d0010432_16221264.jpg



 昨年のベスト・ブックの1位に選んだ、バーニー・クラウス『野生のオーケストラが聴こえる―― サウンドスケープ生態学と音楽の起源』を再読/精読してみた。やはり凄い内容だった。自分にとっては10年に1冊クラスの本かも知れない。

 バーニー・クラウス Bernie Krause は、(ピート・シーガーのいた)ウィーバーズに加入しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせた後、数々のレコーディングに参加(『ローズマリーの赤ちゃん』『地獄の黙示録』『スパイ大作戦』『トワイライト・ゾーン』『奥様は魔女』などの映画/TVシリーズやドアーズのアルバムなど)。またポール・ビーヴァーとの2人組 Beaver & Krause としての活動やソロとしての作品も多い(2004年の "Citadels of Mystery" あたりは日本でも人気のあるアルバム)。しかし今は、世界中の環境音を録音し分析・研究する音響生態学者としての姿が有名だろう。自分も 1996年に出た CDブック "Notes From the Wold - The Nature Recording Expeditions of Bernie Krause" (ellipsis art..., 1996) で彼の興味深い活動を知った(この作品はWAVEで購入。同様な方も多いのでは?)

 『野生のオーケストラ』の原著 "The Great Animal Orchestra - Finding the Origins of Music in the World's Wild Places" (2012) はたまたま Wired の記事で知って、発売直後に入手することができた。しかし、英語が苦手なためこの本もなかなか読み進まなかった。

 ところが邦訳が 2013年にとっくに出ていることを、昨年、分藤大翼さんの講演(イベント)で知り、慌てて買って読み、そして彼の語る世界にすっかり心を奪われてしまったのだった。

 ・・・前振りが長くなってしまった。

 クラウスがこの著書全編を通して強調しているのは、「ジオフォニー」(geophony : 風や水、大地の動き、雨と言った非生物が発する自然の音)と「バイオフォニー」(biophony : 人間以外の野生生物が発する音)と「アンソロフォニー」(anthorophony : 人間が発する音。電気機械の音、くしゃみや話し声などの生理的な音、音楽などの管理下の音、足音などの偶発的な音の4種類)という3者の関係の重要性/重大さだ。

 初読時それらの中で最も感銘を受けたのは、自然界の生き物たちの発する鳴き声は、周波数的/時間的/空間的に棲み分けているという事実だった。適当なジオフォニー環境の中で大小様々な生き物たちは、低音〜高音の間の異なる音域を使って音を発し、また互いに邪魔にならないタイミングで鳴いたり鳴きやんだりするという。かつて人間もそのような音空間を自然と十分に意識して暮らし、そうした中から歌や音楽が生まれてきたらしいのだ。ピグミーとともに暮らし彼らの録音を長年続けたルイス・サルノによると、ピグミーはそうした音環境の中で生きることで安らぎを得ている様子や原始の時代から歌を紡ぎ上げて行っただろうことがよく分かるという。

 対して現代社会はどうだろう。店頭から暴力的な音をばらまく商店街、暴走する車やバイク、無駄なアナウンスの嵐、、、。特に都会では、自己主張ばかりで、共生も譲り合いも失われている。こうしたことは単に「うるさい」という音環境の破壊であるに止まらず、人心のストレスや野生生物たちの生命の危機にも結びついているという。(例えば、クジラが沖に上がってくる「自殺」は、軍事目的で使われるソナーの超低音が耐えられないことからくる自死であることをこの本を読んで初めて知った。)

 音環境に関する様々な事実、それも人間が豊かに/野生生物たちが平和に生きていく上で必須な事柄ばかりが、次々と明かされていく。サウンドスケープ研究の嚆矢、R・マリー・シエーファーの『世界の調律 サウンドスケープトはなにか』はもちろん、スティーヴン・ミズン『歌うネアンデルタール 音楽と言語から見るヒトの進化』、プルースト『失われた時を求めて』、オリヴァー・サックス『音楽志向症(ミュージコリフィア) 脳神経科医と音楽に憑かれた人々』、クリストファー・スモール『ミュージッキング 音楽は<行為>である』、あるいはルイス・サルノやアントニオ・カルロス・ジョビンとの個人的やりとりも時々参照点にしながら論を進めている。

 目を見張る事柄の連続で、全てのページに興味深いことが書かれていると言えるほど。人間も動物も生きる上では資格情報より音声情報の方が重要なのではないかと思い始めるほどだった。(しかし耳も目も塞いで歩く現代人の姿は何と絶望的なことか。。。)綴っておきたいことがたっぷりあるので、この稿、後日追記するか数回に分けて書き続けることにします。







