d0010432_15413176.jpg

 思い返してみると、2006年にマルセイユの Fiesta des Suds で観たワイスター Oai Star のステージには、フェス全体の主役の感があった。盟友 Moussu T & Le Jovents がサブステージだったのに対して、彼らはメインステージでの堂々たるアクト。Coldcut に続いて登場した彼らは力強いオクシタン流ラガロックを聴かせてくれた。プレスリーなのかスーパーマンなのか分からない格好の大男まで従えて、飛び回り踊り回り、オーディンスを煽り遊ばせて、正にやりたい放題。お待ちかね最新アルバム "Va A Lourdes" (2005) からの大ヒットナンバー 'And I Smoke...' では「I smoke marijuana every day」の大合唱。こちらもつられて、笑いっぱなしで、一緒に歌い楽しんだ実に素晴らしいステージだった。

d0010432_16173698.jpg
(Fiesta des Suds 2006, Photo by D)

 知られているように、ワイスターはマッシリア・サウンド・システム Massilia Sound System の追っかけだったガリ Gari とリュクス B Lux B、それに同じくマッシリアのギタリスト、ブルー Blu らによって結成されたバンド。言うなればマッシリアの弟分だ。私が彼らのライブを観た時点ですでにブルーは脱退していたものの(バックステージで、マッシリアのタトゥー Tatou、ブルー、マネージャーのマニュ Manue さんらと話をした際、「忙し過ぎて」ワイスターでの活動を継続できなくなったとのことだった)、ガリとリュクスというフロント MC 2人が率いるワイスターはますます走り続けることだろうと思えた。

 しかしそうした期待は悲劇的に打ち崩されることになる。リュクス B が難病に倒れ(2007年にトゥールーズで会ったタトゥーが語ってくれたところによると、予期せぬ悪性の院内感染だったらしい)、闘病のかいもなく他界。その後、ガリたちは何とか新作 "Manifesta" (2009) をリリースするも、的を外したエレクトロなサウンドは見事に空振り。結局、ワイスターは解散してしまう。

d0010432_1714018.jpg

 最近も本体マッシリア・サウンド・システムの活動が絶えず伝わってくるので、ガリも元気でやっていることだろうと想像していた。そんな折、メールで送られて来た今年の Fiesta des Suds のアーティスト・リストを見て驚いた。ガリが単独でエントリーされているではないか。慌てて調べてみると、ソロ・アルバム "Camarade Lezard" も今年2月にすでにリリース済みだ。全然気がつかなかった。情報をどこにも見かけた記憶がないな。

 そのようなことで早速このアルバムをフランスから取り寄せて聴いてみた。最初に抱いた感想は、ワイスターと比較するとかなり穏やかなサウンドだなということ。冒頭のギターがあまりにダークな音色だからだろうか、ガリの切々とした歌を聴かせるアルバムだからだろうか、それとも相棒を失ったという事実が聴く方の頭にこびりついているからだろうか。元々ガリはそんなに上手い歌手じゃない。なのでこうした歌ものを聴くと、どうにも彼の歌に無理が感じられてしかたない。

 それでも繰り返し聴くごとに印象が改まって、実に味わい深い作品集であることが伝わってきた。まず認められるのはガリの卓越したソングライティングのセンス。バラエティー豊かな曲が集まってもいる。ワイスターゆずりの楽しいメロディーも散りばめられてる。曲によっては音が弾んでとても陽気な気分になる。一度聴いたとき、どうしてあれほど悲しく感じられてしまったのだろうか?(ちなみに1曲目はゼブダ Zebda のマジッド・シェルフィー Magyd Chefri との共作)

 ワイスター時代よりもロック色が薄まったアコースティックなサウンドが多い。その核となっているのは、Moussu T がそうであったように今回もブルーだ。アレンジに、ギターとバンジョーの演奏にと、とても大きな役割を果たしている(Moussu T のときと同様にバンジョーがいい。個人的には本当に好きだな)。そうした作用からか、Moussu T 的なサウンドにも聞こえてくる。ガリの歌を様々な楽器やコーラスが取り囲んだときサウンドは最高だ。これは絶対ライブで盛り上がるに違いない。

