No words ...

オリヴァー・ムトゥクジが亡くなったなんて、ショックすぎる!


# by desertjazz | 2019-01-24 00:13 | 音 - Africa

BEST ALBUMS 2018

d0010432_14204373.jpg



1. BRUCE SPRINGSTEEN / SPRINGSTEEN ON BROADWAY
2. BALOJI / 137 AVENUE KANIAMA
3. FEMI KUTI / ONE PEOPLE ONE WORLD
4. NAKHANE TOURE / YOU WILL NOT DIE (PREMIER ALBUM)
5. MOUSSU T E LEI JOVENTS / OPERETTE VOLUME 2
6. JASKULKE SEXTET / KOMEDA (RECOMOSED)
7. IBRAHIM MAALUF / LEVANTINE SYMPHONY NO.1
8. MHD / 19


 以下、絶対的評価や時代性などに関わりなく、自分が好きな音楽、よく聴いたアルバムについての個人的感想。(これだけ何でも大量に手軽に聴ける時代になってしまうと、音楽を楽しむには自身の感性に従うしかない。)

 迷わず1位に選んだスプリングスティーン、実はまだ聴いていない。「チケットが取れない!」と誰もが悲鳴をあげたブロードウェイ公演、幸運にも私は早々と今年1月に観ることができた。スプリングスティーンは他のアーティストたちとは全く別次元で音楽に向き合っていることを感じ取り、心から感動した。我が生涯で最高の音楽体験。これを(実質)最前列センターで観られたのだから、チケット代 850ドルは惜しくない。その一瞬一瞬の光景と音を脳に刻み込んできたので、CD で聴き返す必要を感じていないのだ。先日 12/16 に NETFLIX で世界初公開されたブロードウェイ公演も観たが、実際現場での体感にはほど遠かったし。なので、録音を聴くことで自分の記憶が薄れてしまう怖さもあり、今後も聴くことはないかも知れない。それでも、今年これを超える作品はないだろうと、聴かずともそう確信している。

 2位はバロジ。第一部のダンサブルな祝祭感も、二部から三部にかけての切々とした歌と息詰まる緊張感も素晴らしい大作。自ら監督したビデオなどのビジュアル面も含めて、彼の様々なフェイズがほとばしる傑作。来日公演を含めて今年4回観たステージも毎度たっぷり堪能。特にマルセイユでのステージは圧巻だった。Facebook のメッセージなどを通じて、あるいは直に会って色々やりとりしたことも良い思い出になった。

 今年はアフリカ音楽の豊作年で、良い作品が多かった。それらの中から、フェミ・クティと(ナカネ・トゥーレ改め)ナカネを3位と4位に選出。フェミは完全復活。キャッチーな曲が揃っていて、20年近く前の一番良かった頃に戻った感がある(セウン・クティはアルバムもライブも今ひとつスケールダウンしたままだったので、選外に)。仲根くんのセカンドはファースト"Brave Confusion" のただの焼き直し/リミックスじゃないかと最初は思った。しかし、繰り返し聴くうちにどんどん彼のダークな世界にハマっていく。リミックスは彼の良さが出る方法なんだろうな。掲載ジャケットは赤い「ワキ毛盤」じゃなく、Anohni 参加曲などの6曲を追加した Premier Version の方。

 5位、ムッスーTが1930年代にマルセイユの街で流行った曲の数々をカバーした新作は、ひいき目抜きにしても素晴らしい出来。彼らのアルバムの中でも最高作なのではないだろうか。全て楽しい曲ばかりであり、マルセイユで観たライブは観客を笑わせる語りやパフォーマンスもあって、より楽しいものだった。

 ジャズも豊作だった。個人的に特に気に入ったのはポーランドのピアニストたちによる、クシシュトフ・コメダ Krzysztof Komeda の再解釈作品集。ジャズ系では CHRIS DAVE AND THE DRUMHEADZ も ANTONIO LAUREIRO "LIVRE" も最終候補だった。3作ともマジカルな音の瞬間が来ることが共通している。これぞ音楽を聴く醍醐味。BRAD MEHLDAU / AFTER BACH は面白い試みで(視点は KOMEDA と共通しているかも)気持ちよく飽きるほどに聴いたが、残念ながら10枚には残せず。

 7位、イブラヒム・マールーフは一気聴き必至な流麗な組曲。年末に届いた最新作ライブ "14.12.16 LIVE IN PARIS - ACCORHOTELS ARENA" の3時間半に及ぶライブも見どころ満載。多作ぶりからも、彼の好調さが伝わって来る。

 何を落とすか迷ったアフリカもの。最後に残ったのは8位 MHD と9位の AYA NAKAMURA。MHD とサリフ・ケイタは互いのアルバムにゲスト参加しているが、サリフのラスト・アルバム "UN AUTRE BLANC"(*)より MHD の方が良くて繰り返し楽しんだ。中村綾ちゃんは昨年2位に選出したファースト・アルバム "JOURNAL INTIME" と比べると、決定的名曲がないなど見劣りする。しかし、「中村現象」がフランスなどを席巻した今年、やっぱりベスト10から外しにくい。

