カテゴリ:旅 - Japan( 53 )

d0010432_23123321.jpg


 気まぐれに元旦から読み始めたトルストイ『戦争と平和』(新潮文庫版全4巻)約3000ページを読了。登場人物の名前が覚えられず(全巻通して描かれるのは559人!だとか)冒頭の50ページは読み直し。文章の密度に圧倒されながらも、2巻目を終えても「ダメ人間ばかりじゃないか?」と思いながら我慢して読み進めて行ったら、3巻目、4巻目はもうグイグイ来た。特に惹かれたのはプラトン・カタラーエフの話。泣ける! ただし、エピローグの後半は不要だと思う。理論を語るとくどいし稚拙だし、トルストイってまともな恋愛経験がないんじゃないか?なんてことも感じたのだけれど、そのあたりは19世紀の作品だってことを勘案しなくてはいけないんだろうな。

 正直なところ、現代人が読んでそれほど面白いと思える小説ではないかも知れない。しかしこの作品は一度読んでおきたかった。そして何より長大小説の醍醐味をたっぷり味わった。実際中盤から読書中毒が嵩じて、連日朝5時起きで読書。読む時間が潤沢にあるワケでもないので、横断歩道の信号待ちの間もエスカレーターに乗っている間も数行稼ぐ読み方だった。おかげで次第に加速がついて、とうとう4週間で読み切った。(第1巻:1/1〜1/10、第2巻:1/10〜1/17、第3巻:1/17〜1/23、第4巻:1/23〜1/28)やっぱり自分は長い小説が好きなんだなぁ。

 そこで、これまでに読んだ大長編の中で特に面白かった作品を選んでみよう(2分冊以上の長大なものに限定)。

・マルセル・プルースト『失われた時を求めて』(集英社文庫全13巻)
・プラムディア・アナンタ・トゥール『人間の大地』シリーズ(めこん、『すべての民族の子』『足跡』『ガラスの家』を含めて全6冊)
・ドストエフスキー『罪と罰』(新潮文庫全2冊)
・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(新潮文庫全3冊)
・トマス・ピンチョン『メイソン&ディクソン』(新潮社全集2巻)
・トマス・ピンチョン『V.』(新潮社全集2巻)
・パール・バック『大地』(新潮文庫全4冊)
・ロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』(岩波文庫全4冊)
・グレゴリー・デイヴィッド ロバーツ『シャンタラム』(新潮文庫全3冊)
・スティーグ・ラーソン『ミレニアム』(早川文庫全6冊)

 1冊ものでは、ガルシア・マルケス『百年の孤独』もカズオ・イシグロ『充たされざる者』も最高だったし、ロベルト・ボラーニョ『2666』や石牟礼道子『苦界浄土』も強烈な印象を残した。村上春樹の長編は全て(繰り返し)読んだし、スタンダール『赤と黒』、メルヴィル『白鯨』、トーマス・マン『魔の山』なども読み終えた。古典では『マハバーラタ』も読了。(いや『ラーマナヤ』だったか? 対して、紫式部『源氏物語』はさっぱり進まずほぼ挫折?)

 こうして振り返ってみると、読みたいと思っていた長大な小説はほぼ読み終えているようだ。さて次は何を読もうか? ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』やトルストイ『アンナ・カレーニナ』には興味が湧かない。ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』は訳文が良くないと聞いて見送り中。今心待ちにしているのは、カール・オーヴェ・クナウスゴール『我が闘争』シリーズの残り5巻。全6巻中の、1冊目『父の死』に続く2冊目がどうやら年内に出るようだ。

 それまでの間、フローベル『ボヴァリー夫人』でも読んでみようかな?


(何かお薦めはあるでしょうか?)