[PR]
by desertjazz | 2017-08-22 17:00 | 本 - Readings

最近のアフリカ音楽本


d0010432_12193966.jpg


 著名な野外録音家であり仏Occra の創設者でもある、シャルル・ドゥヴェルの豪華写真集 "The Photographs of Charles Duvelle" が話題のよう。それで思い出して、ここ最近気になっていたものを中心にアフリカ音楽書をまとめ買い。以下、軽く拾い読みしてのメモ。


Banning Eyre "Lion Songs - Thomas Mapfumo and the Music That Made Zimbabwe" (2015)
Jennifer W. Kyker "Oliver Mtukudzi - Living Tuku Music in Zimbabwe" (2016)
E. Obeng-Amoako Edmonds "Six Strings and a Note - Legendary Guitarist Aya Koo Nimo in His Own Words" (2016)

 まずはアフリカ音楽史上の偉人3人、ジンバブウェのトーマス・マプフーモとオリヴァー・ムトゥクジ、ガーナのパームワイン・ギタリスト、コー・ニモの自伝。時代背景や関連ミュージシャンのことも織り込みながら(当然か)詳述されている。いずれにも初めて見る写真がたっぷり掲載されていて、眺めているだけでも楽しい。コー・ニモのディスコグラフィーは有益なリスト。


John Collins "Fela : Kalakuta Notes" 2nd Edition (2015)

 2009年の 1st Edition は出てすぐに買った。なので 2nd Edition は不要かと思ってパスしていたのだが、両者の目次を比較すると若干だけ章立てが異なっている。2nd には近年の Felabration などについても言及しているようなので、一応取り寄せてみた。そしてビックリ! この2冊別物と言っていいほどに違う。1st がカラー写真満載の大型本で、テキストは写真の合間に挟まっている印象だったのが(全160ページ)、今度の 2nd はテキスト中心で、その量は数倍に増えている。写真も全てモノクロで数は多くなくクオリティーも落ちている(全330ページ)。ということはフェラ研究者なら両方とも必携だろう。

 ジョン・コリンズはガーナ在住の学者/ミュージシャンでフェラ・クティとも親交が厚かった人物(映画を共同制作していたことも有名)。彼の著した "Highlife Time" (1994) は最高のハイライフ研究者だと思っているのだけれど、ガーナのみでも出版だったので入手困難なのが残念(全280ページ)。今年秋には新刊 "Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" の出版も予告されている。

d0010432_12171442.jpg


Majemite Jaboro "The Ikoyi Prison Narratives: The Spiritualism and Political Philosophy of Fela Kuti" (2012)

 これは 2009年に出た本と全く同内容で、表紙を差し替えただけのものだった。なので買わないでいたことを、本が届いてから思い出した。これは失敗! フェラ・クティが晩年宗教に傾倒しトチ狂って経緯について詳しい、、、と以前にも紹介した記憶がある。

d0010432_12174662.jpg


 ところでシャルル・ドゥヴェルの写真集には長いインタビューが掲載されていて、彼がフェラの家(多分カラクタ)に行った話もちょっとだけ出てくる。付属CDも聴きごたえたっぷりで、トラック12 "Balante balafon (Guinea Bissaul)" のまるでスティーヴ・ライヒのような音には誰もが驚くんじゃないかな?

 これら並べて見ると古い世代の音楽についてのものばかり。新しい世代の音楽についてもまとめて読みたいところだが、最近のラップ/ヒップホップなどはネット上の情報の方が早いし役に立つ。なので出版物に頼るまでの必要はないのかも知れない。そもそもネット情報の膨大さが悩ましいのだが、、、。







[PR]
by desertjazz | 2017-08-22 12:00 | 本 - Readings

d0010432_22242954.jpg


 クロ・ペルガグの音楽世界は、とかくシュールだ、奇天烈だ、不思議だと形容され、その歌詞も意味が掴みにくい、危ない、怖いなどと語られがちである。しかし、歌詞をじっくり読みながら音楽を丹念に聴いてみたら、それまでの謎が徐々に溶け始めてきたようにも思う。

 これまでの回に書いてきたことを要約すると、表の顔と裏の顔(奥の姿)、強い面と弱い面、健全な部分と病んでいる部分といったような、人間の二面性、多重性、重層さに、クロはとても興味があって、それが彼女の作品作りの源泉になっているような気がしてきた。ファースト・アルバム "L'archimie des Monstres"(『怪物たちの錬金術』)のジャケットで少女が手にもつ仮面、あるいはバンド・デシネ B.D. (bande dessinée) 作家リュドヴィック・ドブールム Ludovic Debeurme に依頼して描かれたセカンド・アルバム "L'Étoile Thoracique"(『あばら骨の星』)のジャケットで表現された人獣二重性も、そうしたことの象徴に思えてくる。

