Readings:5月の読書

d0010432_1944970.jpg
 今月読了した本。他にもいろいろ読んだが、月末までに読み終えたのは以下の10数冊。

・カーレド・ホッセイニ『君のためなら千回でも(The Kite Runner)』上巻・下巻
・ダニエル・J. レヴィティン『音楽好きな脳―人はなぜ音楽に夢中になるのか』
・金子勝『新・反グローバリズム 〜 金融資本主義を超えて』
・東理夫『アメリカは歌う。―歌に秘められた、アメリカの謎』
・大津司郎『AFRICAN BLOOD RARE METAL ー94年ルワンダ虐殺から現在へと続く『虐殺の道』ー』
・大藤健士『太陽の夜の航海』
・ル・クレジオ『偶然 ー 帆船アザールの冒険 + アンゴリ・マーラ』
・村上春樹『1Q84 book3 』
・ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』上巻
・アラン・リクト『サウンドアート ー音楽の向こう側、耳と目の間』
・サンティアーゴ・パハーレス『螺旋』
・アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』

 ひなたぼっこしながら、あるいはゆったりお茶を飲みながら、のんびり読書する時間が増えている。猛烈に忙しくほとんど倒れかけていた1年前とは生活がすっかり変わってしまった。「ネコ化計画」着実に進行中?

 以下、Twitter コメントへの追記的感想。

 『音楽好きな脳』と『偶然 ー 帆船アザールの冒険』を除くとひと晩かふた晩で読めたものばかり。もっとじっくり読む本を選ぶべきなのかも知れないが、取りあえず読んでおきたいと思う本が多い。例えるならば、目の前のデザートが我慢できなくて、全部食べてしまうような状態?

 『君のためなら千回でも(The Kite Runner)』は、もしかすると多くの人が心の一番奥に隠し持っているのかも知れない傷を鮮やかに描写した作品。この作品の素晴らしさはそれに尽きるので、最初の4分の1のみを読めば十分(その後はハリウッド化してしまうのが惜しい)。読んでいて、「文学がここまでのことをできるのか」と正直動揺した。読書の醍醐味をここまで感じさせてくれる作品は稀だ。

 『音楽好きな脳』を読むことで、自分の負っているハンディキャップを再確認。やっぱり金持ちの家や音楽一家に生まれた方が、音楽をより楽しめる可能性が高いのだよな。そういった意味で読んで少し辛くなった。

 『新・反グローバリズム』は冒頭が難解ながら、その後は読みやすい。金子勝のブログとツイッターはときどきチェックしている。

 村上の新作は予告通り借りて読む。時々上手いなぁと思う瞬間があり、また1日で読めてしまう文章の軽やかさも好きだ。しかし「Book 1 & 2」を読んだときの失望感は拭えず。

 スペイン発の話題作?『螺旋』は小説を書き慣れていない欠点が露呈した感もあるが、話が一体どこに向かっているのか分からないことの面白さと、なんともほんわかとした暖かみがじわっと伝わってきた。解説を読む限り、このデビュー作よりも2作目『半身』3作目『カンバス』の方が面白そう。独特なプロットを思いつく天才なのかも知れない。

 リストを見直すと外国の作品が多い。こうした話に惹かれるのは旅への憧れ(しばらく海外に長期で行っていない欲求不満)のせいなのだろう。
[PR]
by desertjazz | 2010-05-31 23:59 | 本 - Readings

榛名にて。

d0010432_19523383.jpg
「(ジョン・)ケージは、コンサートへ行くよりも森を散歩するほうが好きだと言っている(イーノは公園の散歩が良いとしている)。」(『サウンドアート』P.085)

「DJをやりはじめてから、街の音の聞き方が前とは変わってきた気がします。イースト・サイドの大きな発電所の近くに住んでいる友達がいるんだけれど、ある朝早く、私たちのショーに来て帰宅する途中、歩いていて、彼女は発電所の低い唸る音が聞こえたって言うのね。それが音楽みたいだったって」(『サウンドアート』P.244)

 全く同感/共感。音楽をあまり聴かなくなり、熱帯の森の音を賛美したり、アーバン・ノイズに安らぎを感じたりしているが、しかし、環境音(自然音や都市ノイズ)と創造的音楽(芸術音楽やポップミュージック)とは別物。それぞれに魅力があって、優劣を比較できるものではない。

 最近また少しずつ音楽を楽しめるようになってきた。
[PR]
by desertjazz | 2010-05-26 23:01 | 旅 - Japan

d0010432_0134336.jpg
 4泊5日で東京と群馬県の榛名高原へ(5/22 - 5/26)。

 体調が万全でなかったので、東京での予定はオールキャンセル。ハイチ関連イベントへのお誘いもあったのだが。結局出かけて行ったのは自由が丘の「魚こばやし」のみ。個人的に知っている範囲では東横沿線で一番美味しい店。

d0010432_19544030.jpg 23日榛名へ移動。高原の中の留守宅に寄せていただいて、読書三昧。着いた時には生憎の雨だったが、露に濡れる深い緑が鮮やかで美しかった。

