カテゴリ:音 - Festivals( 91 )

SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2014

 6月に入りW杯が開幕直前だけれど、今月1日にスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドのチケットが発売開始となったのに続き、明日7日からはスキヤキ・トーキョーのチケット販売も始まる。今年もスキヤキの季節がいよいよ近づいてきた。

SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2014 (8/22 - 8/24)
SUKIYAKI TOKYO 2014 (8/26 - 8/28)

 今年のスキヤキ、例年以上に日本勢が充実している印象を受ける。でも個人的に興味があるのはやっぱりアフリカ組たち。中でも一番はコンゴのジュピテル(ジュピター)Jupiter & Okwess International! 昨年彼らがリリースしたアルバム "Hotel Univers" は、コンゴのリズムにアフロビートやカメルーンのマコッサをミックスしたような音楽スタイルが見事で、ストリートライフから生まれ出た逞しさが伝わってきて、そしてスタイリッシュでダンサブルなサウンドに圧倒される快作だった。そんなライブを日本で生で観られることになるなんてかなりのサプライズ。今でもちょっと信じられない。

d0010432_22174685.jpg

 3月スウェーデン旅行中にジュピテルとニアミスして、ライブを見逃したのは残念だった。でも彼らが来日することは年明けの時点で伝え聞いていたので、これはどうにか我慢できたんだったな。

Spiral Rhythm | Jupiter!

 この時、終演後にジュピテルが「今年の夏に日本に行くのを楽しみにしている」と語っていたそう。遥々やってくる彼らにとっても、迎える私たちにとっても、とても楽しみな初来日となりそうだ。

 もうひとり、南アからやってくるボンゲジウエ・マバンドラ Bongeziwe Mabandla の "Wandezanina" って曲がなかなかいい(収録アルバムは近日国内盤が出るそう)。彼を中心に、モザンビークから再来日するマチュメ・ザンゴ、今やスキヤキの顔となったサカキマンゴー、昨年に続く出演の廣瀬拓音らが加わったユニット、ボンゲジウエ&スキヤキ・フレンズも楽しみ。サカキマンゴーが参加する特別ユニットは毎回とても魅力的なサウンドを披露してくれるので、これも今年の目玉になるに違いない。

 ネット検索して、ボンゲジウエ・マバンドラの最新ライブ映像らしきものを見つけた。この中でボンゲジウエは「初の世界ツアーで、日本のフェスにも出るんだ」ってことを強調している。彼も日本に行くことを楽しみにしているみたいだ。

Bongeziwe Mabandla performs "Wandezanina" live on Express


 富山県南砺市福野で毎年夏に開催されるスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドには過去4年間に3回お邪魔した。このフェスは音楽面が充実しているのはもちろんだけれど、広い空を眺めながらビールを手にして音楽に身体を揺らしたり、浴衣を着た子供たちが夢中になって踊っているのを眺めたり、福野にお住まいのおじさんおばさんたちと雑談しながらライブを聴いたり、たまたますれ違ったアーティストたちと立ち話したり、住民主体の催しや無料ライブも組み込まれていたりと、市民参加型/市民密着型イベントとして成長し続けている点も大きな魅力だと思う。そうしたことが地元以外の人たちにまで伝わり、それがスキヤキ・トーキョーという果実を生み出し、さらには本家スキヤキにも行きたい/行こうという人たちが増え続けていることは、本当に素晴らしいと思う。

 スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドとスキヤキ・トーキョーは、昨年も皆勤賞を達成!今年も全部行けるだろうか? ジュピテルのインタビューも頼まれていることもあって、スキヤキには友人たちと行くことを相談中。でも今のところ行けるかどうかは五分五分といったところ。都合つけて行けるといいなぁー!






[PR]
by desertjazz | 2014-06-06 22:00 | 音 - Festivals

Sukiyaki Meets The World 2014

d0010432_1335787.jpg

 今年のスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド(8/22〜8/24)、本日12時に出演アーティストのラインナップが発表になった。さて、これから予習。やっぱり一番楽しみなのは Jupiter & Okwess International だな!

