Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi ホスィン・スラウイ徹底研究_d0010432_10074108.jpg


■生誕100周年を迎えた「モロカン・シャアビの父」

「モロカン・シャアビの父」として崇められ、その音楽がモロッコの人々から長年愛され続けてきたホスィン・スラウイ(フスィン・スラウイ)が、今年2021年、生誕から100年(そして、4月16日で没後70年)になる。私にとって彼の音楽は、2010年代に出会い聴いた中で最大の衝撃のひとつだった。そこで、日本ではほとんど知られていない、この素晴らしい音楽家について、たっぷり紹介しよう。



# by desertjazz | 2022-04-16 00:00 | 音 - Africa

Digging DVD : Orchestra Baobab \"A Portrait of Orchestra Baobab\"_d0010432_15515513.jpg


 最近とても嬉しい収穫があった。Orchestra Baobab の PV "A Portrait of Orchestra Baobab" の DVD を入手。WorldCircuit が制作したこの長尺ビデオが、2007年にプロモーション用に DVD 化されていたなんて、これまで全く気がつかなかった。

 このビデオ、一体何度観たことだろう。個人的には見所満載なのだが、特に感慨深いのはダカールで会ったレコード店の主人が登場すること。このことは以前、ブログにも書いた。

 ・ アフリカの記憶 098 
 ・ アフリカの記憶 099

 その店主を一番若いメンバーの Assane Mboup が訪ねて行き、2人で思い出話になる。面白いのは、Assane が 75年の LP のジャケットに写るメンバーひとりひとりの名前を挙げて行くこと。

 どうして面白いかと言うと、自分もパリの楽屋で彼らに会った時、似たようなことをしたから。若い頃のバオバブのメンバーは写真からは特定しにくくて、ジャケットのカラーコピーを持って行き、直接彼らに確認したのだった。それにしても皆若い。特に Issa Cissokho は、この顔写真では分からないよ! ファーストアルバムとセカンドアルバムを出した 71年当時、まだ24歳か25歳だったから、後年会った時の顔とは大違い。

Digging DVD : Orchestra Baobab \"A Portrait of Orchestra Baobab\"_d0010432_15544992.jpg

Digging DVD : Orchestra Baobab \"A Portrait of Orchestra Baobab\"_d0010432_15545218.jpg

Digging DVD : Orchestra Baobab \"A Portrait of Orchestra Baobab\"_d0010432_15545527.jpg


 実はこの時、ちょっとした騒ぎになった。カラーコピーは5枚くらいづつプリントして行ったのだが、メンバー全員がそれらを欲しがったのだ。「みんなレコードを持っていないの !?」それならば、昔の代表作を CD-R にしてメンバーたちにプレゼントしようとまで考えたのだが、ついつい忙しくて実現できず。彼らに悪いことをしたと少し後悔している。

 ともかくこの DVD のおかげで、この作品をいつでも気軽に大画面で楽しめる(・・・と言いながら、また観ている)。






# by desertjazz | 2021-10-17 15:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>_d0010432_14015228.jpg


■ホスィン・スラウイのレコード(追加情報2)


 ホスィン・スラウイに関して、ここ半年間で最大の収穫と言えるのは、最近 SP 盤をまた新たに1枚入手したことだ。

・PV 200 : Ouiounou Hajbane(Matrix CPT 7866)/ Hal Kas Hlou(Matrix CPT 7867)


Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>_d0010432_13581070.jpg


 A面の Ouiounou Hajbane は気だるい雰囲気が印象的で、この曲は自主制作 CD に収録した(SP では "Aioun Ou Hejbane" と表記されているが、後年は異なる綴りが一般的である)。ただし SP はまだ手に入っていなかったため、マラケシュの古道具屋で見つけたシングルレコードの音をマスタリングし、どうにか他のトラックに近い音感に仕上げたのだった。今回ようやくオリジナルの SP で聴くことができたのだが、ウードの低音などはこれまで聴いてきたものより格段に太く響く。やっぱり SP の音はいい!


Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>_d0010432_13581447.jpg


 B面 Hal Kas Hlou は快活さが魅力的(SP の表記は "El Cas Ahlou")。この曲は、シングル、LP、モロッコ盤CD で持っていて聴き親しんでいた。これもなんとか CD に収録したかったのだが、シングル盤はコンディションが良くなく再生時に大きなノイズを発生し、LP にも傷があって同じくノイズが出る。どちらもリイシューするレベルの音源ではないと判断し、それで収録を断念したのだった。それらに比べると、今回入手した SP はずっと状態が良い。うまくマスタリングし、何らかの形で公開したいと考えている。

(そもそもフランスでリリースされたベスト盤 LP の音は明らかに変だ。マスター作成過程で重大なミスを犯している不良盤なのか? なので CD 用にマスタリングする際には、こちらも極めて常識外れな?音処理をして SP の音に近づけたのだった。ちなみにサブスク等で聴けるホスィン・スラウイは恐ろしいまでに劣悪なものばかり。モロッコの CD で使われたレコードも大半が状態の悪い盤だったようで、Hal Kas Hlou にも大きなノイズが入っている。加えて過度なノイズリダクションがなされたトラックが多く、SP で聴いた音とは比較にならない酷さだ。私が状態良い SP を集められたのは、幸運か奇跡だったのかもしれない。)

 これまでの SP の入手先はイスラエルやオーストラリア、そして本盤はベルギーと、実にワールドワイド。この SP も送料含めると2万円以上の出費になった。しかし、縁あって知り紹介を始めたホスィン・スラウイ。こうなれば、ライフワークのひとつ(ある種の義務)として探求を続けるしかないだろう?

