カテゴリ:旅 - Japan( 53 )

週末旅行 VII

d0010432_22124466.jpg
 今年7回目?の週末旅行、今週はこんなところに行ってきた。南北2km続く美しいビーチに人影は全くなし。また島のどこを歩いていても観光客と出くわすことはほとんどなく、正に貸し切り状態。帰りの飛行機でも他に客は一人もいなくて、ここでも貸し切りになるというおまけも体験。

 聞こえてくるのは、時折なびく風の音と、快活な鳥の声と、朝夕の虫の音と、遠くからの潮の響き。余計な音がないことの何とも言えない心地よさ。ただただネコのように微睡む幸せ、、、。

(続く)
[PR]
by desertjazz | 2010-03-06 22:16 | 旅 - Japan

週末旅行 : 奈良1日目

d0010432_17183517.jpg

d0010432_17184578.jpgd0010432_17185737.jpgd0010432_18332851.jpgd0010432_1719628.jpgd0010432_17191754.jpgd0010432_17192778.jpgd0010432_17193967.jpgd0010432_1728999.jpg2/27 (Sat)

 週末旅行、今週は奈良へ。というのも、新薬師寺を見ておく必要が急に生じたから。雨天の予報だったので、今日の外出は予定していなかった。けれども、今朝予報が変わって晴れ間も出るらしく、予定変更。

 10時前に近鉄奈良駅に到着。全く無計画なので、さてどうしようか。昨年の秋に秋篠寺を訪れたけれど、奈良公園周辺まで出て来たのは<奈良シルクロード博>の時以来。ということは20数年振りか。それ以前にも奈良には何度か来たことがあるけれど、実に久しぶりなので、まずは定番コースを巡ってみることにした。興福寺〜猿沢池〜東大寺〜春日大社。

 それから春日山原始林のトレッキングコースにもちょっとだけ入ってみる。このまま一周したい誘惑にもかられるが、6時間くらいかかると書かれていたので素直に断念。ともかく沢音が心地よい。

 そして、上の禰宜道(かみのねぎみち)経由(原始林の古木の素晴らしさに息を飲み立ち尽くす)で、目的の新薬師寺へ。本堂をゆっくり眺めてから、その内部へ。薬師如来像と十二神将像を拝む。これらが国宝であることを、ここに着いてから知る。堂内ではこれらを解説するビデオが繰り返し再生されていて、そのプログラムの音楽が実に耳障り。全くもって興ざめだ、と気分を悪くしかけた。しかし、そのプログラム、折角だからと見てみると、結構良くできていて、ひととおり見入ってしまった。

 十二神将像の力強く生き生きとした立ち姿からは、アニメのフィギュアのポージングを連想させられる。いや逆で、こうした立像のポーズがモチーフとなっているのかも、などとふと思う。

 そろそろ昼なので切り上げようかと思いながら、帰り道ちょっとだけ奈良町を歩いてみることに。元興寺を外から眺めて(中は今度にしよう)、元興寺大塔跡でしばしまどろむ。

 土産は、今西本店の純正奈良漬と、夕食用に適当に買った柿の葉寿司(中谷本舗ゐざさ寿司)。駅に戻る途中で見つけた前者は、奈良漬の店の中でも最も有名なひとつらしいことを後で知った。京都で買ってきた漬物、毎日漬けているヌカ漬けと合わせて、我が家の漬物も充実してきた。

 残念ながらほとんど曇天で写真を撮っても絵にならない。今週は京都と奈良を軽く巡ったが、訪れるには桜が咲く時期の方がずっと良いことだろうと感じた。時間が取れたら来月また来ようと、早くも思う。

 結局、何より良かったのは、春日山原始林と上の禰宜道。森に包まれているときの「頭の中が空っぽになる感覚」がいい。今年もなるべく森歩きをしよう。
[PR]
by desertjazz | 2010-02-27 17:24 | 旅 - Japan

週中旅行 : 京 都

d0010432_18341424.jpg

d0010432_18342662.jpgd0010432_18344074.jpgd0010432_18345241.jpgd0010432_1835186.jpgd0010432_18351218.jpgd0010432_18352576.jpgd0010432_18353675.jpg2/24 (Wed)

 ポカポカ陽気の今日は、午前4時に起きて、京都まで週中旅行。

(先々週末は近場の名所の散策に止め、先週末は出かける時間が取れなかったので、ややしばらくぶりのちょっとした遠出。)

 7時、出町柳駅を起点に歩き始める。東方に連なる山々の稜線がくっきりしていて美しい。最初に向かったのは下鴨神社。鳥たちのさえずりは耳に心地よいものの、緑葉が少ないだけに糺(ただす)の森もひどく寂しげ。

 出町ふたばで豆モチなどを買い、鴨川を眺めながらつまむ。

 それから銀閣寺まで徒歩で移動。途中で百万遍智恩寺に立寄りながら約2km。開園直後にも関わらず、修学旅行生などが多くすでに賑やか。残念ながら、肝心の銀閣(観音殿)は改修中だった。膨大な数の石が組まれた段々坂や手入れの行き届いた生け垣に感心。

 哲学の道に沿って、法然院〜安楽寺〜霊鑑寺〜大豊神社〜熊野若王子神社と巡る。さらに南禅寺〜駒ヶ瀧最勝院まで。のーんびり散策しているうちに11時半。今回はここまでにする。

 土産に買ったのは、出町ふたばの餅菓子の他に、田中漬物舗のつけもの数種。いずれも京都土産の定番らしい。

 一番気に入ったのは法然院。有名なところよりも、これくらいのお寺の方がゆっくり佇む時間を楽しめる。結局、社寺そのものよりも、鳥や水の音、昇る太陽が反射する明かりを味わってばかりだった。サウンドスケープの優れているポイントをいくつか発見できただけでも有意義な散策になった。

 失敗したのは昼食の選択。全然美味しくなかった。おにぎりでも作ってきて、川沿いで頂いた方がずっと良かったと反省。

 北海道に住んでいた頃は毎年のように京都を訪れていた。それも朝早くに行き、一カ所だけ楽しんだら、人出が増えてくる前に帰ってしまうという贅沢な方法で。京都はどこを訪れたのか/訪れていないのかもうよく覚えていないし、歳を重ねると同じ場所でも楽しみ方が異なるはずなので、近くに住んでいるうちに、繰り返し巡り歩いてみたいと思う。
[PR]
by desertjazz | 2010-02-24 18:17 | 旅 - Japan

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31