したアコースティック・サウンドは、まるで "Nothing's in Vain" のアウトテイク集のような雰囲気。ユッスーの歌も、切々として滋味深かく、軽やかで伸びやかで、心に染み渡ってくる。正にユッスーの真骨頂ってな感じ。中でも冒頭の "Kontaan Naa Xaleyi" がいいな。スタジオ録音としては、これが彼の最新作になるのだろうか(2013年作)。この EP はまだ入手可能だが、すでに Facebook と Twitter に書いた通り全4曲とも YouTube にアップされている。

 もう1枚の "Fattaliku 2015" はセネガルの若手4人を紹介するミニアルバム。ユッスーの制作で彼自身曲も提供しているが、録音には参加していない模様(演奏は Super Etoile de Dakar のメンバーらによる)。

 ところで、Fatteliku (Fattaliku) ってどんな意味?








[PR]
by desertjazz | 2015-12-01 00:00 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31