"Chants Berberes de Kabylie"

d0010432_2164134.jpg

 アルジェリアは昨年独立50周年を迎え、それを記念して様々なコンピレーション盤が作られ(4CD クラスの力作揃い!)、アルジェリア音楽の歴史と魅力について伝える役割を果たした。先日出た Lili Boniche のアンソロジー(World Village 盤)もちょっとした注目を集めている。そして Amazigh Kateb 率いる Gnawa Diffusion がいよいよ10年振りに新作アルバムを発表(これは日本語解説を読みたいので、本日発売?の国内盤待ちにつきまだ未聴)。

 かつてのワールドミュージック・ブームのころには、日本ではライくらいしか知られていなかったように思うが、最近のリリースを通じてアルジェリア音楽の面白さが再び認められてきているのではないだろうか。そのことから考えても、連日アルジェリアの負の面ばかりが報道され語られるというのはとても残念な状況だと思う。

 そのようなことをつらつらと考えながら、今夜は 仏 Creativ Productions からリリースされたカビール(アルジェリア北部のベルベル系民族、で正しい?)のリイシューシリーズ "Chants Berberes de Kabylie" を聴いている。El Hasnaoui, Slimane Azem, Kamal Hamadi, Hanifa らによる、主にウードやダラブッカの伴奏で歌われるこうした素朴な音楽も、アルジェリアを代表する大衆歌謡のひとつと言ってよいだろう。

・ KAMAL HAMADI "KAMAL HAMADI"
・ EL HASNAOUI "EL HASNAOUI"
・ EL HASNAOUI "MAISON BLANCHE"
・ HANIFA "UNE AME BLESSEE"
・ SLIMANE AZEM "LE MALHEUR DES TEMPS"
・ SLIMANE AZEM "TASEKKURT"
・ SLIMANE AZEM & NOURREDINE MEZIANE "LA CARTE DE RESIDENCE"

 Slimane Azem と Nourredine Meziane の掛け合いによる語りものなどはモロッコの Houcine Slaoui にも通じる印象。節回しが本当に似ている。彼らの 'La Carte de Residence' は Zebda の Mossu et Hakim らによる Origines Contrôlées も取り上げていた曲。Slimane Azem & Nourredine Meziane はそのオリジナルヴァージョンなのかな(彼らの CD は 1978年のアルバム "La Carte de Residence" をそのままリイシューしたもののようだ)。

YouTube - Origines contrôlées carte de résidence


 昨年秋のモロッコ入手盤は12月初旬に半分程度まで聴いたところで中断中。相変らず音楽をじっくり聴く余裕がなくて、ベルベルやシャービのレコードにはまだほとんど手をつけられていない。それらがひと区切りついた時点で、昨年フランスで買ってきたこれらのカビールのCDを紹介しようかとも考えていたのだった。ところで Creativ Productions 盤は日本に入ってきたことがあるのだろうか?


(追記)

 聴き出したら、当然ながら後年の Zebda などとの繋がりが見えてきたり、反対に全く聴いたことのないようなスタイルの新鮮があったりと、たいへん興味深い。こうしたカビールの音楽も時間を作って掘り下げる価値がありそうだ。課題は増えるばかり…。




 ベルベルといえば、この写真。何度見ても惚れ惚れする。完璧。

d0010432_23394347.jpg




 今日からまた遠出。これから4月頃までは旅行を繰り返すことになるかも知れない。海外各所に出かける誘いやプランもあるけれど、当面は国内旅行が中心になりそう。

 …ということで、またしばらくの間はネットから離脱しがちになると思います。






[PR]
by desertjazz | 2013-01-25 00:00 | 音 - Africa

Dionysos in Marseille 2012

d0010432_21235112.jpg

 フランスのバンド、ディオニゾス Dionysos のステージは、昨年観たベストライブのひとつだった(もうひとつは Goran Bregovic )。

d0010432_21234374.jpg

 最新作 "Bird'N'Roll" は実に楽しい痛快なポップアルバムで、今でも聴く度に元気にさせられる。Fiesta des Suds では、そのタイトルさながら、真っ赤な鳥の着ぐるみが登場したり、フィナーレでは大量の赤い羽が舞い散ったり。音楽的に魅力溢れるだけでなく、エンターテインメントとしての完成度も素晴らしかった。

d0010432_2123341.jpg

 ステージに登場するなり、新作からキャッチーなタイトルチューンを披露、マチアス・マルジウが客席に飛び込んでいくものだから、会場は一気に大盛り上がり。途中別棟のドリンクエリアで休憩しつつモニター眺めていたが、それだけでもいいパフォーマンスを続けていることが伝わってきた。彼らのステージはもう一度観たい。