(追記)

 反対に、面白いと思わなかった長編の筆頭は『坂の上の雲』(全8冊)。4冊目まではまだ良かったのだけれど、後半5冊目以降は感じるところが全然なかった。なので読後すぐに処分。長年基本的に本は捨てない主義だったのだけれど、これは数少ない例外(もう1冊、読み終えて速攻で捨てたのは『永遠のゼロ』。あまりに詰まらなくて呆れた。。。)






[PR]
by desertjazz | 2017-01-28 23:00 | 旅 - Japan

山ごもり

d0010432_1918080.jpg

 およそ2週間、標高3000m近い山荘にて山ごもり。

d0010432_1918310.jpg

d0010432_1918455.jpg

d0010432_1918742.jpg

d0010432_19181286.jpg

 かなり過酷な滞在になったけれど、やっぱり山はいいな。昔から海よりも山の方が好きなのに、最近は西表島と屋久島とノルウェイーのフィヨルドでトレッキングしたくらい。もっと山歩きしたいな。






[PR]
by desertjazz | 2015-07-29 23:00 | 旅 - Japan

ネット離脱

 パッキング終了。明日からしばらく、テレビも新聞も電話もネットも電気も風呂もないところに行ってきます。

(帰ってきたとき日本はどうなっているのだろう?)






[PR]
by desertjazz | 2015-07-17 00:00 | 旅 - Japan

屋久島 2014

d0010432_2005168.jpg

d0010432_200485.jpg

d0010432_2004226.jpg


 4泊5日で屋久島トレッキング(10/14〜10/18)。森に包まれながら山道を40〜50km。心が軽くなっていって、身体もこうした環境の中でこそ喜ぶ。ひたすら気持ち良かった。


d0010432_2004613.jpg


(今年のスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドのことも、イダン・ライヒェル来日公演のことも、先月の屋久島トレッキングのことも書く時間が取れない…。その代わりに最近の FB からいくつか転載してみた。)






[PR]
by desertjazz | 2014-11-03 20:00 | 旅 - Japan

等々力渓谷散策

 ここ最近は本やレコードやカセットなど「もの」についての話が続いた。そろそろ「もの」から離れて自然の音を浴びたい気分になっている。

 秋らしく晴れ渡った今日は朝から等々力渓谷まで散歩。歩いていると汗ばむくらいの暑さなのに、森の中に入ると空気がヒンヤリとしていて気持ちがいい。

 東京・自由が丘からほど近いのに、場所によっては自動車などの都会の音が全く聞こえず、虫や鳥のさえずりだけに包まれる。

 ここを訪れる人は少ないのかと思ったら、トラッカー、ランナー、観光客含めて、昼前には結構な人出。祝日だったので小さな子供連れ家族も多かった。

 自宅から約3km、歩いて30分ほどの場所にある、素晴らしい空間。時々は訪れないと勿体ない。(でも、来たのは2回目だったかな?)

d0010432_15484345.jpg

d0010432_15495522.jpg

d0010432_15495842.jpg

d0010432_15491623.jpg

d0010432_15491434.jpg

d0010432_15491712.jpg

d0010432_15492043.jpg






[PR]
by desertjazz | 2014-09-23 12:00 | 旅 - Japan

種子島 2013

 8月1〜4日、3泊4日で鹿児島県種子島まで小旅行。


d0010432_0192352.jpg 羽田発のフライトで鹿児島に移動。ここからは貨物船を改造したフェリー、はいびすかすに乗って種子島へ。鹿児島県に来るのは3年前春の与論島観光以来だけれど、今回も鹿児島市は実質スルー。(桜島は初めて拝めた。今日は噴煙なし。)


d0010432_0192679.jpg フェリー乗り場には売店はなく、船内にも飲料の自動販売機すらない。空調もほとんど効いていなくて、ほとんど奴隷船に乗っている気分の3時間50分だった。でも真っ暗なデッキから見上げた夜空は天の川もくっきり見えて美しかった。照明がつく寸前、種子島が見えてきた時にパチリと1枚(シャッタースピード15秒)。


d0010432_0193249.jpg 島を囲む海はとても美しい。まさにマリンブルー。西隣の屋久島とは違って、ロケット発射基地がある他はサーフィンくらいしか観光らしいものはないそう。