Sukiyaki Meets The World 2014


 そして今年も Sukiyaki Tokyo の開催が決定。8/26〜8/28 渋谷WWW にて3日間とのこと。






[PR]
by desertjazz | 2014-04-19 12:00 | 音 - Festivals

d0010432_2105467.jpg

 本日、北欧(スウェーデン、デンマーク、フィンランド)から帰国。テレビも電話もない環境の中でのんびりしてきた。

(本当はネットも通じなければ最高だったのだけれど、時おり緊急の連絡も入るので、完全にシャットアウトするまではできない。少しは滞在記をブログにも書こうかと思ったけれど、旅先では楽しむこと、ゆっくりすることが最優先。Twitter からも完全に脱していた。Facebookに時々写真をアップした程度。後日時間が取れたらブログにも滞在記を書いておきたいです。でも、ブログが一番後回しになってしまうんだなぁ。)

 北欧滞在中は音楽のことはほとんど忘れていた。北極圏での風の音が身体と心に響いてきて心地良かった。結局今回もレコードやCDは1枚も買わず。




 帰宅して郵便受けを開くとマルセイユからの小包が。中味は今年の Babel Med Music の資料で、オフィシャルブックレット(88ページもある!)とサンプラー 2CD。Babel は今年で10周年になる音楽見本市/音楽フェス(3/30-3/22 に開催)。その主催者が今年も関連資料一式を送ってきてくれたのだった。

 そのサンプラー "Babel Med Music 2014" の30曲を聴き終えた。やっぱり目玉はコンゴの Jupiter & Okwess International。早くライブが観たい! アゼルバイジャンの Fergana Qasimov も変わらず素晴らしいに違いない。

 マルセイユの男声5人ポリフォニー Lo Cor de la Plana とイタリアの女声4人の Assurd が合体した Ve Zou Via にも興味津々。Ruben Paz & Cheverefusion のアフロキューバン/サルサなんて生で聴いたら気持ちいいだろうな。ペルーの Dengue Dengue Dengue はバンド名だけでも気になる! やっぱり北欧からまっすぐマルセイユに飛びたかった(そんなに休めるはずないんだけれど…)。

 一番好みだったのはイラン(テヘラン生まれ)の Arash Khalatbari。1984年にパリに居を移し、今はインド洋のレユニオンで活動中とのこと。トラディショナルな要素も交えたエレクトロニカな音はここ数年間個人的に好んで聴いている。彼を聴いて思い出すのは同じレユニオンの Zong(何度もプッシュしたけれど、日本では全く話題にしてもらえなかった)。かの島には、こうした面白いエレクトロニカな音を滋養する素地があるのだろうか?

 彼のアルバムを探すと2枚出てきた。まずは最新作 "Isis Island (Arash Khalatbari Remix)" を iTunes で購入して聴いているところです(CD で手に入るのはファーストのみのよう。セカンドもレユニオンでは流通していると思うけれど)。






[PR]
by desertjazz | 2014-03-17 21:00 | 音 - Festivals

Babel Med Music 2014

 今年で第10回目になる Babel Med Music のプレスオフィスから今年も連絡が届いた。ショーケースに出演するアーティスト31組が決定した模様。そのラインナップにざっと目を通すと、個人的に興味を惹くのは、

・BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA (Mali)
・CHE SUDAKA (Argentina-Colombia-Barcelona)
・FARGANA QASIMOV ENSEMBLE (Azerbaidjan)
・JUPITER & OKWESS INTERNATIONAL (DR Congo)

といった辺り。父アリム・カシモフ抜きのフェルナーガの絶唱も久しぶりに生で聴きたいが、ジュピテルのステージはとても観たい。それより、全く未知のアーティストとの出会いこそ、こうした見本市をかねたフェスの大きな魅力だろうと思う。

 「今年も来るかい?」とメールに書いてきてくれているのだけれど、今年は(も?)行けそうにありません。残念!

 2014年3月20〜22日、フランス、マルセイユの Dock にて開催です。




 公式サイトにも発表されました。

Babel Med Music 2014


(追記 2014/01/23)





[PR]
by desertjazz | 2014-01-21 03:00 | 音 - Festivals

d0010432_20473615.jpg

 毎年ネット検索してもなぜか公式サイトもチケット情報も掴めないのが、Zebda のフロント2人 Mossu と Hakim らが中心になって運営しているらしいトゥールーズでのフェス Festival Origines Contrôlées。今年は第10回目らしく、11/27 にいよいよそのハイライトを迎えるようだ。

 当日のステージには El Gusto + Origines Contrôlées + Rachid Taha + ADF + Les Ocres de Barback らが登場予定、って豪華すぎない!? あー、観に行きたい!