 その雨も上がると毎日鳥たちのさえずりが賑やか。涼やかな響き、というよりも、蛾眉鳥なんかは喧しいほど。日本にもこんな良い場所があったのかと、ちょっと感動的だった。変な感想だが、日本にいる気がしなかった。

 今年は毎週末小旅行に出ようかとも考えたのだったが、さすがに無理。休みの度に出かけていたのではそれだけで疲れてしまう。ときどき自然の中に帰っていくことで幸せと感じられるが、もっとじっくり旅してみたいとも思う。今年後半にはもう少し変化が欲しいな。



d0010432_19545046.jpg テレビなし、電話なし、音楽なし、そしてネットもなしの4日間。遠出した時にはそうした過ごし方がとても贅沢に思える。ぶらっと散歩するだけのことが楽しい。

d0010432_195515.jpg コンパクトカメラだけは持っていった。しかし、そのデジカメ S80 はもうボロボロ。電池は数枚分しかもたないし。折角の景色を美しく撮影できなかったのは残念。けれども、こうした眺めはそのときに楽しめばそれ以上の必要はないんだよな。

 ただ、常に EOS を持ち歩くというわけにもいかないので、コンパクトカメラは買い替え時なのだろう。しかし、どれがいいのか調べるのが面倒くさい。
[PR]
by desertjazz | 2010-05-26 23:00 | 旅 - Japan

Selamat jalan bapak Gusang

d0010432_21523857.jpg
「ブンガワン・ソロ Bengawan Solo 」の作者としても知られるインドネシアの歌手グサン・マルトハルトノさんが、今日の夕方(18時10分)に亡くなられたそうです。93歳(92歳?)でした。

Kompas 紙の記事 (ジャカルタのインドネシア語新聞)

d0010432_21512250.jpg
 グサンさんの歌は新宿と彼の故郷ジャワ島ソロで聴きました。氏の歌が大好きだっただけでなく、ソロのご自宅を訪問させていただいたこともあったので、特別な哀しさを感じています。(写真はそのご自宅でワルジーナさんと。2001年。)
d0010432_21514136.jpg
 グサンさんの録音はいろいろありますが、今夜はこのアルバムを聴いて故人を偲んでいます(2005年10月に生誕88周年を記念して制作された、64ページのブックレット付きCD)。

 素晴らしい音楽をありがとうございました。どうか安らかに、、、。

#

(追記)
d0010432_23173298.jpg
 昨晩、グサンさんのアルバムをいくつか聴いていたら、それらの中にスリーブにサインをいただいたものがあった。ミュージシャンや作家などからサインをいただくことはそれほどないので、グサンさんにお会いする際わざわざCDを持参してお願いしたというのは、それだけ彼に対して特別なものを持っていた証拠なのだと思う。宝物として大切にしよう。

(5/21)
[PR]
by desertjazz | 2010-05-20 21:49

d0010432_22371658.jpg
 ここ数日、一昨日届いたこれら2つのリイシューCDを繰り返し聴いて楽しんでいる。

・Etoile de Dakar featuring Youssou N'Dour / Once Upon A Time In Senegal - The Birth of Mbalax 1979-1981 (Sterns STCD 3045-55)

 Etoile de Dakar の7作品(LPとカセット)から23トラックを収録した2枚組。

・Star Number One de Dakar / La Belle Epoque (Syllart 000589)

 彼らの全6枚のアルバムから28トラックを収録した2枚組(1974〜80年録音)。

 ♪

 アフリカらしい音楽となると、まずは民族音楽色の強いマリやギニア、あるいはきらびやかなコンゴのスークースあたりだろうし、近年はアフロビートやアフロファンクを好む方も多いだろう。けれども自分はこうしたセネガルのサウンドも大好きだ。いやひょっとすると一番好きかもしれない。Orchestre Baobab 〜 Star Number One de Dakar 〜 Etoile de Dakar 〜 Youssou N'Dour et le Super Etoile de Dakar と連なる70年代〜80年代前半の都会的なサウンドにとても惹かれる。まだ荒削りで未完成ながらも、ラテンのコピーをベースに伝統音楽の要素を組み込み、ワン&オンリーなサウンドを生み出そうとする熱い情熱、スローでメロウなアフロキューバンからファンク、サイケにまで至る幅の広さに、他の音楽にはない魅力や独特な進化の途上にある独特な若々しさを感じる。

