Back from Hokkaido

d0010432_23551420.jpg

 北海道も暑かった…。

(Chimamanda Ngozi Adichie について、Glendra/Jazzhole について、Fiesta des Suds について、Kanaga System Krush について等々、新しい情報を整理しておきたい…。時間のない中いろいろ読んでいるけれど、アディーチェの第2短編集『明日は遠すぎて』はよかった。)





[PR]
by desertjazz | 2012-07-30 23:55

d0010432_2254788.jpg

 北海道帰省中に読み終えたのは、チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの新作『明日は遠すぎて』と Julian Barnes の最新作 "The Sense of an Ending" の2冊。

 アディーチェの『明日は遠すぎて』は彼女の第2短編集。とは言ってもこれは日本版での数え方で、『アメリカにいる、きみ』未収録の "The Thing Around Your Neck" の6篇に、新作3篇を加えたもの。"The Thing Around Your Neck" で苦しんだ作品や、単行本化されていない作品も容易に読める、日本独自編集を実現された、くぼたのぞみさんには大感謝!

 アディーチェの作品はナイジェリア(や渡米/渡英したナイジェリア人)の上流階級社会が舞台になることが多い。一面彼らの生活は華麗に映りながらも、そのいびつな面や傷深い悩みなどを見事に活写しているように思う。その一方で、底辺で生きる人々まで視座に入れた作品を生み出し続けてもいる。一見どちらも自分の生きる世界とは無縁なようでありながら、そこに内包された苦しみがひしひしと感染してくるのだ。読むごとに引き込まれ、共感されられる。大した書き手だと思う。

 アフリカ音楽ファンなら誰でもが知っている(?)Prince Nico Mbarga の有名曲 'Sweet Mother' がエンディングで効果的に使われている作品もあり。

 最後に収められた「がんこな歴史家」や訳者のあとがきから類推されるのは、 彼女が "Half of a Yellow Sun" で見事に書き切った60年代のビアフラ戦争よりずっと遡ったナイジェリアの歴史絵巻を構想しているのではないだろうかということ。次なる長編を心待ちにしたい。


d0010432_22542335.jpg

 英語は大の苦手ながらアディーチェは毎作頑張って読んでいる。けれども1作目の長編 "Purple Hibiscus" は歯が立たなかったので、邦訳を熱望!!

 アディーチェの代表作 "Half of a Yellow Sun"(邦題:『半分のぼった黄色い太陽』)の映画化が進んでおり、先日ナイジェリアでのロケが完了したと報じられた。公開は来年の予定。是非とも日本でも上映して欲しい。音楽は同じナイジェリア出身の Keziah Jones らが担当していると伝えられている。

 >>> afripop




 2011年のブッカー賞を獲得した "The Sense of an Ending" の方も自分の英語力ではよくわからず。なので、もう一度最初から読み始めている。それというのも、詩的な文章/文体が好きになれそうだったから。

 この小説、Rolling Stones の曲のフレーズが度々引用される。そんなところにもちょっと興味あり。






(2012.07.31 整理/記)
[PR]
by desertjazz | 2012-07-30 23:01 | 本 - Readings

雑記/日記:北海道へ

d0010432_2248100.jpg

 7/26〜7/30、4泊5日で北海道帰省。本州とさほど変わらない猛暑の中、こんな緑を眺めながら散歩を楽しんできた。

 26日も朝4時半に起床(Tweet している通り、今年の夏はすっかり朝型生活)。仕事を早めに終えて、夕方の便で千歳空港へ。夏休み期間中だったが、粘って JAL のマイレージでフライトを予約できたのは大きな幸運。7万円くらい浮かせられたのは大きい。

 一年に一度のことだからと思って、ちょっと贅沢。ブランド物のメロンやチェリー、毛ガニ、タラバ蟹(花咲でもなくて、アブラガニだったみたい。どおりで安い訳だ)、スイカ、カスベの煮付け(と煮こごおり)など、北の味覚を堪能。

 帰路の30日のフライトは激混みらしく、シートの予約もできなかった。空港までのJRも空港内もかなりの混み具合。しかし、クラスJへのアップグレードが簡単にできた。マイレージでチケットを押さえて、当日は早めに空港へ行き1000円支払ってJにアップするというのが最も賢明な策なのかも。


d0010432_2243868.jpg

 大通りでもこの通り。道広いよなと改めて思う。






(2012.07.31 整理/記)
[PR]
by desertjazz | 2012-07-30 23:00 | 旅 - Japan

雑記/日記:地中海へ

d0010432_21492942.jpg

 Sam Karpienia や Toko Blaze について調べたり、彼らの音楽を聴いたりしていると、自分はいまだにマルセイユを中心に地中海圏の音楽への関心を失っていないのだと思う。実際、相性の良さというか、ある種の出会いのようなものさえ感じる。