 タイトルを訳すと「ともだちトカゲ」とでもなるのだろうか? ブックレットには熱帯を連想させるヴィンテージな写真がたくさん収められている。かなりノスタルジックな雰囲気で、ガリのポートレートもどこか虚ろな表情(最初にこのブックレットを見たから、悲しいアルバムに聞こえたのだろう)。一体どんなことを歌っているのだろう。全曲歌詞が掲載されているが、私はフランス語を解さないので、残念ながら分からない。フランス語に長けた方の解説を拝読したいところだ。

 ところでマルセイユは来年 EU の首都の役を担う。恐らくそれに向けてだろう、ここ何年も続いた都市整備もそろそろ完了するはず。Marseille-Provence 2013 というウェブサイトも立上がって、関連イベントも順次発表になっている。そして伝えられるところによると、そのアンセムをガリが歌うらしい。どうしてマッシリアじゃないの?といった疑問も浮かぶのだが。いや、写真に映る姿を見ても、歌声を聞いても、歳を重ねた味や風格といったものが感じられるようになった。今回のソロ作も正に味で聞かせるといった趣だ。かつてマッシリアやワイスターのステージでやんちゃに弾けていたころとは大違い(いや、それは今も変わらないのかな?)。

 今一度ブルーという力強いサポートを得たガリが、再びマルセイユの顔役へと堂々と戻ってくれること、ガリ自身も私たちファンもリュクス B を失った哀しみを乗り越えて、彼の新しいサウンドを楽しく分かち合える瞬間を、本当に心から待っている。ガリの元気な姿を早く観たい!






(追記)

1)このソロでの新作。聴けば聴くだけよくって、どんどん楽しくなってくる。このレビューも書き直した方がよさそうなくらい。

2)"Manifesta" を久し振りに聴いてみた。曲そのものは決して悪くない。問題なのはやはりあのピコピコサウンドなのだろうか?

3)フランスの音楽関係者に問い合わせてみたところ、残念ながらこのアルバム、フランスですら余り話題になっていないそう。不思議だ。

4)MP 2013 のテーマ曲について新たな情報が入ってきたのだけれど、検索してもまだどこにも公表されていない。このブログで取り上げることもしばし保留中。

5)"Camarade Lezard" がやっと渋谷 El Sur Records に入荷した模様。ホントいいアルバムです。聴いてください!


6)6年前の Fiesta des Suds、Coldcut と Oai Star はそれぞれ別の日のステージだった(どうでもいいレベルのことですが、後で直します)。


(2012.09.28)





[PR]
by desertjazz | 2012-08-19 17:00 | 音 - Music

d0010432_22575187.jpg

 今日の夕方、所用と相談事あって El Sur に立ち寄ったら、こんなCDを見つけた。タイトル通り南アのタウンシップ・ジャイヴやクウェーラなどをコンパイルしたもの。20世紀中葉に南アの黒人たちが産み出し興隆したジャイヴ系ミュージックも大好きなので、嬉しい収穫だ。スウィング感たっぷりで、陽気で前向きなサウンドは、いつでも心を浮き立たせてくれる。

 収録トラック16曲全て、ILAM が所有するSP盤らしい。ILAM (The International Library of African Music) は南ア、グラハムズタウンにあるローズ大学に付属する研究所(→ 参考ページ)。と言うよりも、ヒュー・トレイシー Hugh Tracey の資料を保管しているところと書いた方が話は早いだろうか。

 ローデシア(現在のジンバブウェ)の農場で育ったトレイシーは若いうちから黒人労働者の歌や音楽に惹かれ、彼らの音楽を採録/研究する道に進んだ。それがやがて南アのレコード会社に黒人音楽の録音/発売まで進言するに至ったのだから、ある意味でこのCDに収められた曲の数々もトレイシーの遺産と言っていいだろう。

 Miriam Makeba とペニーホイッスルの Spokes Mashiyane の加わった The Skylarks の2曲を始め楽しい歌と演奏がずらっと並ぶ。音的にちょっと面白い演奏も。ざっと聴いた感じでは、初めて聴く録音が多そうだ。できることなら続編も出して欲しいな。

 クレジットには「2011年」とあるので、昨年発売されたのだろうか。オランダの Eddy de Clercq なる人物が運営する Soulsafari からのリリース。彼がどういった経緯で ILAM の音源を使えるようになったのかは不明(実際に ILAM の管理シールの貼られたSPから盤起こししているようだ)。そういえば、ILAM のヒュー・トレイシー音源をリマスターしてCDシリーズ化した SWP (Sharp Wood Production) もオランダの会社だった。何かつながりがあるのだろうか?