(*)サリフ・ケイタの「引退」を私が伝えた途端、その情報が拡散して少々不安になったのだが、アルバムのライナーに 'this is my last album' と書かれていてひと安心? しかし本当にアルバム制作を止めるとはとても思えないのだが。

 アフリカ音楽の諸作の中で、サウンド・プロダクション的には FATOUMATA DIAWARA "FENFO" が秀でていたが、あのガラガラ声が辛い。勿体ないなぁ。今年大いに話題になった ANGERIQUE KIDJO "REMAIN IN LIGHT" は結局まだ買っていない(悪くないんだけれど、自分に必要な音楽じゃないので。これを聴き始めると、すぐに TALKING HEADS の方を聴きたくなってしまう)。セネガルの歌姫 COUMBA GAWLO "TERROU WAAR" もお気に入りだが、フィジカルまだ未入手。南ア MAFIKIZOLO の "20" のポップさも良かったな。

 最後の10位は、深夜によく聴いたアルメニア人とトルコ人による静謐な作品を選択。決して特別凄い音楽ではないし、彼らは前作 "ADANA" の方が好きだけれど、今年夏のテーマがコーカサスで、来年のテーマの一つがトルコだということもあるので。

 アルバム・フォーマットじゃないので選外にしたが、TIGRAN HAMASYAN の10インチ "FOR GYUMRI" とSUDAN ARCHIVES の12インチ "SINK" も愛聴した。来年はフルアルバムに期待。

 リイシューにも好盤が多かったが、一番よく聴いたのは "NOSTALGIQUE ARMENIE : CHANTS D'AMOUR, D'ESPOIR, D'EXIL & IMPROVISATIONS 1942-1952" だった。この夏にアルメニアを旅する直前までずっと聴き続けていた。

 そして、「隠れベスト」はロシアの LEONID & FRIENDS "CHICAGOVICH II"。実はこれも買っていない。なぜなら全曲の演奏動画がネットで観られて、これらを観ている方が楽しいので、買う必要がないのだ。驚いたのは、かつて James Pankow がリードヴォーカルをとった "You Are On My Mind" の素晴らしさ。これほどの名曲だったとは! オリジナルを遥かに凌駕しており、今年最も多く観たビデオになった。"Street Player" もオリジナル・ヴァージョンといい勝負。"Hot Streets" の正確なコピーも見事。6管編成の "Beginnings" だとか、ストリングスがニコニコ顔の "If You Leave Me Now" だとか、とにかく楽しくて幸せな気分にさせられる。



 今年は大発見がなかったし、ブログで音楽を紹介することもあまりできなかった。それらは来年の課題としよう。とにかく SPRINGSTEEN ON BROADWAY がほぼ全てと言って構わない1年だった。3年連続でブルース・スプリングスティーンのライブを観に行き、その3年目にこんなとてつもない体験と心打ち震える感動に恵まれるとは。これから何を求めて生きていけば良いのか悩み続けているほど。

 来年にも期待しつつ、ひとまずは、幸せな気分にさせてくれるたくさんの音楽と出会えた 2018年に感謝 !!







# by desertjazz | 2018-12-31 23:02 | 音 - Music

BEST BOOKS 2018

d0010432_11015126.jpg


◆ロビン・ケリー『セロニアス・モンク 独創のジャズ物語』
◆カール・オーヴェ・クナウスゴール『わが闘争2 恋する作家』
◆角幡唯介『極夜行』
◇ラーナー・ダスグプタ『ソロ』
◆奥野克巳『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』
◆スティーヴン・ウィット『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』
◇奥泉光『雪の階(きざはし)』


 今年読み終えた本の中で印象に残った10冊。順位づけはなし。リストは読んだ順。初めて出版されたのが今年でないものも一部含まれている。

 完読は86冊で、今年も100冊に届かず(毎年書いている通り「数じゃない」が、最低でもこれくらいはと自分に負荷をかけている)。1月にニューヨーク、6月からドーハ、アルメニア、ジョージア(グルジア)、10月にはマルセイユと、海外だけでも3回旅行したので、それらの準備にずいぶん時間を取られ、また旅行中も読む時間がなかった影響が大きい。

 結構豊富な年という印象だったのだが、振り返ってみるとさほどではなかったかも。決定的に面白い小説とは出会わなかった。一番楽しく読めたのは、マルセイユ滞在に合わせて読み始めたアレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』全7冊。よくできた大衆小説だった。

 トップ3を選ぶなら、『ソロ』と『雪の階』と『日本が売られる』だろうか。特に『雪の階』は構成も文章表現も素晴らしい。場つなぎ的なささやかな挿話と思ったものまでが、重要な伏線となっている。見たことない漢字や初めて知る表現が頻出するのに、スラスラ読めてしまうから不思議。文章の美しさはフロベールの『ボヴァリー夫人』に匹敵するレベルとさえ思った。主人公、笹宮惟佐子にすっかり惚れてしまったよ。それだけに、最終章の謎解きにはかなり失望させられた。

『日本が売られる』は大変よく調べて書かれている。この本によって多くの日本人の眼が開かれたはず。矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』とともに今の日本人にとって必読の2冊。