 マルセイユは来年 EU の首都の役割を担う。きっと音楽その他のイベントが目白押しだろうと、勝手に期待しているところで、来年(まで)にはマルセイユ再訪問を実現させたい。

・Marseille 2013 の公式サイト:http://www.mp2013.fr/




 マルセイユ/地中海への旅について考えたくて、『ポール・セローの大地中海旅行』と村上春樹の『遠い太鼓』(3年にわたるイタリア/ギリシャ滞在記)を読み始めた。2冊で1300ページ。自分は遅読なので何日かかるかな?






(2012.07.31 整理/記)
[PR]
by desertjazz | 2012-07-25 23:59 | 本 - Readings

d0010432_21354558.jpg

・"Urban Griot" (2009)
・"L'homme qu'on appelle..." (2010)

 先日22日の最後にメモした Toko Blaze トコ・ブラーズのアルバムはこの2枚。トコのアルバムには、純然たる新譜というよりは、先行シングルや過去にリリースしたトラックをコンパイルした性格のものがこれまでもあったが、"L'homme qu'on appelle..." もそういった内容。

(どちらもCDがみつからなくてデジタル版をダウンロード。だが、CDが市販されているのを見ない "Ruff Tuff" (2006) と同様、トコから直接ディスクを買うことは可能なのかも知れない。今度訊ねてみることにしよう。)


d0010432_21434831.jpg

 トコの録音作品やインタビューで聞いた内容について、改めてまとめてみたいと思っているのだけれど、さてどこまで公開しておいたんだったかな?



 今月27日はレイ・ハラカミ rei harakami さんの命日。1年前の夏、彼が作った新しいトラックを使ってのファイナルミックスを終えた直後、1時間と経たないうちに訃報が飛び込んできたんだった。その突然の死から1年が経つのかとの感慨を浮かべつつ、再び彼の音楽を聴いている。



 昨年の大震災以降、「強い」音がすっかり苦手になってしまった。振り返ってみると、この1年間とりわけ繰り返し聴いたのは Toko Blaze と rei harakami だったかもしれない。



 2人の奏でる音はひたすら耳に心地よい。けれども決してそれだけではない。どこまでも奥深い優しさを感じる。自分はそこに惹かれ続けているのだと思う。





(2012.07.31 整理/記)
[PR]
by desertjazz | 2012-07-25 23:58 | 音 - Music

Sam Karpienia "Forabandit"

d0010432_19553389.jpg

 6月にフランスでリリースされた新譜 "Forabandit" を最近よく聴いている。フランス・マルセイユのサム・カルピエニア Sam Karpienia、トルコのウラシュ・ヨズデミール Ulas Ozdemir、イランのビージャン・シェミラニ Bijan Chemirani の3人によるアルバムで、對馬さんのこの記事によると「フォラバンディ」とは「追放された悪党」を意味する新造語だとのこと。

 このアルバムを知ったのも、やはりここを読んでのこと。私がほとんど唯一読んでいるブログである「カストール爺の生活と意見」は、オクシタニア/マルセイユを中心にフランス音楽に興味を持っている自分にとって大切な情報源だ(と言いながら、数週間おき思い出す度に拝読している程度なのだが)。アルバム内容についても詳述されているので、ライナーノーツ的に利用させていただいた。


d0010432_19554996.jpg

 オクシタニアとトルコ/アナトリアの古詩にメロディーをつけ、サムのマンドーラと、トルコとイランの伝統楽器で伴奏して歌っている。このようなスタイルは、マルセイユの詩人 Victor Gelu の詩を歌った作品集 "Poete du peuple marseillais Chansons provencales Victor Gelu" を思い出させる(Dupain、D'aqui Dub、Jan-Mari Carlotti、Massilia Sound System、Lo Cor de la Plana、Lei Coralas dau Lamparo、Chin Na Na Poun が参加。マルセイユと北イタリアの蒼々たるメンツばかり)。

