Readings:9月の読書

d0010432_2023579.jpg
 今月読了したのはたったの4冊。

・池澤夏樹『世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで』(新潮選書)
・チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『半分のぼった黄色い太陽』(河出書房新社) --- 訳書で再読
・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』上巻・中巻(新潮文庫)

 毎週飛び歩き、イベントを巡り、そして連日の「飲み」。それよりも、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』、アディーチェ『半分のぼった黄色い太陽』、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』という3作品を同時進行で読んだのが大きく影響した。とにかく長いだけでなく、覚えにくい名前の登場人物が数多現れ(しかも、忘れた頃に再登場する)、さすがに頭の整理がつかなくなってしまった。なので、いずれとも再読したい気持ちになっている。

 『カラマーゾフの兄弟』は中巻帯の推薦コメントの通りで、上巻は数週間かかったのに中巻に入った途端にペースが上がる(頑張れば1冊2日ペースで読み切れる)。なので、ゴール間近。下巻に突入して再び停滞している『メイスン&ディクスン』も極力早く読み終えたい。すでに次の読書目標が定まってきているので…。

 最近読み始めた本(写真右の山など)、これから読もうと思っている本も溜まってきたが、何より未だ印象深いのは、先日、生のスピーチを聞きにでかけたアディーチェのこと。一度英語で読んだ作品をその翻訳『半分のぼった黄色い太陽』で読み直してますます惹かれた。ナイジェリアで暮らす人々ひとりひとりを個性豊かに表現し、ビアフラ戦争が勃発した以降のひとりひとりの動揺の様もまた見事に描く。特に誰もが不完全性さを隠し持ち、また時にはそれを露にして生きる存在であるという描写には、強く感じ入った。

 なぜアディーチェに興味を持ったのか記憶にない(多分ブログ日記を読み辿っていけば、分かるはず)。ビアフラについて書いた作家、というのがその端緒だったのかも知れない。とにかく凄い筆力をもった小説家だ。ここでも取り上げたが、彼女の作品のことについてじっくり書いてみたい。






[PR]
by desertjazz | 2010-09-30 23:59 | 本 - Readings

Staff Benda Bilili(大阪)

d0010432_20214330.jpg
 スタッフ・ベンダ・ビリリ公演(大阪・堂島リバーフォーラム)雑感

More
[PR]
by desertjazz | 2010-09-29 22:50 | 音 - Africa

d0010432_092362.jpg
 主要目的は「国際ペン東京大会」。

 今年14回目の週末旅行は、またまた東京、4泊5日(本来であれば京都や山陰、四国あたりに足を伸ばしたいのだが)。

More
[PR]
by desertjazz | 2010-09-26 23:59 | 旅 - Japan

Adiche writes Rex Lawson

d0010432_22132830.jpg
>>> Chimamanda Ngozi Adiche "Half of a Yewllow Sun" (Harper Perennial, 2007) - P.109


 Adiche を読むと Rex Lawson が聴きたくなる??


…オランナが音楽を変えるために立上がった。「まずは、わたしのお気に入りのレックス・ローソン、それからオサデベね」
「レックス・ローソンはいささか模倣的じゃないか?」とエゼカ教授が訊いた。「ウワイホとダイロのほうがミュージシャンとして優れているな」
「すべての音楽は模倣ですよ、教授」からかうような調子でオランナがいった。
「レックス・ローソンは本物のナイジェリア人です。カラバリという民族性に執着せず、ナイジェリアのすべての主要言語で歌っている。そこが独創的だわーー彼を好きになる十分な理由だわ」とミス・アデバヨがいった。
「そこが彼を好きになれない十分な理由だな」とオデニボ。「われわれは自分の個別の文化に無頓着であるよう志向すべきだなんて、そんなナショナリズムは馬鹿げている」
「オデニボにハイライフのことを訊いて時間を無駄にしちゃだめよ。彼にはぜんぜんわかっていないんだから」といってオランナは笑った。「彼の好みはクラシック音楽、人前でそれを認めるのは絶対に嫌がるけれど、だって、ものすごく西欧趣味ですものね」
「音楽に国境はない」とエゼカ教授がいった。
「でも、それは間違いなく文化にもとづいたもので、文化とはそれぞれ固有のものですよね?」オケオマが質問した。「ということは、オデニボはクラシック音楽を生み出した西欧文化を熱愛しているということになるのかな?」
 みんな大笑いした。

>>> チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『半分ののぼった黄色い太陽』(河出書房新社、2010)- P.131


 Rex Lawson はイボ人、もしかしたらイジョ人かと思っていたのだけれど、カラバリ人だったんだ。カラバリ・ミュージックへの興味がさらに増してきた。

#
#
#
[PR]
by desertjazz | 2010-09-22 02:22 | 本 - Readings

d0010432_3302012.jpg
 今、自分が、頭を空にして、心を無にして、これほど気持ちよく響く音楽は、他にはない。

 みんなが着ているのが羨ましくて、Tシャツも買ってしまった。

#
#
#
#
#
[PR]
by desertjazz | 2010-09-18 03:30 | 音 - Music

小休止

d0010432_23333817.jpg
(2010.09.11 和歌山城にてにらめっこ)



 たまにはブログに音楽話でも綴ろう、まともなことをツイートしよう、などと思うものの、そんな時間なぜかない。非公開の日記程度のものは走り書きしているのだけれど…(Twitter もほとんど備忘録となっている)。予定山積、読みたい本山積、視聴中のディスク山積。本やレコードは毎日のように買い続けているので、こんな状況が継続している。一体忙しいのか、暇なのか?


[PR]
by desertjazz | 2010-09-15 23:55

Bruce on Blu-ray

d0010432_1817272.jpg
 Blu-ray 録再機、ようやく導入。

More
[PR]
by desertjazz | 2010-09-14 23:59

Diary : 9/5 - 9/13

d0010432_22391331.jpg
 美しい朝焼けだった。真っ直ぐ並ぶ岩影はまるで Kate Bush "Aerial" のよう。
(2010.9.6 和歌山県串本)

More
[PR]
by desertjazz | 2010-09-12 23:59

d0010432_16465299.jpg

 明日から今月中旬まで、ネットレス環境に消えます。連絡つきません、悪しからず。



More
[PR]
by desertjazz | 2010-09-04 23:59

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31