『ソロ』はまさしく「摩訶不思議な」長編小説。コーカサスとニューヨークという舞台設定に今年の自分との縁も感じた。第一楽章のクオリティが第二楽章まで続いていればもっと良かったのだが。(前作『東京へ飛ばない夜』も読んでみたが、同じ「妄想」を起点としながら、この落差はなんなんだ! これだけつまらない小説は記憶にない。)

 角幡唯介は、『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』や『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』の方が緊迫感があり深くて好きだけれど、今後は『極夜行』が彼の最高傑作と語られるのかも知れない。

 音楽書も大量に読んだ1年、『セロニアス・モンク 独創のジャズ物語』が圧巻だった。あくまでモンク寄りの立場から書かれたストーリーだとは思うが。

 繰り返し読んだのは、『マルセイユの都市空間 ー幻想と実存のあいだでー』ピーター・エイムズ・カーリン『ブルース・スプリングスティーン アメリカの夢と失望を照らし続けた男』。前者は「マルセイユを知り尽くす」という今年のテーマに沿って。後者は Springsteen On Broadway のおさらいも兼ねて。

 特別賞は、John Collins "Highlife Time 3" とケニアのプロダクションが出版した "Shades of Benga"(どちらもまだ読み終えていない)。ガーナの John Collins は "Highlife Time"、"Musicmakers of West Africa"、"Highlife Giants: West African Dance Band Pioneers" と3冊立て続けに読み終えた直後に "Highlife Time 3" が出た。これは彼の研究の集大成的な大著。よりでっかい "Shades of Benga" は以前ここで紹介した通り。

(『雪の階』は図書館で借りたので写真はなし。音楽やアフリカ関連の資料を中心に蔵書が4000冊?を超えて自宅に置き場所がなくなったこともあり、今年は図書館の利用が一気に増えた。)


# by desertjazz | 2018-12-31 23:01 | 本 - Readings

d0010432_13104570.jpg


 アインデ・バカレ Ayinde Bakare やトゥンデ・ナイチンゲール Tunde Nightingale といったヴィンテージなジュジュ・サウンドが好きなので、先日エル・スールがナイジェリアから直輸入した、ジュジュを代表するミュージシャンのひとり、J. O. アラバの Evergreen Musical Company 盤 "Works of J. O. Araba & His Randy Blues 1922-1989" 2CD を買って聴いている。

 Christopher Alan Waterman の "Juju: A Social History and Enthnography of an African Popular Music" (Chicago Press, 1990) などによると、J. O. Araba こと Julius Oredola Araba は 1922年5月24日、ラゴスの生まれ。彼がギターを弾き始めたのは 1930年。Tunde King などの第二次世界大戦前のジュジュに影響を受けた後、Joseph Olanrewaju Oyesiku とともに、Toy Motion(Toy はマリファナを意味する)という新しいジュジュのスタイルを開拓。1950年代から60年代初頭を中心に活躍した。ちなみに J. O. アラバはボクシングのタイトル・ホルダーでもあったと書かれている。

 他のジュジュ・スタイルが「シングル・ピッチ・メロディック・パターン」だったのに対して、Toy Motion は「ハーモニック・メロディック・パターン」。これはパームワイン・ミュージックからの引用だという。

 彼のグループ The Rhythm Blues は4人編成で、1955年の結成。楽器構成は、ギター、アギディボ、サイドドラム、マラカス。どの曲も、エレキギターを除く3人のパーカッションのコンビネーションや、ヴォーカル&コーラスのやり取りを聴いていると楽しい。大型親指ピアノの低音楽器アギディボの奏者はなんと Fatai Rolling Dallor だった! 彼らは60年代初頭の幾つかの重要イベントで演奏し、その地位を確たるものにしたようだ。その後は目立った活動は減ったようで、アラバは 1989年9月15日に亡くなっている。

 J. O. アラバの単独アルバムはあっただろうかと思って棚を探ってみたが見つからない。ネットで検索しても出てこないので、制作されたことはないのかも知れない。レコードとしては、Philips の10インチ盤 "Catchy Ryhthm from Nigeria Vol.1"、同 "Vol.2"、Rounder 盤 "Juju Roots 1930s-1950s" に1曲ずつ収録されている。また彼の録音を収録したコンピレーションCDも数タイトル出ている(例えば "Awon Ojise Olorun: Popular Music in Yorubaland 1931-1952" など)。

d0010432_13163531.jpg

 Evergreen 盤としては "Evergreen Hits of 20 Music Masters of Our Country Nigeria" (HRS 005) に "K'elegbe Me Gbe" を収録。ここには彼に関して簡単な解説も付いていた。また "20 Evergreen Hits of 3 Music Masters of our Country - Nigeria" (HRS Vol.16) にも4曲収められている。

d0010432_13163721.jpg




 以下、余談を少々。

 フェラ・クティが J. O. アラバの曲をカバーしているというのは興味深い事実かも知れない。フェラはファーストLP "Fela Ransome Kuti and His Koola Lobitos" (1968?) で J. O. アラバの "Araba's Delight" を演奏している。アラバはフェラのフェイバリットだったのだろうか?