 今年もフランスに行けるといいなー、どこかでフェスも観たいなー、などと思いながら、昨年の諸々のことについて整理している。





[PR]
by desertjazz | 2013-01-24 00:00 | 音 - Festivals

Robert Fonseca in Marseille 2012

d0010432_0472623.jpg
(↑ click )

 過日新作をリリースし、先週には来日公演を行ったキューバの Robert Fonseca もマルセイユで観たんだった。気持ちの良いジャズ・サウンドだった。広い空間に拡散していく明朗な表情のジャズの音っていいね。サウンドチェックの時点でもう酔ってしまった。




 旅の直前に Fiesta des Suds に備えて Canon で一番明るいレンズを新調したのけれど、思ったようには撮れなかった。カメラはホント難しい(瞬間の捉え方も、そのときの設定もいまだに掴めない)。多々悪条件が重なる中、しっかり音を聴きながら、インタビューのことも考えながらだったので…。フルサイズで機材を揃え、基礎から学び直さなくてはダメかな??






[PR]
by desertjazz | 2013-01-23 00:50 | 音 - Festivals

 ここしばらくはマリとアルジェリアに関するニュースを読む日々。それでも拾った情報の全てを読み切れない。サハラが世界の中心になったような印象さえ受ける。

 そのマリ、Fatoumata Diawara が呼びかけた 'Mali-ko' (Peace / La Paix) は各所でずいぶんと話題となっているようだ。昨年彼女のアルバムを試聴したときは、あまり好みじゃないと思ったので買わなかったが、今回の楽曲の良さに惹かれてオーダーしてみた(やっぱりイギリスが安い。Amazon.uk で 8.74ポンドだった。送料抑える目的もあって、ついでにアフリカものの近作もまとめてオーダー)。

 Fatoumata Diawara と並んで活発に動いているのは Rokia Traore で、政情不安に陥っている自国を憂うメッセージを発し続けている(リンク貼り切れないほど)。自分の立ち位置を冷静に見つめている逞しさが伝わってくる。




 マリを再訪問することもアルジェリアに行くこともいよいよ叶わないのだろうか、などと考えながら、今年のフェス/ライブ情報について当たっている。一番気になる南仏オクシタン圏での動きながら、こちらの方は発表が相変らず遅い。

 そんな中、昨日驚く発表があった。英 Glastonury Festival 2013(6/26 - 6/30)の出演アーティスト一組目が明かされたのだが、それが何と Rokia Traore !! 今年は彼女への注目度が高そうだ。新作もそれに見合っただけの完成度なのだと期待したい。いや、それより彼女のライブが観たいものだ!(彼女のライブ DVD は一番好きなアフリカものライブ盤のひとつ。)

Glastonury Festival 2013

 もうひとつ気になっているフェスは 5/24 - 6/1 にモロッコの Rabat で開催される Festival Mawazine Rythmes du Monde(今年が12回目)。今年の出演アーティストはまだはっきりしないが、昨年は Fnaire や Mazagan がライブアクトしたようだ。そんなラインナップならばラバトまで行く価値がありそう。

Festival Mawazine Rythmes du Monde




 しかし、今年以降どれだけ海外に行くことができるのだろうか。経済のことはよく分からないが、安倍政権が復活してからはますます不安が募るばかりだ。素人考えでもアベノミクスなんて上手く行くとは思えない。物価と税金は上がるだろうが、所得は上がらず、失業者は減らない。そして円安の進行は止まらない。景気が回復するまでは過渡期であるとして自身に免罪符を与える危うい政策であるように見える。そうなったなら、自分に限って言えばだが、今以上に CD を買うのを我慢するだろう(もう YouTube に頼るしかない?)。反対に、旅行できるのは今のうちだし長生きしても仕方ないと腹をくくって、貯金を吐き出し今年中に行きたいところに行ってしまおうか、とも考えたくなる。


