Arts in African Desert

d0010432_23304855.jpg

 最近はこうした書物の写真をよく眺めている。アフリカの古代壁画はサハラのものも南部の砂漠のものも素晴らしい。色のコントラスト、描線デザイン、描かれた人や動物たちが生み出す独特なリズム、どれもに現代アートに劣らない美しさと卓越したセンスを感じる。いつまで見つめていても本当に飽きることがない。(ゴンブリッジ『美術の物語』への繋がりについて考えたりもする。)

 今月も面白い本をいろいろ読めた。読書メモを綴っておきたいところなのだが、その前にマドリッド滞在記ですら書けないでいる。


(明日からまたまた遠出。今はここ数年間で最も忙しい状況。来月はまたしばらくネットから離脱するかもしれません。ちょっといいニュースも届けられそうなのですが、しばしお待ちください。)






[PR]
by desertjazz | 2012-05-31 23:30 | 美 - Art/Museum

Back from Nagasaki

d0010432_0422877.jpg
(↑ click)

2012.05.26 雲仙上空より






[PR]
by desertjazz | 2012-05-30 00:00

d0010432_18322051.jpg

 トマス・ピンチョンの最新作『LAヴァイス Inherent Vice 』(2009年)を読み終えた。フゥ〜、面白かった。

 前評判通りピンチョンとしては「分かりやすい」し、実際読み始めると割とサクサク前に進む。けれど、どこまで理解できたかについては全く自信がない。

 軽妙にやり取りされる会話だとか、ちょっとしたユーモアだとか、音楽、映画、テレビ番組などからの引用だとかいった、ひとつひとつのパーツがまず楽しい。もちろん日本人にとってはどこで笑ったらいいのか分からないスタンダップコメディーを見ている気分になるシーンも多いのだけれど。

 本作は探偵小説なのだが、途中段階ではなかなか全体像が掴めないし、話の結末がどこに向かっていくのかも分からないし、作品を通じて伝えたいことがあるのかどうかも定かではない。

 そうなる理由のひとつは登場人物が多いこと。しかも様々な人物たちが忘れかけた頃に相次いで再登場する。エピソードの数々も同様で、さり気ない挿話かと思ったものがずっと後で大きな/小さな意味を持ってきたりする(具体例を挙げていくと切りがないが、分かりやすい例で言えば、火災報知器を繋いだ電話だとか)。こうした傾向には、まるで記憶力ゲームを試されているかのような面白味もあり。これらが織りなす複雑さによって、読んでいるうちにまるで大きな網目を辿っているような感覚にさせられるのは、『メイスン&ディクスン』を読んだ時と同様だった。そして読み終えた後、作品のもつメッセージがじんわりと浮かび始めたような気にもなってきた。ディテールの積み重ねに計算があったということなのか? この読後感はこれからも徐々に膨らんでいくのだろうか。

 舞台は1970年のLAということで、当時の音楽やらテレビ番組やらがテンコ盛り状態で散りばめられている。ビーチボーイズ、ドアーズ、ジェファーソン・エアプレーンはもちろん、フランク・ザッパ、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ、ブルー・チアー、チーチ&チョン、さらには数々のジャズ・プレイヤーからギリシャのレンベーティカまで。思わず懐かしくなることしばしば(ミスター・スポックの決まり台詞にも毎度頷く)。アメリカンのポップカルチャーを知っていればいるほど楽しめる小説だと思う(なので全く知らないと、一緒に笑えないスタンダップコメディーの連続ともなる)。

 反対の言い方をすれば、アメリカでの生活体験がないと理解し尽くすことが困難な作品なのではないだろうか。特に60〜70年代をどれだけ実体験しているかに読解が左右されそうだ。そうした特質はジャック・ケルアックの『路上』を読んでも感じたこと。同じアメリカ文学でも、スコット・フッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーの小説からは、人が共通してもつ哀しみのようなものが伝わってきて日本人でも十分共感できるが、ピンチョンやケルアックの方は、ハイウェイを暴走したり、ドラッグでラリったり、ホームコメディーを浴びるほど見たりといった感覚(実体験までいかなくても)が、かなり求められるのだろうかとも思った(これ、あくまで純文学音痴の個人的感想)。

 それにしても何という構成力なのだろう。他の小説の何十倍もネタが詰まっていて、何十倍も複雑。ピンチョンの頭の中は一体どうなっているんだ??





(東京に4泊5日滞在して一旦帰宅。自宅に戻った合間に『LAヴァイス』を一気に読了。そして明日からは長崎界隈にしばらく滞在予定。カズオ・イシグロの生まれ故郷であるこの街を訪れるのは20何年かぶりなので、ちょっと楽しみだ。)





[PR]
by desertjazz | 2012-05-19 19:00 | 本 - Readings

メモ:音の本/音楽の本

d0010432_21531084.jpg

 このところ音/音楽に関する本もいろいろ読んでいる。例えば今年入手したこうした本についても、内容紹介がてら書いておきたいところ(…とメモ)。しかし、明日からまた自宅を離れて、あちこち飛び回ることになる見込み。書けるのは一体いつになるのだろうか?