 ところで、Soulsafari ブログには El Sur 店主の原田さんが紹介されていて、一部で話題になっている(?)

diggin' in Japan vol 4-El Sur Records Tokyo-interview with Takashi Harada





[PR]
by desertjazz | 2012-08-09 23:00 | 音 - Africa

New Disc : Antibalas "Antibalas"

d0010432_23164037.jpg

 アンティバラス Antibalas の新作が到着。タイトルはずばり "Antibalas" !!

 早速今聴いている最中なのだけれど、ハード・ドライヴィンなインプロビゼーションを前面に押し出した王道アフロビートといった印象だ。ホーンズはダイナミックで切れ味鋭いし、リズム/パーカッションは70年代前半のフェラ的だし(それぞれのビートの刻み方にそう感じられる。例えば 'RofoRofo Fight' を連想させるトラックも)、リードヴォーカルの Amayo と女声コーラスとのコール&レスポンスもあり。エレピやサックスのソロもたっぷりビコビコ、ブリブリ。パリッと立上がる音の質感やスピード感も実にいい。フェラが築き上げたアフロビート、その各時代のコアエッセンスを混ぜ込んで再構築したとでもいった感じか。いやホント、原点回帰したかのようなフェラ・クティっぽさが漲っている。

 年内には Akoya Afrobeat の新作がリリースされそうだし、11月の Seun Kuti の来日公演の前には Antibalas のライブも観に行く予定。どうやら今年は「アフロビートの秋」になりそうだ。




(今夜は本日発売になったマレウレウ Marewrew のファースト・フルアルバムについて書こうかと思った。でもある悲劇におそわれ出来なくなってしまった。ツイートしたので、もう書かないけれど…。)





[PR]
by desertjazz | 2012-08-08 23:00 | 音 - Africa

Seun Kuti 再来日決定!

d0010432_231169.jpg

 今月2日で Fela Kuti 没後15年も経ったのか、などと思っていたら、息子 Seun Kuti の再来日が決まり5日に発表になった。しかも待望の単独公演である。

・11/20(火)東京 渋谷クアトロ
・11/21(水)大阪 梅田クアトロ

Smash の公式ページ

 過去フジロックに何度か(今夏が2度目だったのかな?)出演したものの、いずれも観に行くチャンスを逃していた(夏にはスキヤキがあるし、フジは日程的にキツく、体力的にも自信がない)。

 兄の Femi Kuti のステージは、ダカール新宿ロンドン、レゴスと4回も観てるのに、Seun の方は見逃してばかり。でもこれでやっと彼のステージを観ることができそうだ。最新作 "From Africa With Fury: Rise" が素晴らしいかったことでもあるし、クアトロ、盛り上がるだろうなぁ。


(かつてサイト ForestBeat/DesertJazz にアップした写真は、方法をよくわかっていなくて圧縮しすぎで汚い。レゴスの写真に至っては行方不明? 全然整理ができていないな。)





[PR]
by desertjazz | 2012-08-07 00:00 | 音 - Africa

d0010432_14455582.jpg

 夏の大定番は何と言ってもパームワインミュージックだ。暑い夏の昼には、冷えたビールか白ワインを片手にパームワインミュージックを聴いて涼むひとときが、幸せな気分をもらたしてくれる。何度も書いている通り、毎年ヘビーローテーションになるパームワインのアルバムはシエラレオーネのアブドゥル・ティージェー Abdul Tee-Jay の "Palm Wine A Go-Go"。けれども今は Koo Nimo の新作を聴いていて涼やかになっている。

 コー・ニモ Koo Nimo はガーナの大ベテラン(アシャンティ生まれ)。生年が1934年だというから今年で78歳か。その彼が今も現役で、しかも新作を出すという情報に接したときには、正直ちょっと耳を疑った。もちろん喜んで Pre-Order したのだけれど。その新作 "Highlife Roots Revival" が7月30日にリリースされ、先週イギリスから送られて来た。

 今作も Koo Nimo の自然体な歌とギターを中心にしたサウンドが心地よくていい。やや全体的に音がガチャガチャしてしまっている感もあるけれど、これは "Palm Wine A Go-Go" のまろやかさに慣れ過ぎたせいだろうか?