 いろいろ思うが、マリやアルジェリアも大きな問題だけれど、これからの日本への不安もずっと大きい。






[PR]
by desertjazz | 2013-01-23 00:00 | 音 - Festivals

d0010432_2021201.jpg

 昨年出た Staff Benda Bilili の新作 "Bouger Le Monde" もいまだにじっくり聴いていないな、などと思っているところに、彼らに関して気になる情報が流れてきた。

 バンド内での意見の食い違いから創設メンバー2人が脱退し、その影響で3月と4月のツアーがオールキャンセルになったとのこと。抜けたのはベースの Theo とギターの Coco で、すでに別バンドを結成したとも報じられている(?)。リーダーの Ricky と最年少の花形プレイヤー Roger(Sex Machine Man ! )は残留している模様なので、バンドは継続されるのだろうと思うが、少し心配なニュースではある。

rfi : Staff Benda Bilili, c’est presque fini
Staff Benda Bilili | Staff Benda Bilili Tour Cancelled





[PR]
by desertjazz | 2013-01-22 20:27 | 音 - Africa

Mulatu Astatke in Marseille 2012

d0010432_23422680.jpg
(↑ click )

 昨年マルセイユの Fiesta des Suds では、Mulatu Astatke だけでも100枚以上撮影したのに、全く整理できないまま。いつとりかかれるものやら。

 伝説の巨人を迎えているという会場の雰囲気は忘れられない。





[PR]
by desertjazz | 2013-01-21 00:01 | 音 - Festivals

New Ethiopian Sounds

d0010432_21583197.jpg

 今、エチオピアが来ている!?

 いやいや、このところエチオピア音楽への注目度が再び高まっている印象あり。昨年2012年は気に入った新作が(リイシューも)余りに少なくて「アフリカ音楽のベスト10」を選ぶという考えすら浮かばなかった。けれども、昨年リリースされたこの3枚はかなりいい。もし10枚決めるとしたら真っ先に選んでいたんじゃないかな。

・ Ukandanz "Yetchalal"
・ Debo Band "Debo Band"
・ Getatchew Mekuria & The Ex & Friends "Y'Anbessaw Tezeta"

 実はまだ一度ずつくらいしか聴いていないのだけれど、いずれのグループもエチオピアンと非アフリカン(主に白人で、Debo は日本人女性の参加も話題になっている)の混成チームであり、彼らが各様に新しいエチオピアン・ミュージックを生み出すことにトライしていて、それがきちんと成功していることは感じられる。個人的に特に好きになったのは Ukandanz の荒ぶれたロック的な音。どこかで「エチオピアのフィッシュボーン」といったフレーズも目にしたが、確かにそのようなサウンドだ。




 何年か前に Either/Orchestra "Live in Addis" が高く評価されたことがあったが、これ個人的にはさっぱり面白いと思わなかった。2枚組だったので通して聴くのが苦痛だったくらい(今、聴き返したら印象が違っているのかもしれないが)。昨年マルセイユの Fiesta des Suds のフォトエリアでかぶりつきで(遂に!)観た Mulatu Astatke も、洗練されたジャズ寄りの音で、エチオ度が低く、正直物足りなかった(レポートまだ全然してないね)。

 それらに対して Ukandanz は何とか機会を生み出してライブで聴きたいと思わせられるサウンドだ。Getatchew Mekuria も2CD の2枚目には 2004,09,11年のライブが収録されていて、痛烈でファンキーな音が楽しめる。




 Twitter や FB を見ているとエチオピア音楽関連のイベントが続いていて、どうやら日本国内でも注目度が高まっているようだ。1/26 には大阪で国立民族学博物館の川瀬慈助教によるエチオピア音楽について語る文化講座「熱狂エチオジャズ!」なんてものも企画されている。まだ大阪暮らしが続いていたら、これには絶対行きたいのけれど(残念ながら、当日は北海道にいる予定)。

アフリカ・カルチャー講座 in 大阪 『熱狂エチオジャズ!』
文化講座:国立民族学博物館助教が語るエチオピアの音楽−−26日に中央公会堂/大阪


(ちなみに同日26日に東京では、森田潤さんと吉本秀純さんによる「DJから見たワールド系クラブ・ミュージックの変遷」が予定されています。)




 このメモも CD をじっくり聴いて書くべきなのだろう。けれど、その前にアジスアベバ行きのフライトについて調べることについつい時間を費やしている。今は旅のプランニングしている時が最も楽しいんだな(たとえ実現しなくても)。エチオピアにはもう10年以上行っていないこともあって、再訪問したい気持ちが強まっている。




 やっぱりエチオピア、来てるなぁー。Ukandanz は日本にも来て欲しい!