FB | Festival Origines Contrôlées
LE FESTIVAL ORIGINES CONTRÔLÉES FÊTE SES 10 ANS À TOULOUSE






[PR]
by desertjazz | 2013-11-19 20:40 | 音 - Festivals

 マルセイユの 22th Fiesta des Suds は大盛況のうちに終了し、イギリスでの WOMEX 2013 も、Bugge Wesseltoft が出演した Oslo World Music Festival も盛り上がっているみたいだ。

 そして次は Festival Africa Fete 2013 が11〜12月にセネガルで開催される(って、もちろん行けるはずないのだけれど)。それと合わせて Festival Africa Fete 2014/2015 の案内が来た。2014年9月ベニン、2014年11月カメルーン、2015年6月フランスって、ずいぶん気が早い??

 来年の音楽フェス、Sukiyaki Meets The World(8/23〜8/25)はアーティストたちも宿泊する南砺市福野のホテルをすでに予約したし、ラ・シオタも訪ねながらマルセイユの Babel Med Music か Fiesta des Suds にも行きたい。そして、来年はスペインのガリシアで開催される WOMEX も気になっている。また皆で行けるといいなぁ。

d0010432_20561478.jpg






[PR]
by desertjazz | 2013-10-30 20:50 | 音 - Festivals

 昨年マルセイユで撮ったアンティバラスの写真の一部。12月に東京でもこんなステージが観られるのでしょう。

 あれからちょうど1年か…。

d0010432_23505454.jpg

d0010432_23514895.jpg

d0010432_2351558.jpg

d0010432_2352063.jpg

d0010432_2352662.jpg

d0010432_04265.jpg

d0010432_23521445.jpg

d0010432_043599.jpg

d0010432_23522279.jpg

d0010432_23524947.jpg

d0010432_2354118.jpg


 この時はホーンセクションが最高だった。とりわけサウンドチェックの時の響きがホントに気持ちよかった。これをフロアで独り占め状態で聴いたのは贅沢だったな。

 Jordan McLean (Tp, Bandleader ? ) のクネクネダンスがまた見たい! Ukan Danz と通じ合うもの(変態振り?)がある。

 ドラムの Miles Arntzen も良かった。この時まだ20歳。ステージ終わった後で少しだけ話したけれど、とても感じのいい若者だった。

 このステージはYoshiさん抜きだったのは残念だったなぁ。リーダー格の Martín Perna にインタビューした際、キーボードの Victor Axelrod は日系人(母親が日本人だったか?)だと教えてくれた。

 ヴォーカルの Amayo、頑張っているんだけれど、まだ物足りない。やっぱり少し喉が弱いんだよな。メイクアップ、スピーチ、パフォーマンス含めて、フェラ・クティを意識し過ぎているとも思う。






[PR]
by desertjazz | 2013-10-27 22:03 | 音 - Festivals

 今年の7月13日に南仏アルルで行われた Moussu T e lei Jovents と Lo Cor de la Plana との合体ライブ。この夏をマルセイユで過ごしていた友人が観て来たと聞いて、とても羨ましく思っていた。そのライブがなんと 58分フルにネットにアップされた。しかも地元テレビ局によるマルチカメラ/プロショット! 思わず繰り返し観入ってしまっている。


Sur Un Air de Trenet : Moussu T e lei Jovents & Lo Cor de la Plana


 以下、雑感。

・Moussu T が主導するステージに時折 Lo Cor de la Plana が加わるといった進行。
・Moussu T たちは普段のレパートリーとは違った「シャンソン」を聞かせる。
・Tatou は魅力あるな。眼が澄んでいて、キレイ。
・やっぱりマルセイユ最高の声の持ち主は Manu Théron かも(歯はどうしたの?)
・ユーモラスさに先の日本公演を思い出す。"A La Ciotat" の導入部で、Tatou からの「もっと盛大なイントロを!」というリクエストに応じて大仰なフラメンコを演奏したのには毎度大笑いしたな。
・Manu は相変わらず音叉を持ち歩いている。台湾公演では1曲ごとに音叉で音程を確かめてから歌い始めていた。
・Lo Cor de la Plana、マルセイユで会った時には6人組だったが、台湾では5人。それがとうとう4人に減ってしまった(メンバーの脱退理由はそれぞれ病気によるものだった?と聞いている)。とても残念。

・36:50 あたりで Manue さんがスウィングしているのはご愛嬌。


 これは保存版だなぁ。どうやったら、それができるのだろう?