d0010432_0193579.jpg 毎日快晴で一気に日焼け。風景を眺めているだけで、南国観光をしている気分になれた。


d0010432_0193865.jpg 近所のスーパーで島産のパッションフルーツが特売中。ビニール袋に詰めるだけ詰めて 398円。遠慮して8個だけにしたら、レジで「もっと入れといで」と言われてしまった。東南アジアのものとはかなり食感が異なっていて、ツブツブの種とは別にみかんジュースのような水分がたっぷり。酸っぱすぎて、これなら東南アジア産のものの方が断然好みだ。


d0010432_0194174.jpg 毎日まともに食事する時間もきちんと寝る余裕もない忙しさ。予備知識なく入った有名店らしき「美の吉」のインギー丼が唯一種子島らしい食事だったか。島の名物らしく、確かに自家で育てたという地鶏の強い食感がよかった。


d0010432_0194441.jpg 最終日4日の朝焼け。絶景を拝められた。戻りは再びフェリー、はいびすかす。夏休みと日曜日に H II B ロケットの打ち上げとが重なって激混み。定員200人満席で(乗れなかった人が出た?ほど)船内はまた奴隷船状態。デッキにスペースを見つけて読書して行ったのだった。





 この夏、2週間半の北欧旅行の前後はある映画の制作に関わっていた。自分がミックスを担当した作品が全国公開されるのは何年振りかな。それが終わった途端に慌ただしく種子島へ。今度は野外でのレコーディング。マイク16個セットしてマルチ録りした。可能性が薄れてきたのでもう書いてしまうが、今年はボルネオやコスタリカでのフィールドレコーディングも模索していた。まだ諦めたわけではないけれど、これらを実現させるのはかなり難しそう。10月のマルセイユ行きは消えたので、今冬以降の旅行について改めて思案、そして相談中。その間、いくつか原稿依頼もあったのだが、とてもそこまでは手が回らないといった状況。来年のプロジェクトもいくつか動き出した。日々落ち着かず忙しいだけで、全く何をしているのか。充実感も満足感もない生活をなんとかしたいものだ、そんなことばかり考えてしまう…。





[PR]
by desertjazz | 2013-08-04 23:59 | 旅 - Japan

d0010432_22572654.jpg
 1泊2日で群馬県へ。群馬の山間で過ごすのは今年の正月以来。森の中はすでに初夏の響きだった。

d0010432_22573025.jpg

d0010432_2301259.jpg

d0010432_22573858.jpg
 ボリュームたっぷりの舞茸天ぷらのうどんをいただいたり。

d0010432_2257418.jpg
 夜は仲間たちと囲炉裏を囲んで、ホウレン草と三つ葉たっぷりの豚しゃぶしゃぶをつまみながら語らったり。夏場の鍋もいいね。

d0010432_22574457.jpg
 天空には満天の星。モロッコでもそうだったが、星空は一眼レフ単体よりも、コンパクトカメラの方が撮りやすい。(横に光る線はなんでしょう?)

d0010432_2314725.jpg
 コンパクトカメラ CANON S90 でもこれだけ写る。天の川もうっすら見えるほど。三脚なしなので少々ブレちゃっているが。(ISO 800 / 15" / F2.0)


 初夏の空気が気持ちよかった。やっぱり日本の森もいい。






[PR]
by desertjazz | 2013-06-09 23:00 | 旅 - Japan

雑記/日記:北海道へ

d0010432_2248100.jpg

 7/26〜7/30、4泊5日で北海道帰省。本州とさほど変わらない猛暑の中、こんな緑を眺めながら散歩を楽しんできた。

 26日も朝4時半に起床(Tweet している通り、今年の夏はすっかり朝型生活)。仕事を早めに終えて、夕方の便で千歳空港へ。夏休み期間中だったが、粘って JAL のマイレージでフライトを予約できたのは大きな幸運。7万円くらい浮かせられたのは大きい。

 一年に一度のことだからと思って、ちょっと贅沢。ブランド物のメロンやチェリー、毛ガニ、タラバ蟹(花咲でもなくて、アブラガニだったみたい。どおりで安い訳だ)、スイカ、カスベの煮付け(と煮こごおり)など、北の味覚を堪能。

