日記

 なんだか眠れず、テレビをつける。午前3時『DEEP Planet 沖縄編 宮古列島~海の果てのアヤグ~』(BS朝日)を見る。宮古島にはいつか行こうと思う。

 池澤夏樹、村上春樹、宮本亜門のように、数年でも仕事を休んで島暮らしをしてみたい。そろそろまじめに考えてみようか。いや、無理だろうな。

 そろそろ午前5時。



 少し寝て9時に起床。今週は仕事疲れ&気疲れ&呑み疲れ。金曜夜からの上京は取り止めになって結果幸いだったかも知れない。

 外出する力もなく、El Sur から届いた CD を数枚聴いた他は、読書して過ごす。どれか一冊に集中できず、石牟礼道子『苦海浄土』、村上春樹『海辺のカフカ』、木村榮一『ラテンアメリカ十大小説』、『GLOCAL BEATS』の4冊をサイクルさせる。

 『苦海浄土』は第1部「苦海浄土」を読了。

「水俣が、今の/これからの福島と重なり合う。「(会社ば)今すぐたったいま、持っていってもらいまっしゅ。(…)東京あたりにでも大阪あたりにでも。」(P.190)今日の『報道特集』でも同じインタビューが流れていた。」

 これは Tweet した感想。突然の発症、漁業への影響など、今後の福島についても連想しうるものが多い。



 お隣に若いカップルが引っ越してきた。窓越しに明るい声が響いてくる。もう少し早く入ってくれていたら部屋が暖まって、暖房費も多少は節約できたかも知れなかったのにな。





by desertjazz | 2011-04-09 23:59

DJ

by desertjazz