FZ

FZ_d0010432_1863742.jpg
 今年の1枚目は Frank Zappa の "You Are What You Is"。やっぱりこの頃の FZ は最高だ!

(今頃になって自宅からの徒歩圏に成城石井を発見。あれこれ食材を買ったついでに、少しだけ贅沢をする気になり、NIKKA の FROM THE BARREL を買って帰り、軽く一杯やりながら聴き入る。)



 Tower Records で新譜をチェック。Malovoi の新作など、ワールドものを購入。調べてみると2ヶ月以上の間 CD を買っていなかった。いや、それどころか、今年に入ってまだ1枚も CD やレコードを聴いていないことに気がつく。ならば、買ってきたCDはさておいて、2010年をスタートするに相応しいアルバムを選んで聴いてみようと考えてみた。さて、それは何だろう? 昨年は実にいろいろなことがあって結局つまらない1年になってしまったので、今年はもっと楽しい年にしよう、もっと音楽を楽しもうと思い、飛び切り楽しく気持ちよいアルバムを選択することにした。ドゥーワップからカントリー、現代音楽まで吸収して組み立てられたザッパの音楽は、この頃が最も完成度が高かったのではないだろうか。いや一切の解析を抜きにして、FZ、Ike Willis、Ray White の3人の低音成分たっぷりのヴォイス・アンサンブルや、FZ のギターを聴いているだけで、ただただ楽しい。"Sheik Yerbouti" や "Does Humor Belong In Music?" などにも同質なものを感じるのだが。

 このサウンドの太さや艶が気に入っていて、CD ではこうした音が再生されないのかも知れないと思い、未だにアナログ(のリマスター盤)で聴いている。しかし、このレコード、こんなに音が良かっただろうか? やはり、転居してリスニング環境が格段に向上しているようだ。機器の調整はまだきちんと行っていないし、プレイヤーやアンプは買い替えたいと考えてさえいるのにも関わらず。

 Beyonce を聴くのも爽快だろうなと思い、'Crazy In Love' が無性に聴きたくなったのだが、探しても CD が見つからない。転居後のレコードの整理をまだ終わっていないのだった。今年もやるべきことが多そうだ。
by desertjazz | 2010-01-10 23:00

DJ

by desertjazz
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31