[PR]
by desertjazz | 2013-10-11 21:30 | 音 - Festivals

If you want autographs ...

d0010432_994930.jpg

 音楽フェスやコンサートに行くときには、油性ペンを持ち歩くようにしている。それも、黒と銀の2本。これはミュージシャンたちからサインをもらうための準備。もし CD のジャケットが明るい色ならば黒ペンで、暗ければ銀ペンでお願いする。

 スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでは、会場でお会いしたオリヴァー・ムトゥクジさんにサインをいただいた。セカンド LP には銀ペンで、最新作 CD には黒ペンで。

 振り返ってみたら、今年サインをもらったのは彼以外は思い浮かばない。スキヤキでもたくさんのアーティストたちと言葉を交わしたのに、ムトゥクジさんの他には誰からもサインをもらわなかった(それでもサインを求める人を見つけるごとに、ペンをお貸しできたので、持ち歩いていたことは結果として都合が良かった)。

 レコードなどの物へのこだわりが年々薄れて行くのに伴って、どうもサインをもらうとう行為が億劫になってしまっているようである。それと同時に、良い音楽を生で聴いて、ミュージシャンたちと一緒に飲んで、彼らと雑談を楽しんでいると、もうそれだけで十分満足してしまう。サインをもらうというファン心理からほんの数ミリ先に進んだことで、もうサインを欲しいと思わなくなっているようにも思う。

 逆の言い方をすると、オリヴァー・ムトゥクジさんは、これからもずっと天上人/憧れの存在であり続けるように感じたからこそ、サインをいただく気持ちになったのだと思う。




 ムトゥクジさんは質問を投げかけられない限りは、自ら口を開くことのない寡黙な人。初めて会った彼に対してそんな印象を受けた。

 それが、スキヤキの会場で紹介する機会があるかと思って私が持って行った彼のレコードの中にあったセカンド LP "Chokwadi Chichabuda" を目にした瞬間、彼が突然話しかけてきた。「こんなレコード、どうして持っているんだい?」「このジャケットのスキャンが欲しい。私のメールアドレスはこれ(と言ってメモ書きする)。ここに送ってくれるかい?」驚いて「持っていないんですか?」と訊ねると、あるけれどすでにボロボロになってしまっているそう。ジンバブウェでも、こんなにピカピカのミント盤など既に存在しないのかも知れない。なので、彼はよっぽどこれのコピーが欲しかったんだろうな。思わず LP ジャケットをそのまま「差し上げます」と言いそうになってしまったのでした。






[PR]
by desertjazz | 2013-10-10 10:00 | 音 - Festivals

d0010432_22155023.jpg

 ムッスーTたちは母国へ帰っていってしまったけれど、その後も彼らとは主に Facebook を通じたやりとりが続いている。今日は Tatou と Blu の家族たちが日本土産の酒や食べ物などをテーブルに並べて帰国パーティーを開いている様子を写真で伝えてきた。日本酒は日本のファンからのプレゼントだし、よくみると渋谷で手に入れたホッピーも置かれている。私は前回マルセイユで彼らに会ったとき日本手ぬぐいの他に日本酒なども贈ったので、今回は別のものをとひと思案。北海道経由で大阪入りしたので、北の珍味がいいかと思って、乾干しコマイ、鮭トバ、干しカレイなどの珍味をひと山プレゼントしてみた。どうやらそれらも味わってくれたようだ。



d0010432_22155358.jpg
 Ukan Danz (Sukiyaki Meets the World 2013/08/24)

 スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド/スキヤキ・トーキョーも、音楽を楽しむばかりでなく、来日したミュージシャンたちと直に触れ合うことが可能な特別なフェスだ。今年はユーカンダンツのメンバーたちから彼らのレコード狂い振りを再三聞かされたし、いろいろな音楽関係者と乾杯しながらメディアに載らないような話まで伺うことができた(そういえば、ムッスーTのライトエンジニアのチチさんとは無料パスティスで何度も乾杯して盛り上がったなぁ)。気がつけば海外からやって来た彼らの方から声をかけてくれるようになった。音楽を好む同士は感じ合い分かり合えるということなのだろう。おかげでずいぶんと毎日賑やかに過ごせた。

d0010432_22561081.jpg
 Mariana Baraj (Sukiyaki Meets the World 2013/08/24)

 遠い存在だったはずのミュージシャンたちと(短い時間ながらも)こうして自然に交流し合えるのは、ひとりの音楽ファンとしてとても嬉しいこと。日本でも海外でも、会った相手の音楽が好きだし理解しようとしていることさえ伝われば、その気持ちを受け入れてくれる音楽関係者は多かったし、そうしたアプローチは誰にとっても特別難しいことではないと思う。(でも、さすがにムッスーT一派ほど寛容に受け入れてくれる人たちは特別かな?)






[PR]
by desertjazz | 2013-10-09 22:00 | 音 - Festivals

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31