d0010432_14461624.jpg

 Koo Nimo のCDをラックから探してみると、出て来たのはこの3枚。もっとあったような気もしたのだが…。今度はこれらも久し振りに聴いてみよう。




 自分はエアコンの冷気が苦手なので、今年もまだエアコンを全く使っていない(そういえば新居のエアコンの動作確認すらしていないな)。無理な節電をしようというのではなく、夏らしい音楽を聴いたり、ベランダで読書したり、あるいは部屋の中に外の風を思いっきり入れる過ごし方が自分の好みだということ。もちろん汗は思いっきりかくけれど、まるで東南アジアか熱帯アフリカに戻ったような感覚になって、そんなことも楽しんでいる。たっぷり汗をかいた後は、1日2回も3回もシャワーを浴びればいいし、Tシャツもその度に交換すればすむことだ。

 …と話を無茶振りしたところで、渋谷の El Sur Records が開店15周年を記念してTシャツを作成した。さっそく入手して使っている。フランスあたりでアーティストに会ったときも、記念に彼らのTシャツをくれることが多い。日本の夏もだんだん熱帯化してきた感があるので、こうしたTシャツがたくさんあるのは助かります。

d0010432_14463778.jpg





[PR]
by desertjazz | 2012-08-06 14:00 | 音 - Africa

New Discs : Gambian Pop

d0010432_0161385.jpg

 セネガルに国土のほとんどを囲まれた西アフリカの小国ガンビア。この国を代表するバンドは Super Eagles とそれが後年改名した Ifang Bondi、そして Guelewar の3つ。実際、世界的に知られているこの国の60〜80年代のポップ・アルバムは彼らの作品だけだろう。なので、ガンビア盤の蒐集対象は以下のディスコグラフィーに掲載したレコードのみと言ってよかった。

DISCOGRAPHY OF SUPER EAGLES / IFANG BONDI
DISCOGRAPHY OF ORCHESTRE GUELEWAR DE BANJUL

 そこに突然全く知らなかったガンビア音源が相次いでCD化されたものだから、驚かされているところだ。


・ Guelewar "Halleli N'Dakarou" (Teranga Beat TBCD014, 2012)

 これは Guelewar(グェレワー、あるいはグェレワルと発音/表記すればいいのだろうか?)の全くの未発表音源。1982年にセネガルのカオラックのクラブでライブ録音されたものの、アルバムリリースされずにお蔵入りになっていた。荒削りで冗長ながらも、ミニモーグを中心にしたサイケで熱いサウンドを楽しめる。

 ライナーを読むと Guelewar の活動期間は1972〜75年の3年間ほどで、この時期にレコーディングは行われていない。70年代末に再結成するも、それは中心メンバー(リードギター)Bai Janha 抜き(彼は Ifang Bondi に参加)。79〜82年にリリースされた4枚のLPはこの Guelewar II によるレコーディングで、しかもメンバーが満足していなかったものを、ほとんど勝手に発売されてしまったらしい。これが、4枚ともレーベルが異なり、メンバーの写真も全く使われていない理由だという。Bai Janha がクレジットされていない理由も明らかになった。

(6トラック目が Youssou N'Dour のよく知られたフレージングにそっくり。このあたりについても調べなくては。)


・Guelewar "Touki Ba Banjul : Acid Trip From Banjul To Dakar" (Kindred Spirits KSRE9CD, 2012)

 さらに発掘音源が!?と思って取り寄せてみたら、単にオリジナルLP4枚からコンパイルしたアルバムだった(まだ未聴だけれど)。Guelewar のオリジナル盤を持っていない方には便利なCDかも知れない。


・Karantamba "Ndigal" (Teranga Beat TBCD015, 2012)

 Super Eagles の前身バンド、Guelewar、Ifang Bondi とガンビア最重要バンドを渡り歩いた Bai Janhaが結成したバンド Karatamba の未発表録音。1984年にセネガルのチエスの名門ナイトクラブ Sangomar で録音されている。ンバラ感の加わったダイナミックなライブ味溢れる重厚なサウンドが溜まらない。Youssou の Super Etoile がセネガル同胞向けにプレイしたときのライブサウンドなども彷彿とさせる。