d0010432_13171539.jpg

 フェラ・クティの録音は全曲自作ナンバーだという印象があるかも知れないが、彼の未復刻音源の中には、あるジャズのスタンダード・ナンバーをカバーしたものがある。しかし、フェラのトランペットは相当に下手で、これは復刻するまでの価値はないかも?(手元にその録音はあるが、それを勝手に公開することもできないし。)

(さらに余談になるが、晩年のフェラのライブを観た方々が「フェラの最高傑作」と断言されながらも、公式録音の残されなかった幻の曲 "C. S. A. A. (Condom Stalawagy and Scatter)" の録音、正確には隠し撮りされた?59分間のビデオ、も今年ついに入手した。)

 このフェラのファーストLPは自分にとってとても思い出深い1枚だ。フェラの初期に関してまだ情報の乏しかった1990年代末に、世界的にほぼ全く知られていなかったこのレコードの存在を突き止め、それがひとつのきっかけとなって 60年代のフェラのリイシューが本格化したからだ(今流通しているリイシュー盤も全てその時に「再発見」した音源のコピーが使われていると思われる)。そして、ヒュー・トレイシー音源のリイシューにいち早く気がつき日本に紹介したのも1999年だった。

 私がアフリカ音楽についてネットで書くようになってから来年に20年になる。その間に紹介したもののうちでは、フェラのファーストとヒュー・トレイシーのリイシューが、最も世間に役に立っただろうと自己評価している。逆の言い方をすると、この20年間、それらを超える発見も活動もできていないということ。それが自分ではとても物足りない。そろそろまた何か驚くような「発見」をしたいと願うものの、ここ10年ほどはさほど音楽を聴かなくなっているので、残念ながら、なおさらそれが難しくなっている。

d0010432_13233497.jpg
このレコードは勿論復刻盤。バーゲンプライスだったので、記念?に買ってしまった。








# by desertjazz | 2018-12-16 12:00 | 音 - Africa



 ロベルト・ボラーニョ『ムッシュー・パン』読了。彼の作品の中では一番読みやすい。しかし、肝心なところがいくつも削がれている印象。彼は小説を書き始めても、詩人のままでいたのだと思う。


 これでボラーニョの邦訳10作11冊全てを読了。2周目に行こうかな?


 ミシェル・ウエルベックも先日完読したと思ったら、間もなく新作が出すと予告された。ガルシア=マルケス全集(全小説)にも今秋1冊追加された。読みたい本はいつになっても尽きない。









# by desertjazz | 2018-12-16 11:00 | 本 - Readings

断酒33日目



 アル中なのか? アル中でないのか? 自分でもちょっと分からなくなっている。


 若い頃は酒をほとんど受け付けなかったのに(*)、今では年に365日、週に8回は飲む生活に。ビールやスパークリングワインやワインの後は、眠りに落ちるまでウイスキー。多い時には3日でボトル1本ペース。それもほぼストレート・ノー・チェイサーで。


 これだけ飲んでもあまり酔わない。朝まで飲んで健康診断を受けても異常が出ない。実際、血液検査の数値は正常な範囲内。肝機能の指数のひとつγ-GTPも30前後で、酒を飲まない人よりも低いくらいだ。


 たまには休肝日をと思うことがないでもないのだが、日々嫌なニュースを目にするとついつい酒に手が伸びてしまい、どうしても止められない。基本的には楽しく酒を味わっているものの、アル中の可能性を危惧している。


 また、胃カメラや大腸内視鏡を含めて全ての検査結果は正常なのだが、喉や膵臓などにかすかに危険の兆候を感じてもいる。


 日本の医療保険制度は改悪まっしぐら。もう自分の身体は自分で守るしかないと心を強くした。それで先月から、一旦身体全体のメンテナンスをすることにした。


 そう決めると、なぜか酒をスパッと止めることができたので、不思議だ。あれだけ止められなかったのに。


 飲酒を休んでみると良いことだらけ。
・快眠(22時頃に寝て、5時前後に自然と目覚める。睡眠導入剤に頼ることもなくなっている。)
・快便(ここまで快調になるのか!)
・集中度が上がって読書量アップ
・体重減(秋以降で4kg、この夏のピークからは7kgダウン。飲酒量のせいだけではないが。)
・等々


 酒を飲まないとγ-GTPがどこまで下がるのかという好奇心もあって、ひとまず今日の人間ドックまで1ヶ月(32日)間のアルコール抜きに挑んでみた。結果は「15」という嘘のような低さ!(男性の正常値は 10〜80 で、15という数字は酒を飲まない人よりも低い。ちなみに 200〜300になるとドクターストップがかかる。)


 しかもその間、酒を飲みたいという気に全くならなかった。4年前の秋に52日間断酒した時には、早々に我慢するのが辛くなったことを思い出すと、不思議でならない。とすると、自分はまだアル中の手前だったのか?