( …ということで、また1ヶ月くらいネットから離脱するかもしれません。)





[PR]
by desertjazz | 2012-05-10 00:00 | 本 - Readings

d0010432_18284987.jpg

 フェラ・クティの新譜CDが届いたので聴き始めた。タイトル通り 1986年11月7日デトロイトでのライブを MC も含めてフル収録したもののようだ。

(1) Just Like That 29:35
(2) Confusion Break Bones 40:54
(3) Teacher Don't Teach Me Nonsense 34:04
(4) Beats of No Nation 38:49

 比較はしていないが、すでに YouTube にアップされている "Fela Kuti - Nov. 7th 1986 Fox Th. Detroit, MI Full Rare Set" と同内容なのではないだろうか。

 残念ながら未発表ナンバーはなし。ライン録りではなく、オーディエンス・フロアでワンポイント録音したような音(ヴォーカルやクレフドラムの響き方、オーディエンスレベル、ハムノイズが異常に大きいこと、ジャケット内側に印刷されたカセットの写真の様子などから、多分そうだと思う)。まだ聴いている途中なのだけれど、パフォーマンスそのものは申し分なさそう。これだけ長くても一気に聴いてしまいそうだ。ただし、この音質だと不満で楽しめない人もいるかもしれない。

 それより権利関係はどうなっているのだろう?(Lisenced courtesy of Knitting Factory とは書かれているけれど…。)




 3時間後の追記。

 全く隙のない演奏。重いグルーブ。オーディエンスの異常な盛り上がり。結局、音量上げてダンスしながら、気持ちよく通して聴いてしまった。




 追記2

 Seun Kuti は「Fela Kuti's LIVE IN DETROIT 1986 is out today. You can buy it on iTunes here…」とツイートしている。




 追記3

 Knitting Factory のページでは2CDではなく3CDとなっており、実際 Amazon を見ると2CD/3CDの両方ある。しかしランニングタイム表記はほぼ一緒。どういうこと?





[PR]
by desertjazz | 2012-05-08 19:00 | 音 - Africa

d0010432_5573938.jpg

 今年はマレーシア(ペナン)とスペイン(マドリッド)に短期旅行し、国内での小旅行も繰り返している。これだけ移動する生活が続くと、さすがに読書が思ったように進まない。けれども相次いで素晴らしい作品に出会えているおかげで、読み終えた本の数は多くないものの、今年の読書生活はまずまず充実していると思っている。そして、それらの本の一部は「旅の記録」に類するもので、それらが自分が体験した現実の旅以上に、旅している気分に誘ってくれていることが楽しい。

 今年読み終えた中でとりわけ素晴らしいと感じたのは以下の4作品(これらに石牟礼道子+藤原新也『なみだふるはな』を加えると、現時点での今年ベスト5になる。ツイートした後、読後感が薄れてきているので、コメントは簡単に)。


・スティーヴ・ブルームフィールド『サッカーと独裁者 アフリカ13か国の[紛争地帯]を行く』

 アフリカの国々において、サッカーと国民や政治との繋がりがいかに強いかを明らかにしていく渾身のルポルタージュ。副題に偽りはなく、命を賭したかのような体当たり取材だからこそ抉り取れたリアリティーとサッカーに興奮する臨場感が凄まじい。サッカーが政治を動かし、また政治家がいかにサッカーを利用してきたについて、綿々と綴られる。自分が訪れた国も多く取り上げられているので、懐かしい光景も思い浮かぶ。


・ポール・セロー『ダーク・スター・サファリ』

 著名な旅行作家がエジプトから南アへと大陸東半分を列車やバス、船を乗り継いで旅する記録。国のトップやノーベル賞作家から、街中の市井の民衆、移動中に出会った人々まで、様々な対話を重ねることでアフリカの現状について思索を深めていく。単なる旅行記ではなく、自分が/世界がアフリカに対して何ができるか問い続けているところがこの作品の凄さ。読んでいて、アフリカを旅する意味はあるのだろうかと迷わせる厳しい現実が示されるが、本当に読み応えのあるアフリカ旅行記を久々に読んだ。


・ダニエル・L・エヴェレット『ピダハン 「言語本能」を超える文化と世界観』

 アマゾンの奥にピダハン(ピラハ)という少数民族がいる。著者は彼らのもとでピダハン語の聖書を作ろうとする。しかしピダハンは、数、左右、色、過去、未来、神、等々といった概念を持たず、自分たちこそが最高だという信念から約200年間外からの影響を受けないできた。世界で一番笑いの絶えない幸せな彼らの暮らし振りに感銘を受け納得した著者は、反対にしまいにはキリスト教も神や天国の存在も否定することになる。序盤はかなり冗長だが、現代人の生活スタイルを見直したくなる力がある。