 ちなみにビージャン・シェミラニはオネイラ Oneira のメンバーだとのこと。オネイラにはデュパンの元メンバーも加わっているので、彼とサムとの結びつきになるほどと思った次第。

 この "Forabandit" を聴いて魅力を感じるのは、何と言ってもサムの歌とマンドーラの音。サムの歌声はデュパンでもソロでも、その力強さと独特な声色が印象的なのだが、今作も情念の籠った歌い口が溜まらなくいい。「アルジェリアのシャアビを象徴する楽器マンドーラ」も、シャアビなどで聴くときよりもずっと情感が強い。

 これは地味な音楽だし、決して万人向けな作品ではない。しかし自分にとっては今年のベストアルバムのひとつになることは間違いない。


(このCDは日本に入っていないようだったので、Amazon.uk にオーダーした。フランスから取り寄せるよりも安くて£8.98、1200円弱。Amazon.uk は本当に安い。米盤もフランス盤もほとんどここから買っている。…と思ったら、7/29に国内盤も出るらしい。邦題:『吟遊詩人の出会いと対話』)




d0010432_1956649.jpg

 サム・カルピエニアであとひとつ、繰り返し聴いて病み付きになっているのは「ソロ・ライブ」音源。彼の myspace にアップされている 'Poble de Montanha'、'Camin de Morgiu'、'Cada Vouta' がとにかくいい。こうした録音は是非ともCD化して欲しい。

 幸運にもサムはデュパンで1回、自身のトリオで2回、ライブを観ることができたが、最近アルジェリアなど各地で行っているソロ・ライブも観てみたい。そう思って彼のライブ・スケジュールをチェックしてみたら、ガシャ・エンペガ Gacha Empega(NHK『Amazing Voice』出演以来、日本でも注目度が上がっている Lo Cor de la Plana 率いるマニュ・テロン Manu Theron とのユニット)のライブも発表されていた(10/6にマルセイユで開かれる option Festival le POK、さすがにこれには行けないな)。サムにしても Lo Cor de la Plana の新作をリリースしたマニュにしても、相変らず様々なセッションをかけまわって忙しそうだ。




 先月の転居の際、荷造り作業中はもっぱら MacBook でトコ・ブラーズ Toko Blaze の近作 "L'homme qu'on appelle..." と "Urban Griot" を聴いていた。やはり今でもマルセイユの音楽が真っ先に気になる。そのトコが新作 "Bleu de Shanghai" をリリースするらしい … ?? 現在確認作業中。





[PR]
by desertjazz | 2012-07-22 19:00 | 音 - Music

d0010432_21422194.jpg

 ポール・セローの『ゴースト・トレインは東の星へ』を読了。2月に読み終えた『ダーク・スター・サファリ』がとても内容の深い作品だったので、彼の旅行記をもう一冊読んでみることにした。今回も読み応えたっぷりだった。

 旅は誰かが書いたものを読むより、自ら旅立ち体験した方が面白いに決まっている。しかしポール・セローのこうした作品に接すると、旅について「読む」楽しみも感じる。旅行文学が成立する所以だろう。

 『ダーク・スター・サファリ』ではアフリカ大陸の東側をエジプトから南アまで下っていく。『ゴースト・トレインは東の星へ』ではロンドンからアジア諸国を訪ね歩き日本まで、それからシベリア鉄道を西に向かいロンドンへ戻る。この2冊を読んで、ポール・セローは「プロの旅人」だと思った。

 まず鉄道(多くは寝台列車)を使って移動していくというスタイルを確立しており、そのことで旅が一本芯の通ったものになっている。次に、訪ね歩く先は大都市や観光地に限定せず、小さな村落での探索も重視している。そして人との出会いと会話をとても大切にしていることも重要なポイント。超有名人から市井の人々まで分け隔てせず、彼らとのやりとりを自らの思索に結びつけていく(アフリカでは2人のノーベル文学賞作家、トルコでは同じくノーベル賞作家のオルハン・パムク、インドではチャール皇太子、日本では村上春樹に会いにいく。父、妻、戦争、オウムなどについて語る村上の部分は、彼のファンには一読の価値あり)。そうした上で、土地をじっくり観察し、その歴史と絡めて、考察をぐっと深めていく。

 誰にとってもここまでの旅はなかなか難しいだろう。特に彼の旅は「長旅」なので、それだけで一般人にはほとんど無理。そこにも旅行文学を読むことの意味がある。著者に導かれ、やがて一体化して旅している気分になれるというのは、味わいのある読書だ。