 帰路の30日のフライトは激混みらしく、シートの予約もできなかった。空港までのJRも空港内もかなりの混み具合。しかし、クラスJへのアップグレードが簡単にできた。マイレージでチケットを押さえて、当日は早めに空港へ行き1000円支払ってJにアップするというのが最も賢明な策なのかも。


d0010432_2243868.jpg

 大通りでもこの通り。道広いよなと改めて思う。






(2012.07.31 整理/記)
[PR]
by desertjazz | 2012-07-30 23:00 | 旅 - Japan

Forest Beat:森から森へ

 転居してちょうど1ヶ月。ここに続く「森の話」。

(友人たちへの挨拶にかえて)




 住まいは広さと間取りも重要だけれど、明るいことと、静かなことと、風通しがいいことも、ほとんど絶対条件。函館、横浜、大阪と、閑静なエリアにあるマンションの上層階/南向きで、見晴らしのよいところばかり探して住んでいた(大阪だけは西向きだったが、隣が小学校のグラウンドだったので、日当りも見通しも最高だった)。

 今回も相当に苦労した結果、採光、静けさ、風通しのいずれにも十分満足できる部屋に出会うことができた。住宅街の高台にある低層マンションの最上階/南向きなので、日差しは十分だし、とにかく静か。まるで近隣には誰もいないのではないかと思うほど。

 入居してから気がついたのだが、南方正面には道をはさんで神社が隣接しており、そこの森が豊かな緑を茂らせている。これならベランダの先に高層建築が建つ可能性はほぼ皆無で、見通し良い眺望をずっと楽しめそうだ。

d0010432_23423218.jpg
d0010432_23424766.jpg
d0010432_23425996.jpg
d0010432_23431216.jpg
d0010432_23432324.jpg

 この神社、早速早朝や夕刻に散策を楽しんでいる。なんともいい空間だ。

 ここの小さな森というか樹々は、早朝とても賑やか。午前4時半頃から様々な鳥たちが順に囁き始めて、ちょっと騒々しいくらいにもなる。だけど、この響きがとても心地よいんだな。鳴く鳥の種類が徐々に変化していって、まるで音のグラデーションを描いているかのよう。ちょっと聞き憶えのない声も混じっていることにも耳が惹かれたりも。周辺は本当に静かなのだけれど、鳥たちのさえずりは1日を通して楽しめる。そのような訳で、わざわざ音楽を流してこの静けさを乱す?のが勿体なくなることもしばしば。

(諸事情があって当面は本やレコードを自由に買える余裕がなくなってしまった。なので今年後半は極力、本もCDも買わないつもり。幸い隣には大きな図書館があるので、ここで借りて読んだり、昔読んだ本を読み返したりしたいと考えている。部屋のレイアウトも、買い集めたジャズのアナログ盤をじっくり聴き返そうというコンセプトで整理を続けている。)

 さすがに寝不足気味にもなりそうだけれど、自然の音で目覚めるというのは幸せなことだと思う。なるべく朝型生活を心がけることにしよう。これは、なんだか「森の音」好きがもたらした巡り合わせかのよう。



 今度の住まいには数名程度であれば泊まっていただくことも可能です。「新・酒乱院」(New Shuranin)にどうぞお越し下さい。お待ちしております。






[PR]
by desertjazz | 2012-07-11 00:00 | 旅 - Japan

d0010432_23473916.jpg

 6月10日、日曜日。大阪3年間の生活も今日が最終日。最後はどうしようかと考えた末、奈良に行くことにした。昨日までにどうにか段ボール約200箱のパッキングを終えて、残りは明日の朝プロの仕事に任せられるところまで辿り着けた。

d0010432_23475039.jpg

 思い返すと3年前に最初に出かけた先がやはり奈良の興福寺だったはず。その出発点に戻ってみようと考えて、まずは興福寺に向かった(修学旅行生たちを記念撮影する下品な絶叫が興を削ぎがっかりさせられたが、まあ奈良全体が観光産業化しているので彼だけを責められないか)。