 Guelewar と同様に、荒削りで冗長といった欠点はあるものの、個人的には大好きなサウンド。ガンビアン・ポップを聴くと、伝統音楽やロック、ソウルなどをカバーしながらも、そこから抜け出たマンディングポップを産み出そうという熱意、ンバラからプレ=ンバラ至る過程、それがセネガルの音楽と相互作用して発展してきた様子が垣間見えて実に興味深い。

 60〜80年代のセネガンビアのポップミュージックの歴史について誰がじっくり書いてくれないものかと昔から期待しているのだけれど、いまだにその気配はない。ナイジェリアやコンゴに較べるとセネガンビアへの関心は劣ってしまうだろうから、読み手も少なく難しいのかも知れない。

(このCDについて不満なのは英文ライナーノート。Bai Janha の長文回顧を掲載するのは有り難いが幾分わかりにくい。少なくとも Guelewar "Halleli N'Dakarou" のライナーを読んでおいた方がいい。ガンビアンポップについての簡単なガイダンスでも添えられていたら良かったかとも思うのだけれど、マニア向けのCDと考えたらそれはさほど重要じゃないのかな。)




 Guelewar の "Halleli N'Dakarou" も Karantamba の "Ndigal" もリリースしたのは Teranga Beat。まだリイシュー3作しかリリースしていない新興レーベルだ。けれども第1作目 Idrissa Diop - Cheikh Tidiane Tall "Diamonoye Tiopite - L'epoque de L'evolution" は昨年のベストアルバムのひとつに選んだくらいなので、ここからのリリースは気に入っている。どれもレーベルのオーナー、ギリシャの Adamantios Kafetzis が現地に趣いて発掘したオープンリール音源をリイシューしたものだ。

 Adamantios Kafetzis 氏からは昔何度かメールをいただいたことがあるけれど、きっと相当なアフリカンミュージック・クレイズなのに違いない。SWP の Michael Baird や Analog Africa の Samy Ben Redjeb とサシで語り合ったときの彼らの熱さを思い出したが、Adamantios Kafetzis 氏もそんな熱血漢なのかな?

 Teranga Beat のサイトを見ると、第4弾 "ROYAL BAND de THIÈS - KADIOR DEMB" が9月10日にリリース予定と発表されているので、これも楽しみだ。




 こうした音を聴くと、自分はアフリカの中でセネガル/ガンビアのサウンドが最も好きなんだなと、つくづく思う。もう一度じっくりリサーチし、まとめ直してみたくなってしまった(その一方で Adamantios Kafetzis の仕事振りに触れると、自分がセネガルに行く理由はもうないことも感じる)。





[PR]
by desertjazz | 2012-08-05 23:00 | 音 - Africa

New Discs

d0010432_2254183.jpg

 昨日3日は Tower Records で新譜のチェック。それから El Sur へ。ここにお邪魔するのはおよそ3ヶ月半振りだったかも知れない。

(すぐに呑みに出て打ち合わせした話は割愛/ちょっとだけツイート)

 購入したのは7枚/組。Wolfgang Dauner だとか Vijay Iyer だとか Viviane だとか Oneira だとか、以前から興味のあったアーティストのものが中心になってしまう。相変らず情報を追う暇も音楽をゆっくり聴く余裕もなかなかとれないでいるので、まあ仕方ないな(Viviane が新譜を出していることも、Oneira のセカンドが出て、それが日本盤になっていたことも知らなかった。ここ数年フランスのレコ店に行っていないからなぁ)。

 レゲエ本の何を読んでも「ジャマイカのダブプレートは米国南部のSP盤に影響を受けて生まれた」ようなことが書かれているけれど、それらが具体的にはどんなトラックだったのかに興味があった。なので、収録曲が実際どの程度聞かれていたのか分からないものの、"Jamaica Selects Jump Blues Strictly For You : Jamaican Sound System Classics 1944-1960" 3CD の編集方針は面白いと思って買ってみた。

 基本的にアナログ盤を持っているものは CD化されてもなるべく買わないことにしている。けれど、Wolfgang Douner Trio の "Dream Talk" (1964) は L+R盤LPよりも、ピアノのタッチもベースの太さもリムショットの粒だちも断然良くなっている。最近ちょこちょこ欧州ジャズのリイシュー盤を買っているところ。同じ Dauner が参加している Joki Freund の "Jogi Jazz" も CDで聴き直したくなってしまった。