・パスカル・メルシエ『リスボンへの夜行列車』

 スイスの作家/哲学者による小説。定年間際の言語教師が突然教壇を捨ててリスボンへと旅だってしまう。小説中である「書物」が絶えず参照されるのだが、これは読み手に対して生き方/死に方を問い続けるもの。読んでいると、列車や車で移動する主人公や作中のキーパーソンと自分とが重なってくるほど。極めて密度の高い作品であり、小説であると同時に読み手の人生観さえ左右しかねない哲学書でもある。現在、劇場版が撮影中で、来年公開予定とのこと。


 他にも印象に残った作品がいくつか。マリオ・バルガス・リョサ『密林の語り部』にもアマゾンに誘われ、アイザック・ディネーセン『アフリカの日々』とサラーム海上『21世紀中東音楽ジャーナル』でもアフリカを旅する気分になり、グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ『シャンタラム』ではかつてのインドのムンバイのディープな世界に引きずりこまれ、ブルース・チャトウィン『ソングライン』ではオーストラリアのアボリジニに、ダニー・ラフェリエール『帰還の謎』ではハイチに心が持っていかれる。

 
 なかなか先に進まないでいる、あるいは最近読み始めた本は、木村大治+北西功『森棲みの生態誌』、渡辺公三『アフリカのからだ』、イライザ・グリズウォルド『北緯10度線 ─ キリスト教とイスラームの「断層」』、野町和嘉『サハラ、砂漠の画廊 タッシリ・ナジェール古代岩壁画』、ニコラ・ブーヴィエ『世界の使い方』、ポール・セロー『ゴースト・トレインは東の星へ』など。アフリカ関係の研究書が多い。


 どうやら旅する読書をまだしばらく堪能できそうだ。




(5/11 微修正)





[PR]
by desertjazz | 2012-05-05 05:05 | 本 - Readings

Afrobeat : Fela, Akoya, Antibalas

d0010432_2046010.jpg

 フェラ・クティ Fela Kuti の久々の「新作」"Live In Detroit 1986"(2CD/4LP で 'Just Like That' と 'Confusion Break Bones' を収録)が来週5月8日にアメリカで発売になる(追記:5月5日時点で日本のCD店には届いている)。Pre-Order 済みのそのアルバムを心待ちにしていたら、今度はアコヤ Akoya とアンティバラス Antibalas のパーカッション・プレイヤー Yoshi Takemasa さんから連絡があった。内容は両バンドの新作について。

 そして今日(アメリカ時間で3日)、まず Antibalas の新作 "Antibalas" が8月7日にリリースされると正式にアナウンスされた。ラスト・トラック 'Sare Kon Kon' が5分間だけ試聴可能で、このアルバム、すでに各方面で話題になっている。

Rolling Store : Exclusive: Antibalas, 'Sare Kon Kon'

 Yoshi さんは Akoya と Antibalas での活動に加えて、Musical : FELA! のツアーでも世界中を飛び回っている(最近ブラジル公演を終了)。そんな多忙な中、ご連絡下さったことに感謝!





 ちょこっと近況。

 今年に入っても、ほとんど毎週のように移動を繰り返し、あちらこちら動き回っている。その合間、面白い本を読みまくって、美味しい料理店を訪ね歩いて(先日やっと予約が取れて初めて行ったすぐ近所の三ツ星の創作系レストランも美味かった!)、展覧会や映画を観て歩いて、といった日々。一方で、やらなくてはいけないこと、考えねばならないことがどんどん増えている。とりわけ昨年の大震災以降はそれが強まった。結果、音楽を聴くこともブログを書くことも優先順位が下がるばかり。聴きたい音楽は少なくないし、自分のためにもまとめて綴っておきたいことは多いが、それもしかたがない。今年も来年もすでに予定が立て込んでいるので、今しばらくは我慢かな?

(情報はある程度ツイートしているので、ブログにも重複して書くのは無駄か? 公開する/しないは別として、自分のための情報整理はやっておきたいとは思っている。)

 今年に入って聴いているのは、Bruce Springsteen、Zebda、Mossu T e Lei Jovents、Lo Cor de la Plana、The The、OKI(+大城美佐子)の新作など。夏以降はこれらに Akoya、Antibalas や Marewrew の新作が加わるのだろう。以前から好きなアーティストばかりで、新鮮味に欠けるようだけれど、これだけで十分満足。大好きな Fela Kuti や Franco ですら滅多に聴けなくなっているので、新しい音楽を探すことには無理があるし、実際さほどその必要も感じていない。

(…と言いつつも、そろそろガツン!とくる音にも出会いたいナ。)





[PR]
by desertjazz | 2012-05-04 20:00 | 音 - Africa

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31