 さて、今困っているのはいつ解禁するかということ。4年前もそうだったのだが、どのように飲酒を再開するかに迷う。いい酒をどっさり買ってあり、その準備だけはできているのだけれど。いやホント、いつ飲むか悩ましい、、、。


(*)断酒中に葉石かおり『酒好き医師が教える最高の飲み方』を読了。これによると、人によっては「鍛えて」飲めるようになるらしい。またある程度の飲酒は心筋梗塞のリスクを下げるとも(残念ながら男性のみ)。この本、見た目よりは得るところが多かった。







# by desertjazz | 2018-12-15 22:00 | 食 - Eat & Drink

d0010432_09482638.jpg



 美術に興味があるので、国内でも海外でも旅先では美術館によく足を運ぶ(昔カラハリ砂漠を一緒に旅した学者から「その国のことを手っ取り早く知るには、博物館に行くといいですよ」と教わってからは、なるべく博物館にも出かけるようにしている)。これまでに、ニューヨーク、ワシントン、サンフランシスコ、メキシコシティー、ロンドン、パリ、マルセイユ、マドリッド、バルセロナ、ローマ&バチカン、ヴェネチア、コペンハーゲン、アムステルダム、シドニーなどの主要なところは観尽くしただろうか。自分が特に好きな作品は何度も繰り返しじっくり観て満足しているのだが、それでも時にはそれらに匹敵するような鑑賞体験は突然訪れる。



 12月6日、神原正明の『「快楽の園」ボスが描いた天国と地獄』に続いて、『『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学』を読了。それで思い出したこと。


 2012年、E.H. ゴンブリッチの『美術の物語』を読んで、プラド美術館を観る必要を感じ、すぐにマドリッドへ飛んだ。しかしその時点ではボスという画家も『快楽の園』も知らなかった。これだけ美術が好きなのに。


 しかしその分だけこの絵画を目にした瞬間の衝撃は凄まじかった。これは一体なんなんだ?? なんて楽しい絵画なんだ! ポップな色彩感、ディテールの細密さ、そして楽しさに交錯する恐怖。これが500年前に描かれたことを知った時のさらなる驚き。人間だけで400人ほど描かれ、しかも個々の構図や細部などが全て異なるため、いくら時間をかけても鑑賞し尽くせない。結局この作品だけで30分も費やすことになった。そう考えると、全く予備知識なしでこの傑作と対面できたのはとても幸せなことだった。


 ボスの残した絵画は非常に少ない。点数ではフェルメール並だ。なので、その後ヴェネチアなどでボスの他の作品を追うことができたことも幸いだった。


d0010432_09482953.jpg



 2017年11月、マッシリア・サウンド・システムのライブを観るため、フランス南部のリヨンに滞在した。その時も日中の時間を使って美術館を訪問。常設展には特段気を引く作品はなかった。しかし、ついでに覗いてみた特別展のフロアに入った途端に息を飲んだ。


d0010432_20281107.jpg


 展示されていたのはフレッド・デュー Fred Deux という画家の作品。多くが、白地に黒のライン、そして微かな色付け。自分の好む抽象画だ。パッと見には明るい色彩で、フォルムも楽しい。しかし、そこにあるグロテスクさにすぐに気がつく。どちらの特徴もまるでボスと同様だ。


 一辺2メートルを超す大きな作品も多いのだが、いずれも極々細い鉛筆の線で描かれている。絵にぐっと目を近づけないそれを認識できないほど細かい。画家は何かに取り憑かれているかのよう。


 描かれているものは、人間のようで、妊娠初期の胎児のようで、バケモノのようで。いや、醜さも抱えた人間の内面が喚起する要素を結びつけたかのようでもある。SF画も連想させるイメージからは病的なものが湧き出してくるようだ。


d0010432_20281417.jpg



 フレッド・デューの経歴を調べてみた。彼は 1924年、パリ近郊の都市ブローニュ=ビヤンクール Boulogne-Billancourt に生まれ、2015年に没している。初期にはポール・クレーに影響を受けた作品を制作していたが、1950年代末には後年まで続くオリジナルな線描スタイルを獲得。この画家との遭遇は、自分にとって久々にボス級の衝撃だった。しかし、どうやら世界レベルでは勿論、フランス国内でもさほど知られていないようだ。


 会場では彼のカタログを買うことは諦めた。だが、今年10月にマルセイユでようやく手に入れることができた(ネットで買うことは可能だったが、送料が高いと思い、今秋フランスに飛ぶ少し前に Amazon.fr にオーダーし、現地で受け取った)。それで今は自宅でも彼の作品を楽しんでいる。縮小した複製では、細部まではよく分からないのだけれど、、、。


d0010432_09483452.jpg

d0010432_09483756.jpg

d0010432_09484134.jpg

d0010432_09484418.jpg



昨年11月に「ようやく来ることのできたリヨンでは、美術館で衝撃的な出会い/大発見が待っていたのだが、そのことについてはまた別の機会に。」と書いたのは Fred Deux のことだった。)




 美術に限らず、何ごとも予備知識なしで出会った時ほど、その衝撃は大きい。まるで不意打ちを喰らったかのように。特に世間の評判など関係なく、自分の好む作品に巡り合った時ほど。音楽もまたしかり。だが最近は、そのような音楽体験はめっきりなくなったなぁ。