 今回リイシューされた音源も、ほとんどがすでに持っているものばかりなのだけれど、それでもこうして買ってしまうのは、セネガル音楽に関する文献が案外少ないので、添えられたライナーを読んでみたいのと(初出の写真も見てみたい)、アナログで持っているものをCDで聴けることに便利さを感じるからである。しかしリイシュー盤を買い直すメリットは(今回も)それだけではなかった。どちらのライナーも内容・分量とも充実したもので、思わずオリジナル盤や関連する音源なども聴きかえしながら、セネガル音楽の歴史を振り返ることになり、そうした中からの新たな発見が今相次いでいる最中でもある。

 そんなちょっとした発見の数々、整理してみたいとも思うのだが、ここに書いても興味を持って読まれる方はほとんどいないと思う。なので、ここではひとつ披露するだけにしようと思う。

 ほとんど耳タコの録音ばかりと思って聴いていると、Etoile de Dakar のディスク1の5トラック目 'Jalo' が始まって「おや?」と思った。ヴォーカルが左右に完全に振り切られた録音になっていて、これには聴き覚えがない。そこで、93年に同じ Sterns から出た "Volume 1 : Absa Gueye" (STCD 3004) で確認してみると、ヴォーカルはほぼセンター定位でサウンド全体のステレオ感もそれほどない(今回のトラックの方が、ワイズが広い分だけ分離が良いこと以上に、ユッスーたちのヴォーカルがクリアに聴こえる)。オリジナルカセットをLP化した DARL盤を聴いても一緒。果たして今回のステレオ・ミックスは一体どこから出て来たのだろう。オリジナルカセットは持っていないので、それとの比較確認はできないのだが、オリジナルも音像が狭いミックスだろうと推測される。詳細は省くが、他のトラックでも同様な違いがあるかというと、その度合いは曲によりけりだったりすることが、その根拠としてある。

 さらに、"La Belle Epoque" を聴いても次々と不可解なことに出くわす。これらの疑問について調べ出すと、謎が解けそうになると次なる謎が現れる。どうやらしばらくは謎解きの数々も楽しめそうだ。

More
[PR]
by desertjazz | 2010-05-19 21:37

Etoile de Dakar

・新譜情報 from my Twitter

「5月10日に Etoile de Dakar (Youssou N'Dour) の新しいコンピレーション2CDがリリース予定。'Titeur' と 'Maleo' がCD化されるのは初めてなのではないだろうか? STCD3054-55」

ETOILE DE DAKAR / ONCE UPON A TIME IN SENEGAL 1979-81



 ここしばらく Twitter を試用してきたが、長大なストリームの中から気になる即時情報をピックアップすることに長けたツールであることは分かった。逆に日記の殴り書きや単なるメモには適さないようにも。自分にとって決定的な必要性はまだ感じない。
[PR]
by desertjazz | 2010-05-09 00:26

Home Party 2010.05.01

d0010432_21573070.jpg 昨年来、大阪でもパーティーを開いて欲しいと、周囲のいろいろな人たちから話しかけられている。一昨年までは、横浜の自宅でホームパーティーを開いたり、渋谷の国境の南やエル・スールのスペースをお借りしてイベントを企画したことがあった。しかし、毎度決まって直前に体調が悪くなり、満足な準備ができなかった。結果、来ていただいた方々も自分も十分には楽しめないものになってしまったという反省ばかりが残っている。なので、余裕のない中無理するものではないな、ということが、自身の学んだことだった。

 実際昨年こちらに越して来てからも、有意義なパーティーを開ける可能性が見えていない。DJ のできるスペースを一応探し始めてもいるのだが、まだ適当なお店は見つかっていない。具体的にはホームパーティーを要望する声が多い。しかしその場合、料理をお願いできる人のいないことがネックとなってしまう。諸々考えた上でパーティーは当分棚上げにすることにしていた。

 ところが、ほんの偶然と気まぐれから、サラーム海上さんやサカキマンゴーさん夫妻ら6名をゲストにお迎えして、ホームパーティーを行うことになった。ホストが不慣れなために、やっぱり取り留めのない会になってしまったけれど、個人的には久しぶりの再会と気楽な会話を楽しめた。これまでのホームパーティーは、ひたすら飲んで会話してとなりがちだったのだけれど、今回は名盤・近作を試聴してのレコーディング/オーディオのチェック・モードにもなり、そうしたことも多少は楽しんでいただけたようではある。

 しかし、今回も反省点多し。料理ではミスを連発。もてなしの花をきちんと用意する時間もなかったしなぁ。

 ・・・そんな準備も趣旨も特段ない集まりでしたが、お越し下さったみなさん、ありがとうございました(おいしいお土産にも感謝!)。今回、仕事の都合で来られなかった方、お誘いできなかった方、ごめんなさい。気の合いそうな他人同士を引き合せることが以前からの趣味になっているので、次回以降に期待していただけたらと思います。

More
[PR]
by desertjazz | 2010-05-02 21:58

DJ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31