a Paris

d0010432_2335690.jpg
d0010432_23334471.jpg
d0010432_23352857.jpg
d0010432_233473.jpg
d0010432_23354858.jpg

[PR]
# by desertjazz | 2009-04-16 23:34

Readings

d0010432_0193961.jpg
 今週、読了+再読了した4冊。
[PR]
# by desertjazz | 2009-04-16 23:02

New Discs

d0010432_019649.jpg
d0010432_0191975.jpg
 Bobby Benson !!
[PR]
# by desertjazz | 2009-04-16 23:01

Eat & Drink in France

 ライブ目的の旅行では、美味しいレストランに行ったり、雰囲気の良いバーでゆっくり飲んだりすることができない。それが悩みのひとつであり、物足りなくもある。今回もそうした時間はほとんどなかった。なので、いつものごとく、まずはスパイス店で眼の保養をして我慢する。
d0010432_0535624.jpg
d0010432_0553839.jpg
d0010432_0541749.jpg
d0010432_0542642.jpg
d0010432_0543492.jpg

 マルセイユではK氏の見つけて来たレストランで地中海を眺めながら贅沢なランチ。
d0010432_0571649.jpg
d0010432_0555442.jpg
d0010432_056477.jpg
d0010432_1354265.jpg
d0010432_136010.jpg
d0010432_0561765.jpg
d0010432_058147.jpg
 55ユーロのコース。メインのリゾットまでに腹一杯。メチャ美味しかったチーズは軽く一口で我慢。デザートはフルーツを選択。量は凄いが何も面白みがなかった。

 ラ・シオタでは旧港沿いのレストランでランチ。
d0010432_122270.jpg
 Soup de Poisson(ブイヤベース)、8ユーロ。マルセイユの半額以下だけれど、味は一緒。
d0010432_132968.jpg
 50ピース以上入っているムール貝、8ユーロ。もちろん完食。

 マルセイユのホテルでは、いつもの通りパスティスを飲んでいた。銘柄は定番の51。Tatou に「何が好き?」と尋ねると、やはり「51が一番」と答えた。奥さんの Manue さんには「ジャノ Janot というラ・シオタのパスティスもあるよ」と教えられたので、探して見つけたのだけれど、1リットル瓶しかなくて、日本への購入持ち帰りは断念。マルセイユ滞在では毎度 Mercure Euro Centre のバーで深夜まで飲んで寛いでいたのだが、今回は行きそびれてしまったのがちょっと心残り。
 マルセイユのレストランやバーで周囲を見回すとロゼを飲んでいる人が多い。白をオーダーしたのにロゼが出されたこともあった。大好物のキールロワイヤルを頼んでも、ピンク色していたので、ロゼのスパークリングを使っていたのだろう。

 パリのホテルではもっぱらこうした安ワインを飲んでいた(4ユーロ弱)。
d0010432_1135434.jpg
 マルセイユのレストランというと、旧港エリアのレストラン群が知られているが、rue Sainte の通りの方にオシャレで美味しいレストランが集中していると思う。実際地元の若者たちで毎晩賑わっている。
d0010432_1171945.jpg
d0010432_1175564.jpg
 ここは同じ Sainte 通りにある、プロヴァンスのワインも多種類販売しているワインバー。ボトルを眺めるだけでも楽しい。

 マルセイユは美味しいクスクスも味わえる。しかし、昔訪ねて腹が膨れるくらい堪能したレストランが3軒もなくなっている(見つからない)。3年前に行った 504 は健在。凝った内装を眺めながらクスクスを味わう。クスクスのメニューは豊富で、どれも20ユーロ前後。
d0010432_1275585.jpg
d0010432_128564.jpg

[PR]
# by desertjazz | 2009-04-16 23:00

Tatou

d0010432_23564176.jpg
d0010432_23552044.jpg
d0010432_23553273.jpg
d0010432_23554386.jpg
d0010432_2357247.jpg
d0010432_23573397.jpg
d0010432_23574595.jpg
d0010432_23562536.jpg

[PR]
# by desertjazz | 2009-04-14 23:58

Lights : Babel Med Music 2009

d0010432_23335899.jpg
d0010432_23213188.jpg
d0010432_2323136.jpg
d0010432_2322860.jpg
d0010432_23353935.jpg
d0010432_23273758.jpg

[PR]
# by desertjazz | 2009-04-14 23:22

Lights : Marseille 2009

d0010432_2243031.jpg
d0010432_22431398.jpg
d0010432_22432699.jpg
d0010432_22595683.jpg
d0010432_22433655.jpg
d0010432_22434689.jpg
d0010432_2245299.jpg
d0010432_224541100.jpg
d0010432_2246920.jpg
d0010432_22442185.jpg