 美しく魅惑的な音楽が奏でられるライブ・ステージもまた随所にドタバタ混じりで不思議さに満ちている。私が観てきた2回でも、クロは骸骨姿の全身スーツで現れてステージ上を転げ回り、車椅子に座ってピアノを弾き、トランポリンの上でギターを弾き語り、手品を披露したりする(2015年)。あるいは、METALLICA と描かれた馬鹿でかいワッペンを胸に貼り付け、マイケル・ジョーダン人形と巨大な骨を背負って演奏したり(2016年)。バンドメンバーたちも毎回奇抜な格好でパフォーマンスしたりと、正直意味不明な部分が多かった。ステージで繰り広げられる破天荒さには果たして深い意味があるのだろうか? それとも単に自分たちの楽しみとして/オーディエンスを楽しませるためにやっていただけか?

 クロのステージは毎度驚きや笑いがたっぷりだが、過去最大のサプライズは、何と言ってもファースト・アルバムのツアー最終日(2015年12月12日、カナダ、モンレアル)に頭を丸めてしまったことだろう。ステージ上で長い髪をバッサリ切り落とし、スキンヘッドになってパフォーマンスを続けたという。しかしこれには深い理由があった。ガンと闘う子供達のための頭髪ドナーを呼びかける目的でなされたそうだ。元々演劇を志していたクロのこと、意味不明と映るステージ演出の裏には、実はそれぞれきちんとした意味があるのかも知れない。

 それでもやっぱり、彼女の歌内容やパフォーマンスには意味を理解しがたいものが多い。でも、そんなところは自由勝手に解釈して、笑い飛ばして楽しめばいいさ。クロ・ペルガグの音楽とステージは、言葉や意味がわからないくても、ひたすら美しく、とことん楽しい。その素晴らしさは自然と伝わってくるはず。理解を超えた謎の存在もまたクロ・ワールドの魅力なのだから、謎は謎のまま残しておいて楽しんだ方がいい。

 それなのに、、、。

 今度の SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2017 において『クロ・ペルガグの美しくも不思議な世界 ~カナダの若き鬼才が語る自身の芸術~ 』と題し、私がクロ・ペルガグ本人に公開インタビューを行うこととなった(3年前のオリバー・ムトゥクジ Oliver Mtukudi、一昨年のジュピテル Jupiter に続いて今年もご指名を頂きました)。フランス語も分からない私が、ましてやインタビュアー泣かせとしても有名な(?)彼女に一体何を訊く? 果たして彼女は何を語ってくれるのか? 彼女の不思議は少しでも解き明かされるのか?

 まあ、クロ・ペルガグを初めて聴く人たちがライブを楽しむのに役に立つ話を少しでも引き出せたら、と考えています。(自分が抱く大きな謎の一つ、なぜクロは広島カープのユニフォームを時々着ているのか? その謎を解くヒントをいくつか見つけることができた。時間が許せばそのあたりのことも訊きたいな。)

 待ちに待ったクロ・ペルガグの来日公演がいよいよ目前に迫った。クロの日本でのライブ・ステージも、抜群に楽しくて素晴らしいものになること間違いない。フランスやカナダとは色々異なる趣向が施されるだろうという情報も伝わってきいる。遂に日本で観ることが叶うクロ・ペルガグ・ワールド、どうぞお見逃しなく!

 8/25〜8/27 & 8/29〜8/30、SUKIYAKI MEETS THE WORLD と SUKIYAKI TOKYO でお会いしましょう!


 ・ SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2017
 ・ SUKIYAKI TOKYO 2017







[PR]
by desertjazz | 2017-08-14 00:00 | 音 - Music

 クロ・ペルガグ本人のリーダー作は、まだ3タイトルのみ(EP1作、アルバム2作)。もっと他に聴けないだろうかと思って探してみたら、ゲスト参加曲/共演曲が7曲ほど見つかった。それらの中で特に気に入った3曲を DL 購入して聴いて楽しんでいる。


 同郷ケベックの男性シンガー VioleTT Pi との共演ナンバー。「迷路」という曲名に似つかわしい重苦しいムードで、映画の予告編のような PV も作られている。クロの切迫感を含んだ哀しい歌声がいい。