 ポール・セローはそのように国や土地、そこでの暮らしを読み手に紹介するに留まらない。彼の旅行記は次第に自分自身の内部を見つめるものへと深まっていく。誰もが読んで楽しめる作品であると同時に、彼の個人的な記憶や思索や苦悩の記録でもある。

 そうした両面が色濃く現れるのが、かつて生活し働いたウガンダ、マラウイ、シンガポールの章。批判は手厳しいし、ちょっと悪辣ともとれる記述もある(人物描写が度を超していると感じることもしばしば)。

 旅先で極めて美しい光景に出会った喜びは感動的に描く。その一方で、瞬時でも留まることが苦痛だと嘆いてしまう国や街の描写も多い。その両者に通底するのは土地や人に対する愛情だと思う。損なわれてしまった世界に対する哀しみが伝わってくるのだ。歴史や体制への痛切な批判の裏には底辺の人々に対する同情が感じられる。ベトナムではひとりのアメリカ人としての反省があり、そしてアフリカでは、彼らを救うには世界が、そして自分が何をできるかと考え続ける(半端なことをするのは逆効果との結論。また懐かしの地で裏切られもする)。

 ポール・セローの個人的感想とは言え、読んでいて行く気が減じてしまった国が多い。今さら自分がそこを訪ね歩いても、何も得られないし、何も与えられないという気しかしない。そんな国に対しても、読んでいてやはり旅心がくすぐられる。ポール・セローの真似などとてもできないが、これからの旅について考える上でとても有益な案内書だった。





 この2冊を読んで痛感したことは、旅は「滞在型」よりも「移動型」が本来の姿だということと、人との出会いが一番記憶に残るということ。バックパックひとつで中国やアフリカ南部を旅したことや、アジアの路地や田んぼでの様々な出会いなど、自分自身の個人的体験をあれこれ思い出した。このことは書き始めると長くなるので、いつか改めて綴るか、誰かと語り合ってみたい。





 『ゴースト・トレインは東の星へ』で、今年読了した本がちょうど50冊。ここ数年と比較するとスローペース。昨年からじっくり読もうと取り組んでいる本もどれも進まない。他にもやりかけていることがことごとく中途半端なまま。今年はすでに海外に2度行き、国内出張も多く、加えて突然の転勤などで、まともな時間を確保しにくくなっているので、まあ仕方ないだろう。





[PR]
by desertjazz | 2012-07-17 20:00 | 本 - Readings

I Love Philly Soul !!

d0010432_23361584.jpg

 イギリスにオーダーしていた "Philadelphia International Records : The 40th Anniversary Box Set" が今日届いた。CD を買ったのは1ヶ月以上振りで、今夜、早速聴き始めている。

 フィリーソウルの名曲群をリマスターした限定版10CDボックス(全165トラック)。ブックレットには全曲解説と詳細なディスコグラフィーが掲載されている。これで約34ポンド(約4500円)というのはとっても安い(ここでは£41.39と表示されているが、税金の関係でもっと安かった)。

 The O'Jays も Harold Mevin & The Blue Notes も Teddy Pendergrass も昔から大好き。このレーベルのサウンドはどれもが、華麗でオシャレでダンサブルで、いつ聴いてもハッピーな気分にさせてくれる。中でも The O'Jays の 'I Love Music' は極め付きナンバーだな。

 結局のところ自分の好みは年を重ねても変わらないのだろう。今月のスケジュールは超ハードだけれど、このボックスがあるだけで何とか乗り切れそうだ。





[PR]
by desertjazz | 2012-07-13 23:30 | 音 - Music

d0010432_197218.jpg

 モロッコのヒップホップ・ユニット、フナイール Fnaire の新作 "Al Basma" が最近のお気に入り。

 今年5月21日にリリースされたこの新作は、"Yed El Henna"(2007)から5年振りのセカンド・アルバムということになるのだろうか。今作も3人組に変わりなくみえるが、メンバーは変更になったらしい(メンバーの誰かが死亡したためと、しばらく前にサラーム海上さんがツイートしていた記憶がある)。