 

(続く)







# by desertjazz | 2021-10-17 00:00 | 音 - Africa

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <16>_d0010432_14015228.jpg


■ホスィン・スラウイのレコード(追加情報1)

 
 今年 4月16日にホスィン・スラウイ Houcine Slaoui の自主制作 CD をリリースしてからちょうど半年。おかげさまで大好評で嬉しい限りです。ただし、ホスィン・スラウイに関する情報を広く募ることも CD を制作した理由のひとつだったものの、残念ながら今のところ新たな情報はほとんど得られていない。宣伝やマーケティングを全くせず、世に出回った CD もまだ少ないので、まあそれも仕方ないか。引き続き気長に取り組み続けることにしよう。

 リリース後に唯一得られた情報としては、ある映画の中でホスィン・スラウイの演奏シーンを再現しているとご教示いただいたことがある。3分程度の短いシーンなのだが、そのスラウイ役を実の息子であるムハンマド・スラウイが演じているのがちょっと興味深い。ホスィン・スラウイが歌い演奏する様子もこんな感じだったのだろうか。映像を観る限り、ムハンマド自身はウードの演奏はできなさそうであるのだが。(肝心の映画のタイトルはメモ仕損なった。)



Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <16>_d0010432_14100504.png


 いや、より遥かに重要なことがあった! パテ・マルコーニへの録音時期に関してである。

 これまでにも書いてきた通り Ahmed et Mohamed Ehabib Hachlef "Anthologie de la Musique Arabe (1906-1960)" (Centre Culturel Algérien / Publisud, Paris, 1993) に掲載されたディスコグラフィーによると、彼の録音は 1948年から50年の3年間に集中している。しかしこの本、どうにも間違いが多いように感じられて、信用し切る気になれなかった。しかも、調べるほどにホスィン・スラウイの最初期の録音は 1942年前後だったと思えてくる。CD のライナーノートには「1948〜50年の録音」と書いたものの、それに自信がなくなり、印刷に出した後になって書き改め印刷し直すことを検討したほどだった。

 ところがごく最近、とても重要な情報が送られてきた。それに添えられたデータは、先の本のディスコグラフィーとほぼ一致する。そればかりか、より詳細な驚くべき内容も含まれている。こうなると、パテ・マルコーニでの録音は 48〜50年と断定して間違いなさそうだ。ライナー執筆時に典拠としたディスコグラフィーは概ね正しかったことになり、ライナーも訂正不要ということか。今はただただホッとしているところである。

(しかし、だとすると、1940年代初期の録音はなかったのか? 彼の音楽は、実際の演奏だけを通じて、モロッコやフランスの庶民に親しまれていたということか? まだまだ謎は尽きない、、、。)

 ホスィン・スラウイの録音履歴に関しては諸々追加調査&データ整理中で、現時点では詳しいことまで書けないが、追ってご紹介できると思う。そして、いつか完全なディスコグラフィーを作り上げたいと願ってもいる。


(続く)







# by desertjazz | 2021-10-16 00:00 | 音 - Africa

R.I.P. Barthélémy Attisso

R.I.P. Barthélémy Attisso_d0010432_07504739.jpg


 Orchestra Baobab のギタリスト、バルテレミ・アティッソ Barthélémy Attisso が、昨日 8/29 に祖国トーゴで亡くなったとのこと。76歳だった。

https://www.facebook.com/WorldCircuitRecords/posts/4865400310156244


 2003年、仏アングレームで初めてお目にかかってインタビュー。
 同年来日した時、日本料理屋に連れて行ったら、日本酒やこのわたを美味いと言いながら口に運んでいた。
 2007年、パリ公演では彼のギブソンを持ち運びさせてもらった。

 何より、ベン・ジェルーンと奏でるツインギターのコンビネーションの音が最高に好きだった。

 彼にインタビューした 2003年夏のフランスは記録的な猛暑だった。会ったその日もとても暑かった。

 バルテレミ・アティッソとの思い出は尽きない。

 R.I.P. Barthélémy Attisso


(写真1枚目は 2003年アングレームでのサウンドチェックで。私が最初に撮った彼の姿。2枚目は翌日、宿泊先を訪ねてインタビューした時のもの。)


 Issa Cissoko、Balla Sidibé、Ndiouga Dieng が世を去り(一時期在籍していたヴォーカリストの Thione Seck と Medoune Diallo も)、Rudy Gomis と Latfi Benjeloum がバンドを去り、しばらく前にバンドを抜けたものの、1969年の結成時から中心メンバーだったリードギタリストの Barthélémy Attisso まで亡くなった。ひとつの時代が完全に過ぎたことを感じる。




(バオバブの再結成アルバム "Specialist in all Styles" のライナーで「バテレミ」と綴ったことを未だに後悔している。「バルテレミ」と書くべきだった。他にも直したい部分があるので、「完全版」を書いて公開しようと思い続けているが、未だに実現できずにいる。)



R.I.P. Barthélémy Attisso_d0010432_07505028.jpg







# by desertjazz | 2021-08-30 22:00 | 音 - Africa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31