 ところでこの VioleTT Pi とは一体誰なのだろう? 本名は Karl Gagnon(らしい)。ということは彼もガニョン一族の一人か? クロの兄弟?従兄弟?それともダンナ?? セカンド・アルバム "L'Etoile Thoracique" で1曲共作しており、ファースト・アルバム関連の授賞式でもクロと同席している。(ネット検索すると、クロ以上に奇天烈な画像や動画ばかりで、結局何者なのかわからないママだ。)

d0010432_00002539.jpg


 おそらく Philippe Brach もケベックのアーティストだろう。ちょっとシュールな雰囲気の PV では、クロの姿に大人の女性らしい美しさが感じられる。

d0010432_00010495.jpg


 これも Philippe Brach との共演曲。とにかく素晴らしくて、愛聴し続けている。クロはピアノも担当しており、歌い手としてもピアノ奏者としても高い資質を示していると思う。なので、今後はより多くのアーティストたちから共演を求められるだろうし、この方向性のアルバムも聴いてみたい。

d0010432_00013183.jpg






[PR]
by desertjazz | 2017-08-06 00:00 | 音 - Music

d0010432_23112482.jpg


 本日 8/4 リリースの Randy Newman 新作 "Dark Matter" を聴いている。いやぁ〜、いいねぇ〜! 期待以上でビックリ!

 1曲目 The Great Debate がまず凄い。時折ナレーションを挟んで次々曲調が展開して行く。8分9秒って過去最長なのでは? 自然とブックレット5ページに及ぶ歌詞を追って聴くことに。

 その The Great Debate もそうなのだが、過去の楽曲を連想させる旋律やムードが随所に。まんまの引用もある。でも安易な使い回しではなく、同等な深さを感じさせる。

 基本弾き語りの雰囲気を保ちながら、自身がスコアを書いたオーケストレーションが重なり、耳に馴染んだ幸せな音空間が拡がっていく。

 この新作は過去の様々な仕事と結びついた作品だと感じさせる。"Randy Newman / Live" を連想させるタイポグラフィーがそのことを象徴しているようで、そこもいい。







[PR]
by desertjazz | 2017-08-04 23:00 | 音 - Music

d0010432_21410747.jpg
( Le Trianon, Paris 2015/04/15 : Photo by D )


 FUJI ROCK が終わって8月、いよいよ Sukiyaki Meets the World と Sukiyaki Tokyo の開催が目前に迫ってきた。今年のスキヤキはますます個性豊かなラインナップでとても楽しみなのだが、今自分が世界で一番関心を寄せているアーティストの一人、クロ・ペルガグがやってくるとあって、他のアーティストたちまでにはとても気が回らない。なので、今年は割り切ってクロちゃん一人だけを紹介し続けている。

 クロ・ペルガグというアーティストの魅力は、極めて美しく個性的なメロディー、繊細で優しく時に力強い歌声、自身の奏でるピアノとストリングス中心の多彩なサウンド、変化に富んだダイナミックなアレンジ、不思議な言葉を織り込んだシュールな?歌詞、奇抜で凝った衣装やアートワーク、などなどあらゆる面に渡る。

 そしてもうひとつ見逃せないのが、ライブ・ステージの素晴らしさだ。レコードで聴くのと比べて、切なく優しい調べと歌声はより深く心の奥に入ってくるし、艶やかなサウンドはより大胆に響く。トークを始めると爆笑の渦。奇抜な衣装、取り散らかったステージ、意味不明なパフォーマンスの数々には、果たして意味があるのか全くのナンセンスなのか? 何れにしてもオーディエンスを楽しませたい、自分も楽しんでいるんだという気持ちは伝わってくる。

 自分は幸いファースト・アルバムのツアーとセカンド・アルバムのツアーの両方のステージを楽しむことができた。その時感じたのは、あまり難しい解釈は抜きにして素直にステージの美しさをドタバタ振りを楽しめばいいのだな、ということ。

 ネットを探ると、私が観た 2015年のパリ公演が30分弱、ファースト・アルバムのツアー最終公演のダイジェストが約3分アップされている。彼女のライブに関しては、ここで語るよりは、それらをご覧いただいた方が良いだろう。

 今回のスキヤキ日本公演、さすがにここまでの演出は無理。でもクロは、最高の音楽を聴かせるばかりでなく、何か隠し球を準備して、私たちを心の底から喜ばせてもくれることだろう。

 クロ・ペルガグについて知れば知るほど、彼女は「総合芸術家」なのだと考えるようになった。日本でもそうした一端を披露してくれるに違いない。希代なアーティスト、クロ・ペルガグの初来日公演が本当に楽しみだ!







[PR]
by desertjazz | 2017-08-01 00:00 | 音 - Music

DJ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31