# by desertjazz | 2018-12-09 10:00 | 美 - Art/Museum

d0010432_14200046.jpg



 何と、カラバル(カラバリ)音楽のコンピレーションがリリースされていたとは! 完全に見落としていたこのアルバムを慌てて取り寄せて、繰り返し聴いている。

 2005年春に旅したナイジェリアでは色々な体験をした。フェミ・クティを観に行ったニューシュライン New Shrine ではフェラ・クティの長女に面会してご挨拶。レゴスにある書店兼レコード店 Jazzhole では、Bobby Benson "Taxi Driver" の世界初CD化した Evergreeen Music 盤を発見し、また Fatai Rolliong Dollar の復帰を知って彼のそのリバイバル・アルバムも入手。しかし、それらを遥かに超える驚きは「カラバリ音楽」との出会いだった。

 ナイジェリア南東部も音楽の盛んな土地で、イボ・ハイライフ Igbo Highlife(代表格は Chief Stephen Osita Osadebe、Oliver De Coque、Sir Warrior、Celestine Ukwu、Nico Mbarga、Oriental Brothers など)やイジョ・ハイライフ Ijaw Highlife が特に有名だ。そして中心都市ポートハーコートから周辺の地方へ目を向けると、カラバル Calabar などの(ヨルバやハウサに比べると少数派民族の)人々による音楽の存在に気がつく。例えばデルタ地帯へと進んで行った際に、移動の途中に見つけたカセットショップに立ち寄って King Robert Ebizimor や Chief Barrister S. Smooth といったローカル・ミュージックのスターたちを知ったのだった。

d0010432_16221092.jpeg

d0010432_16234281.jpeg


 ナイジェリア南東部のハイライフ・ミュージックは、ローカルなものほどサウンドのストリームが(単調というのではなく)スムーズだという印象を持っている。Pereama Freetown and His Youth Stars Band of Nigeia などは個人的にかなりお気に入りで、いくつかのアルバムは名盤だと思っている。

 カラバルの住むデルタ地帯をさらに深部へと進み、小さな町や村で発見したのがカラバリ(彼の地では Kalabari と呼ばれていた)の音楽だった。チープでドライな響きのエレキギター、シンバル程度のドラムが刻むリズム、それにコーラスだけという実にシンプル、と言うよりスカスカな音楽。それがとてもプリミティブで呪術的に聴こえ、文字どおり圧倒されてしまった。そんなカラバリのカセットを路上の店などで探しまくって少数ならが入手。驚きはそれで終わらない。デルタ末端に近い川沿いの村でのこと。バラック小屋のような酒場を訪ねると、DJがそうしたカセットをプレイし、それに合わせて人々が踊っていたのだ。

d0010432_16242875.jpeg

d0010432_16243053.jpeg


 入手したカセットの中では Opuso Cultural Society of Ke-Kalabari やシェブロンの原油支配に抗議する Ebenezer Cultural Band of Kalabari が特に凄かった! それらは CD-R に焼いて今でも時々聴いている。こんな強烈な音楽、もっと聴きたい。ポートハーコートにはロンドンなどから国際便が飛んでいるので、もう一度訪ねてみたいと思っているのだが、今のところ実現できそうにない。

d0010432_14200378.jpg


 そんなカラバル(カラバリ)の音楽なのだが、もっと都会的な録音を集めたアルバムが2年前にリリースされていたことを今頃知った。CD も出ていたが、オーダーしたのは LP2枚組の方。

"Calabar-Itu Road: Groovy Sounds From South Eastern Nigeria (1972-1982)" (Comb & Razor, 2016)

 残念ながら、私が探し求めているカラバリ・サウンドからはスタイル的に遠く、ハイライフやファンクなど都会的なトラックが中心である。ラゴスなどからの影響を受けたサウンドの多様性が感じられる(フェラっぽいナンバーも収録されている)ものの、全15曲中にこれと言って極め付きのものは見当たらない。しかし、1曲目 Isadico Dance Band of Nigeria の "Mbre Isong" の冒頭にちょっとだけカラバリ流の土着的なコーラスが感じられる。だとすると、もしかすれば本格的なカラバリ・サウンドをリイシューされる可能性もあるということか? 凄惨なビアフラ戦争からそれほど時間が経過していない1972年という時点で、ローカルのポピュラー音楽の録音がなされていたことを知ったのも収穫になった。

  Record Store Day 用にプレスされた?この2枚組(2000セット限定らしいが、完売するはずないだろう)には、ナイジェリア南東部リバー州に関するガイドブック(全44ページ)が付属していて、主要ミュージシャンについても紹介されている。これを拾い読みしていると、またまたポートハーコートに飛んで行きたくなってしまうのだった。



 ナイジェリア南東部には(ハイライフ系に分類されることもある)「ナンブラ北部の音楽でめっちゃ地元密着型」の Egwu Ekpili という音楽もある。今年の7月に名古屋のNさんが多々ご教示くださったので、ここに引用して整理しておこう(Nさんについてのプライベートな情報部分は割愛)。