 Viviane N'Dour の最新作 "Wuy Yaayooy" は、か細い印象だった彼女の歌がぐっと良くなっている感じ。バンドサウンドもライブの音に近くていい。だけどダカールのチョサンで観たときは、もっと良かったんだよなぁ。それに較べると、やや硬いというか、エッジが立ちすぎというか、金属的というか。

 このアルバムを聴いて「おやっ!」と思ったのは、Pape Thiopet と共演している6トラック目の 'Boom Bye Bye'。終盤 'Ale Samba' のフレーズをリフレインしている。'Ale Samba' は Youssou N'Dour & Le Super Etoile de Dakar のカセット "Vol.12 : JAMM - LA PAIX" に収録されている大名曲。"Vol.12 : JAMM - LA PAIX" は Youssou の全アルバムの中でも一番好き。その中でもこの 'Ale Samba' が特に気に入っているので、Viviane がこうして再び取り上げてくれたことは嬉しい。Youssou と Ouzin N'Diaye の共作で、2人一緒に歌っている(というより、Youssou を脇に従えて Ouzin がリード・ヴォーカルを担っている感じ)。

 "Vol.12 : JAMM - LA PAIX" は本当に好きで、ここ四半世紀絶えず聴き続けている数少ない作品のひとつ。ただ昔から疑問だったのは、'Ale Samba' などの素晴らしい曲をスタジオ録音しなかったこと。"Vol.12 : JAMM - LA PAIX" はセネガルでのライブ一発録音なのです。それだけ "Vol.12" の完成度が高いという証拠だと言える? だったら、せめてCD化して欲しい。絶対的にそれだけの価値がある、と断言。




 今の円高をフルに活用しよう!ということでもないけれど、イギリス、フランスやアメリカにオーダーしていたCDが連日届いている。アフリカ音楽にもいいアルバムが多いので、じっくり聴いてレビューしてみたいところ。でも、毎晩ロンドン・オリンピックをついつい観戦してしまい、気がつけば深夜2時3時。今はオリンピックを楽しむことが優先かな(一方で6時台に起きる朝型生活も継続しているので、かなり寝不足…)。

(Amazon.uk を多く利用しているが、例えば Feist "Metals" が3ポンド、Jack White "Blunderbuss" が5ポンドと、まるでウソのような価格。アフリカものも概ね10ポンド以下で買っている。こうした状況に思うところや危惧していることも多々あるのですが…。)





[PR]
by desertjazz | 2012-08-04 23:00 | 音 - Music

雑記/日記:Music Festivals

d0010432_2319517.jpg

 フジロックに行きたい、今年が第1回の東京[無形文化]祭にも行きたいな、などと思っているうちに8月になってしまった。これから先、夏〜秋のフェスにターゲットを切り替えているところ。

 今、候補に挙げているのはこれら3つ。11月にアイスランドで開催されるフェスにも誘われているのだけれど、日程が組みにくい(Rising Sun で Rovo も観たいのだが…)。


Sukiyaki Meets the World
 8/24〜8/26、富山県南砺市 福野文化創造センターヘリオス
 Gnawa Diffusion、Pernett、OKI、Sakaki Mango、etc.
 一昨年、昨年と2年続けて言ったが、どうやら今年は無理そう。
 Pernett は先日、新作 "El Mago" をリリースしたばかりなのに、来日時にまたまた新作を出すといった情報も流れている。

Sukiyaki Tokyo
 8/29(水)Gnawa Diffusion(渋谷クアトロ)
 8/30(木)Pernett(渋谷クアトロ)
 なんとかこの2つには行けそうかな?


d0010432_23555340.jpg

Fiesta des Suds
 10/19〜10/27(マルセイユ Dock)
 マルセイユに行くなら来年こそ狙い目とは思いつつも、ここ何年間か訪れていないので、今年秋のフェスティバルもチェックしている(先週金曜日にラインナップが公表された)。
 個人的に観てみたいのは、Zebda、El Gusto、Antibalas、Mulatu Astatke、Imothep、Gari Greu といったあたり。Imothep は IAM の一派。Gari Greu は Massilia Sound System/Oaister の MC の新ユニットで、Marseille 2013 のアンセムを披露してくれそうだ。





[PR]
by desertjazz | 2012-08-01 08:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31