 興福寺を訪れた一番の理由は阿修羅像を拝んでおきたかったこと。大阪に越して来てから興福寺国宝館が完成し、ここは自宅から1時間かからずに来ることができる。なのでいつでも来られると考えたのが過ちだった。結局ギリギリに(2年ほど前に一度仕事で国宝館に来ていたのに、その時には観ることができなかった)。日曜日なのでごった返しているかと思いきや、正面や脇からひとりじっくり拝むことができるくらいの余裕はすでに生まれていた(同じ解説パネルを両サイドに置いている工夫の効果もあり)。

d0010432_23475938.jpg

 奈良で、というよりこの3年間の週末旅行で最も記憶に残っている場所のひとつは、春日大社〜春日山周辺の原生林。鳥の声や風のそよぎを楽しみながら歩いた春日山原始林 8kmの奥山遊歩道は本当に心地よかった。さすがに今日はそこまで歩いていけないので、「上のねぎ道」を散策しようと東方向へ。歩き始めるとこんな資料館を見つけた。和洋折衷の建築が面白い。

d0010432_2348928.jpg

 これまでとはコースを変えてブラブラ。こんないい道もあったのか。

d0010432_23482066.jpg

d0010432_23483197.jpg

 春日大社や若宮神宮は素通りして一番奥の紀伊神社まで。ここまで来ると滅多に人が通らない。緑を眺めながらしばらくまったり。

d0010432_23484043.jpg

d0010432_23485831.jpg

 紀伊神社まで延びる奥の院道は今回初めて発見。もっと早くに知っていたらよかったのに。

d0010432_23485011.jpg

 春日大社から通じる「上のねぎ道」は実にいいよな。時間感覚が飛んで行く。

d0010432_23491013.jpg

d0010432_23491981.jpg

d0010432_23493025.jpg

「中のねぎ道」(ささやきの小径)「下のねぎ道」もあることには今回初めて気がついた。

d0010432_23494257.jpg

d0010432_23495728.jpg

d0010432_2350882.jpg

 鷺池や浮見堂を眺めながら帰ってきた。市の中心エリアであってもどこを歩いても緑が豊かで穏やか、そこが奈良に惹かれる大きな理由である。




 大阪での暮らしになかなか馴染めず、諸々のストレスなどから休日前は明け方まで呑み続け、結局貴重な休日を無駄にしてしまう生活から脱却できなかった。これではいけないし、折角関西に来ているのだからと考え、途中からは「週末旅行」と称して、なるべく無理してでもあちこちに出かけるようにした。

 だけれども、後悔先に立たずと言われる通り、時間を有効に使ってもっといろいろな場所を訪ねておけばよかった。まだまだたくさん行けたはず。関西圏の魅力がだんだんと分かってきたところだったので、正直このことは後悔している。

 仲間たちからは「十分行ったでしょ!」と笑われる(引越前日に小旅行に出かけたことにも呆れられてしまった…)。実際、京都も奈良もそれぞれ10回以上行っているはず。だけれど、桂離宮にも、平安神宮にも、金閣寺にも、飛鳥にも、さらには熊野にも四国にも行けなかった。いや、そうした詰まらない後悔よりも、奈良や京都の深い緑の中で素晴らしいひとときを過ごせたことの方がはるかに意味があるのだろう。それらは忘れようのない体感だった。

 まあ京都や奈良には来ようと思えばいつでも来られるし、行きつけの店/通いたい店にもいくつも出会えたので、きっと近いうちにまた訪ねてくることだろう。




 ということで?、このあと大阪最後の夜は本当に一緒に呑みたい仲間たちだけに声をかけて、さんざんお世話になった「かむなび」での宴へ。


(続く)






 転居して約1ヶ月。生活がそろそろ落ち着きかけてきたので、近所の評判の店を食べ歩いたり、新譜を取り寄せたり、フェスやライブについて調べたり、次の旅行計画を練ったり、首相官邸前の集会の列に加わったり、といったことを始めている。

 書店にもレコード店にもライブにも映画館にもまだ全然行けていないのだが、マドリッド旅行や長崎旅行についてはそろそろ続きを書いておけるだろうか? やること多過ぎてブログの本格的再開は難しいのだけれど、ツイートしている新作情報などについてはそのうちにまとめておきたい。


(2012.7.10 1:00 記)





[PR]
by desertjazz | 2012-06-10 23:51 | 旅 - Japan

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30