[PR]
# by desertjazz | 2009-04-13 22:42

Reggada / Staifi

 レッガーダについて思うこと。

(1)レッガーダは「金太郎飴」音楽。

(2)レッガーダは「刺激物」、パフュームみたいなもの。

(3)レッガーダで本当に良い曲は4曲だけ。このことは、3年前に日本にこの音楽を紹介してから言い続けている通り。後はジャラルの "3" あたりを聴けば十分。

 こうした指摘には誰もが頷く。だけれど、何か面白いものがまた見つかるのではないかと思い、ついつい新作を漁ってしまう。気がつけば、レッガーダ、それにスタイフィーのアルバムを100作以上聴いていた。

 ==========

 スタイフィーの近作紹介。
d0010432_22221843.jpg
d0010432_22225165.jpg
d0010432_22231215.jpg
d0010432_22233446.jpg
 まあ、こっちも金太郎飴です。
[PR]
# by desertjazz | 2009-04-13 22:21

 マルセイユの Babel Med Music では多くの音楽関係者たちから声をかけられた。わざわざ日本からやってきて、アーティストたちに話を聞いて回っているというだけで、目立つし珍しがられるのかも知れない。そのおかげもあって、連日他の音楽フェスティバルやコンサートへの招待を受けたり、新たな情報をいただいたりといったことが続いている。

 昨夜は Kamel el Harrachi のマネージメント(?)からメールがあった。このところ日本でも彼の女性ファンが増殖中らしいので、情報と写真を追加しておこう。
d0010432_1355124.jpg
(1)まず、彼のオフィシャルページに先のマルセイユでのステージ映像がアップされている。

(2)また、この夏のコンサート予定が発表になっている。

 May 31th 2009 - Africa Festival - Wurzburg - Germany
 June 21th 2009 - Festival Rio Loco - Toulouse - France (Casbah Club)
 July 25th 2009 - Womad Festival - Charlton Park - London - UK
d0010432_13535298.jpg
d0010432_13552983.jpg
 マルセイユのステージは 'Ya Rayah' で締めたのだが、カメルは歌わずに観客に歌わせていた。だけど、みんなキチンと揃って歌っていて感心すると同時に、そういった暖かい雰囲気を楽しむことにも。そんなところにも父が愛されていた姿を感じた。

 'Ya Rayah' は新作には入っているのだろうか? 一応会場で質問はしてみた、、、。

-----------------------------------

 昨夜は、6月にパリ郊外のバラ園で開催される音楽フェスの資料も送られて来た。

 Parfumes de Musiques 2009

 6月6〜14日の日程で今年で7回目。マダガスカルの Justin Vali の Malagasy Orchestra、マリの Super Rail Band、今話題のハイチ出身のシンガー Melissa Laveaux などが出演予定。Melissaは声が苦手(生理的に受け付けない。けれど、普通すぎて聴く気の起こらない Ayo や Asa よりはライブだったら面白いのかも知れない??)だが、いつも心地よくさせてくれる Rail Band は久しぶりに聴いてみたい気もする。他のアーティストもなかなか気になる並びだ。
d0010432_13554645.jpg
-----------------------------------

 今年はなるべく旅に出たいと考えている(昨年末以降ほぼ毎月遠出をしている)ので、またどこかの音楽フェスティバルにも出掛けられるといいのだが。

(そういえば、長年愛聴し続けてきたあのアフリカの歌姫が来日し地方公演を行う予定だそう。これにも出掛けてみたい。)
[PR]
# by desertjazz | 2009-04-11 14:15

 大好きな Orchestra Baobab の70年代の録音がまとめてリイシューされた。

 "Orchestra Baobab / La Belle Epoque" (Syllart Productions 000361)

 パリでは4月1日から店頭に並んだので、しばらくしたら日本にも入ってくるのかも知れない。
d0010432_211978.jpg
d0010432_225630.jpg
 CD2枚に1971〜77年の録音を29トラック収録。短いライナーよると1枚目は彼らがベースとしていた Baobab club で71年にライブ・レコーディングされたもの。曲目を見る限り、70年代に発表されたアルバム群からのもののよう。2枚目は不首尾に終わった77年のフランス遠征中の録音で、LP2枚+12インチ1枚の全14曲をまるごと復刻したもののようだ。
 CDには未発表録音を含むように書かれているが、パリの事務所で尋ねたところによると「初CD化」という意味らしい。果たしてそうなのかオリジナル盤と聴き比べをして、愛聴してきた70年代録音の全曲解説でもしてみたいところなのだが、このCDを聴く時間すらない有様。なので、サイト http://www.fbdj.net 内にある数年前に作成したディスコグラフィーの曲目と比較して、ご参考を。

-----------------------------------

 フランスで買ってきたCDをさっぱり聴き進められず、DVDに至っては一体いつになったら観られるのか分からない状態。なのに、今日は Tower Records であれこれ買い込んでしまった。だけれど、ブログへのアクセスが落ちないので、フランスでの入手盤紹介や簡単な旅行記くらいは少しずつでもアップした方がいいのだろうか?
[PR]
# by desertjazz | 2009-04-07 01:07

DJ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30