 基本はあくまでもラップ/ヒップホップ。けれども、モロッコ(マグレブ)的なサウンドでもある。ダークなイントロで始まるタイトルチューン、シャービ的な情感たっぷりな 'Hdé Rasek'、トゥアレグのデザートブルースを思いっきりポップにしたような 'R'mel'、壮大なアフリカン・アンセム 'Ifriquia'、ノリのよい先行シングル 'Hamra & Khadra'、ビラル Bilal をフィーチャーした 'Golih Goleh'、しっとりしたラストの 'Why' と、曲ごとに表情の変化が富んでいる。まだまだ前作の方が勝っている印象ながら、今作も悪くない。


d0010432_1971444.jpg

 しかし、最近のフナイールで抜群に良かったはサミラ・サイード Samira Said と組んでのシングル 'Be W1nner'。特に Remix Version (Tizaf Remix) が最高。個人的には今年のベスト・チューンのひとつだ。繰り返し聴き続けているけど、ホントに気持ちがいい。

 不思議なのは、これの Original Version の収録盤が見当たらないこと。YouTube にはアップされているのに。まあ本気で探すことをしていないからなのかも知れないが。2つのヴァージョンを比較するとサミーラの歌声が全面展開する Remix の方が好きだな。もうメロメロになってしまう。




 引越などで忙しく、レコード店にも長いこと行っていない。ここ1ヶ月間に買ったのもこの "Al Basma"1枚のみ。それも iTunes でダウンロードしたものだ(CD も探してみたが、まだ見当たらない)。

 最近ようやく少し余裕が生まれてきたので、近作/新作のチェックを始めた。案外見逃していたものが多く、それらの中で気になるものはオーダー/プレオーダーしてみた。届いたらどれか取り上げて書いてみることにしよう。





[PR]
by desertjazz | 2012-07-11 20:00 | 音 - Africa

Forest Beat:森から森へ

 転居してちょうど1ヶ月。ここに続く「森の話」。

(友人たちへの挨拶にかえて)




 住まいは広さと間取りも重要だけれど、明るいことと、静かなことと、風通しがいいことも、ほとんど絶対条件。函館、横浜、大阪と、閑静なエリアにあるマンションの上層階/南向きで、見晴らしのよいところばかり探して住んでいた(大阪だけは西向きだったが、隣が小学校のグラウンドだったので、日当りも見通しも最高だった)。

 今回も相当に苦労した結果、採光、静けさ、風通しのいずれにも十分満足できる部屋に出会うことができた。住宅街の高台にある低層マンションの最上階/南向きなので、日差しは十分だし、とにかく静か。まるで近隣には誰もいないのではないかと思うほど。

 入居してから気がついたのだが、南方正面には道をはさんで神社が隣接しており、そこの森が豊かな緑を茂らせている。これならベランダの先に高層建築が建つ可能性はほぼ皆無で、見通し良い眺望をずっと楽しめそうだ。

d0010432_23423218.jpg
d0010432_23424766.jpg
d0010432_23425996.jpg
d0010432_23431216.jpg
d0010432_23432324.jpg

 この神社、早速早朝や夕刻に散策を楽しんでいる。なんともいい空間だ。

 ここの小さな森というか樹々は、早朝とても賑やか。午前4時半頃から様々な鳥たちが順に囁き始めて、ちょっと騒々しいくらいにもなる。だけど、この響きがとても心地よいんだな。鳴く鳥の種類が徐々に変化していって、まるで音のグラデーションを描いているかのよう。ちょっと聞き憶えのない声も混じっていることにも耳が惹かれたりも。周辺は本当に静かなのだけれど、鳥たちのさえずりは1日を通して楽しめる。そのような訳で、わざわざ音楽を流してこの静けさを乱す?のが勿体なくなることもしばしば。

(諸事情があって当面は本やレコードを自由に買える余裕がなくなってしまった。なので今年後半は極力、本もCDも買わないつもり。幸い隣には大きな図書館があるので、ここで借りて読んだり、昔読んだ本を読み返したりしたいと考えている。部屋のレイアウトも、買い集めたジャズのアナログ盤をじっくり聴き返そうというコンセプトで整理を続けている。)

 さすがに寝不足気味にもなりそうだけれど、自然の音で目覚めるというのは幸せなことだと思う。なるべく朝型生活を心がけることにしよう。これは、なんだか「森の音」好きがもたらした巡り合わせかのよう。



 今度の住まいには数名程度であれば泊まっていただくことも可能です。「新・酒乱院」(New Shuranin)にどうぞお越し下さい。お待ちしております。






[PR]
by desertjazz | 2012-07-11 00:00 | 旅 - Japan

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31