・きっかけは高橋健太郎氏がツイッターで Christopher Asah and His Seven Seven Group of Enugwu Ugwu Nijoka "Enunka" を取り上げたこと。ナイヤビンギに似ていると感想を綴られていたが、私はこれを聴いてカラバリとの類似性を感じた。

・「この Christopher Asah もそうだけど、(彼はこっちではセブンセブンって言えば誰でも(この Egwu Ekpili 聞いてる人達には)わかる感じです)イボ語で Egwu(エグゥ)=音楽、 Ekpili(エピリ) はこういう楽器の名前。 これはナイジェリアでもわかっている分だと最古の楽器と言われてるらしい。」

d0010432_16190303.jpg


・「もともとはこの Ekpili を使った音楽が Egwu Ekpili と言われていたのが、今ではこういったタイプの音楽全般を指して Egwu Ekpili と呼ばれています。先程アップした写真の Ekpili はかなり古いタイプで、太鼓的に叩いて使うのではなく中に手を入れて揺らして音を発生させる感じらしい。今使われてる Ekpili はちょっと写真見つけられなかったけど、手に持つ感じでシャカシャカ音というかそんな感じの音を出すものらしいです。」

・「(私Dがシェアした)CD屋のウェブサイトにも Egwu Ekpili のミュージシャン達がずらっと並んでいましたが、この音楽はかなり局地的に聞かれてる感じで、場所はアナンブラ州北部のオマンバラ川流域が中心。だから、アナンブラ人でも南部の人は聞かないし(好きな人はいるかも)。他州の人、例えばイモとかは文化も違うからモロッコ?誰、みたいな感じになると思う。」

d0010432_16263740.jpeg
(Morocco のカセットも持っていた。)


・「代表的なミュージシャン Chief Ozoemena Nsugbe(オゼメナ・ンスベ)、Morocco Maduka(モロッコ・マドゥカ)、Christopher Asah(クリストファー・アサー aka セブンセブン)、Chief Onwuzuluike Udemgba(オヌズルイケ・ウデンバ)などなど。歌ってる内容は、イボ伝統の大切さとかもあるけど、実は、地域の名士や金持ちは歌手にお金を払って自分の為に歌を作ってもらう文化があるので、人の名前のタイトルだとだいたいそういう歌であの人は偉大とかあれしたこれしたとかそんな感じ。」

・「アナンブラ州でもオマンバラ川流域と書いたけど、だいたいここら辺です。左に太いリバーナイジャが見えるけどその右側の川流域。オマンバラ川が変化してアナンブラという州の名前になりました。」(地図参照)

d0010432_15415594.png


・「あと、今ちょっと残念だなと思ってるのは、Ekpili 音楽の後継者がなかなかいなくて、存命で元気なのがモロッコくらい、若い人はどうしても音楽やるなら今の音楽(その方が稼げる)という方向になってしまう。郷土音楽の存続という課題があると思う。」


 Egwu Ekpili の CD はこのサイトを通じて購入可能のようだ。Christopher Asah / His Seven Seven もリストにある。試しに買って見ようかとも思うのだが、現在はネットで聴ける音源もそれなりにあるようだ。




 ナイジェリア音楽も探求し始めると全くキリがない、、、。







# by desertjazz | 2018-12-08 14:00 | 音 - Africa

d0010432_20374951.jpg


 本日 12/7 にリリースされたクンバ・ガウロ Coumba Gawlo Seck の新作 "Terrou Waar" 意外と軽やか。最近の女王様然としたところも取れた感覚(数年前にクンバ・ガウロに会った時、180cmを超えるだろう長身と共に、シャイな仕草が印象に残ったことを思い出す)。トラックによってはマンディングの風味もあって汎アフリカ的、かつ自己の集大成的側面も見せる。3曲目 "Siyo" と4曲目 "Na" の笛はまるでアルバム "Yo Male" のアレンジを再現したかのよう。続く5曲目 "Diombadio" の枯れた弦の音はマシンコに聞こえる。7曲目 "Ngoulok" は軽快なンバラ。終盤10曲目 "Tekk Gui" の涙声と、11曲目イスラミックな "Naby" は新境地か? ラストは先行シングルだった "Allez Africa"、この曲何度聴いても楽しい! フィジカル欲しい!







# by desertjazz | 2018-12-07 20:00 | 音 - Music



 堤未果『日本が売られる』、井手英策『富山は日本のスウェーデン:変革する保守王国の謎を解く』読了。その雑感。


 堤未果は『貧困大国アメリカ』などの著作を読んで絶望的気分になった。それで、もうこれ以上そんな気分に陥りたくなくて、彼女の最新刊『日本が売られる』はしばらく買うのを躊躇していた。内容はどうやら既知のことが多いようでもあるし。しかし、やっぱり読んでおくべきと思い改めて通読したのだが、絶望を通り越して、地獄に突き落とされたような暗澹たる心持ちになってしまった。ここまで酷いとは、唖然とするばかり。読んでいると気が滅入ってくるのだが、今日本人が逃げずに真っ先に知るべきは、この『日本が売られる』と矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』で明かされた内容だろうと思う。