[PR]
by desertjazz | 2013-01-21 00:00 | 音 - Africa

メモ:Moussu T, Akoya, etc.

 Twitter や FB は主に日記や軽いメモとして使っているが、情報収集の手段として有効。情報の早さは他のツールに勝る。そんな最近のネタ。


1)昨年秋、旅行でマルセイユ滞在中に、ラ・シオタでレコーディングが進んでいた MOUSSU T e Lei JOVENTS の新作、タイトルは "ARTEMIS" で、4月下旬?にはリリースされるようだ。

 →(追記:2月中には出る、という話もあり。)

2)ニューヨークの Akoya Afrobeat が現在スタジオに入っていて、今日が3日目(?)。そういえば昨秋出る予定だったライブ盤はどうなったのかな?

3)マリ北部の情勢が劣悪化している中、トゥアレグのグループ Tinariwen のメンバーたちが拉致された(その後開放)といった情報も流れていた。本当なのだろうか?

 などなど…。






[PR]
by desertjazz | 2013-01-20 20:00 | 音 - Music

d0010432_1950578.jpg

 いとうせいこう「想像ラジオ」(文藝2013春号)読了。ささやかな理由で読んだこの中編、いとうせいこう16年振り小説だとのこと。何ら予備知識なしに読み始めたら、午前2時36分(46分ではない)に始まるストーリーにもしやと思う。そして、少しずつその通りの種明かしがなされていく。『3月の水』など、仕掛けの数々も上手いな。P.55 の神への叫び(ほとんど慟哭)の凄まじいこと。Sとあるのは著者の実体験か? なにより「想像」することに担わせた意味。想像すれば声が聞こえる? 大震災後、このような悼み方もあるのかと感じた。

 文藝の特集でちょっと惹かれたのは、彼が選んだ10冊(いとうせいこうを作った「言葉」)と10枚(いとうせいこうを作った「音」)。レーモン・ルーセル『アフリカの印象』、ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』、オルハン・パムク『無垢の博物館』、そして土取利行の CD が入っている。個人的な趣味と重なるなぁ。土取利行の『壁画洞窟の音』(青土社)をちゃんと読んでいなかったことも思い出す。

(追記:これだけ挙げるとひねくれ者か変わり者に映るかも。いえ、10作/10枚、全体としては全うなセレクションです。もちろん Nusrad Fateh Ali Khan の "En Concert a Paris" も入っている、… と書いても若い人には意味不明かな?)

 現在、星野智幸との「対談」を読んでいる。その後の陣野俊史による「インタビュー」も楽しみ。





[PR]
by desertjazz | 2013-01-19 23:00 | 本 - Readings

 'Mali-ko' (Peace / La Paix) のビデオクリップも公開されている。

Voices United for Mali - 'Mali-ko' (Peace / La Paix)

In response to the situation in Mali, Fatoumata Diawara has gathered together over 40 of the Country's most renowned musicians to record a video and song calling for peace. The group is collectively called 'Voices United for Mali' and the track is called 'Mali-ko' (Peace / La Paix). Artists performing on the track include Amadou and Mariam, Oumou Sangare, Bassekou Kouyate, Vieux Farka Toure, Djelimady Tounkara, Toumani Diabate, Khaira Arby, Kasse Mady Diabate, Baba Salah, Afel Bocoum, Tiken Jah, Amkoullel and Habib Koite amongst many others.

 … Fatoumata Diawara の呼びかけに応じて集まったというミュージシャンたち、そうそうたる参加メンバーだなぁ。


 今夜もアルジェリアの人質事件のニュースをずっと追いながら、関連ツイートやブログを読んでいる(粕谷さんのブログも)。事件が起きたとほぼ同時にこの曲が発表になったのは、どういった巡り合わせなのだろう。




 今夜は今年初めてエル・スールへ。CD 買ったのも今年初めて。音楽を聴く時間がほとんどないので、Salif Keita の新譜も Gnawa Diffusion の新譜もまだ買っていない。今はこれからの幾つかの旅のプランニングの方を優先しているところ。しかし円安がこれ以上進むと、海外には出かけにくいし、欧米盤 CD も買いづらくなりそう。





[PR]
by desertjazz | 2013-01-18 23:00 | 音 - Africa

DJ