「日本が売られる」ことの具体例については、日本の現状に関心のある人なら知っているだろうし、この本をすでに読んでいる人も多いだろうから割愛。しかしこれほどのデタラメが本当に通用するのだろうか。ここ数日の「水道法」に関しても「漁業法」に関しても、著作の中で堤が書いている通りにことが進んでいるので現実なのだろう。そう考えると恐ろしい「予言書」だ。


 無駄なインフラや軍備の整備などで借金まみれになり、産業育成のための有効な戦略を持たず、侵略戦争への反省もなく周辺諸国に敵ばかり作り、教育では場当たりなことを繰り返し予算も削減、ゼネコン延命のための環境破壊を続け、挙げ句の果てに取り返しのつかない原発事故を起こす。かねてより、この国は自滅に向かっていると考えていたが、現政権が今やっていることは、それよりもっと酷い「国の破壊」なのではないだろうか。


 やること全てが政治家や大企業などの「金」のためだとしても、しっかりした教育によって若者たちに将来稼げる知力を植え付け、また低〜中所得者層の収入をアップさせた方が、国民全体の購買力が上がって経済が循環し、長期的には金に貪欲な支配層や利権者たちも儲かり続けると思う。しかし、「金だけ、今だけ、自分だけ」が徹底している彼らには、どうやらそんな考えはないようだ。自分が死んだ後のことなど全くどうでもいいという考えが見透かされる。


 こんな現状を許しているのには、官僚やメディアなどの責任が大きいとする指摘は間違っていないだろう(もちろん彼ら/それらの全てはないにせよ)。だが、実際どこまで期待できるのか。正確な情報を基にロジカルに考え判断を下そうとしても、上から拒絶される。抵抗が過ぎると配置転換など排除されるといった話も(あるいは「消される」可能性も?)、ネットに流布し伝え聞きもする。それで、時に保身に動き、時に権力者に取り込まれ、結果忖度する者ほど生き残る(ひとつの例は最高裁判事か)。その構図は政治家についても同様なのだろう(このあたりは噂からの推測になるので詳しいことは書かないが)。


「知識人」と自称する輩たちも一緒だ。どこまで本気で言っているか理解できない嘘でも、権力者におもねった駄弁を繰り返していた方が、彼らから重用され発言力も高められる。恥を晒してでもその流れに乗った方が楽だと思う者が増えて、この悪循環は(いや、立場によっては好循環か?)ますます進みかねない。残念ながら、もう全てが手遅れなのかもしれない。


 しかし、堤未果が『日本が売られる』を通じて一番伝えたかったメッセージは、まだ諦めてはいけないということだろう。「第3章 売られたものは取り返せ」で紹介した世界各地での事例はそのためのもの。自滅・破壊への一方通行から後戻りする方法はまだあるということだ。「種子法」や「水道法」が改悪されても、各自治体が国の方針に従わない手はあるはず。例えば水道の民営化を行わなければいい(そんな単純な話でないことは分かっている。逆に水道法を口実に民営化して、表面的に自治体の予算を削減しようとするところも出てくるだろう)。これからは各都市・地方自治体と国との新たな戦いが始まる。それぞれの自治体には常識と良心と冷静さがあるはずだ。


 例えば井手英策の『富山は日本のスウェーデン: 変革する保守王国の謎を解く』で取り上げられたいくつかの町。この本はこのところスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでお世話になっている(そして父が生まれ育った)富山県への関心から読んでみた。「『海、山、湖、川などで遊んだことがありますか』『動物を飼育したり、花や野菜を育てたりしたことがありますか』と聞かれたとき、『何度もあった』と答える子が大都市の平均よりも少なかった」(P.144)という。つまりは「豊かな自然があること」が「当たり前すぎ」なのだと分析している。そのような経済的な「豊かさ」とは異なった(羨ましい)「ゆたかさ」が富山県にはあり、それを活かす取り組みがいくつもなされている。


 守るべき個性や独自性はどの市も町も村も持っている。富山の「ゆたかさ」のように。国に従うことによって、それらが失われかねないなら、戦うしかない。日本各地が有する「歴史な遺産」や「優れた特徴」を、国による圧力・暴力からいかに死守するかが重い課題になってくるだろう。それに打ち勝つのは、庶民一人ひとりの常識と判断力と良心だ、そう信じたい。


 憲法改正、いや憲法改悪の危機が迫っているという。しかし、そこにも大きな矛盾が存在しているのではないだろうか。たとえ憲法を変えて戦争のできる国にできたとしても、国の実態が失われていては意味をなさない。このままでは人口が減り、経済力も衰えて、日本という国の存在が薄まっていくばかりだ。愛国心をいくら強制しても、国がまともに存立し得ず、国民も減ってしまっては、なんのための憲法なのか。破壊された国家に憲法は存在し得ない。アメリカに押し付けられたと言って憲法を変えようとする一方で、他のことに関しはことごとくそのアメリカの言いなり。そのことに限らず、徹底的に国を破壊しようとしている「彼ら」のやっていることには、どうも矛盾ばかりを感じる。



(ほぼ一気書き。まとまりなく、言葉足らずのところあり。悪しからず。)







# by desertjazz | 2018-12-07 19:00 | 本 - Readings
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31