Fiesta des Suds 2018 (5) - Day 1 : Ibeyi

d0010432_20345248.jpg



2018年10月11日(木)の続き

 イベイー Ibeyi がこんなにいいとは! ここまでオリジナリティーを感じさせる音楽は稀だろう。正しく才能の塊。それでいて、とことん心地よく、とっても楽しい。今年のフェス3日間を通して、彼女たちが断然ベストだった。

 イベイーは、リサ=カインデ・ディアス Lisa-Kaindé Diaz とナオミ・ディアス Naomi Diaz の双子姉妹。イベイーはヨルバ語で「双子」を意味すると言う。

 これまでにリリースされたアルバム2枚などを聴いた時には、クールなサウンドといった印象で、特に聴き入るところはなかった。実は今回観なくてもいいと思っていたほど。しかし、ライブだと印象が全く異なることに驚かされた。今回は屋外の大ステージだったので、尚更それに合わせた仕様にしたのかも知れない。

 まず一番に惹かれたのはヴォイスの響き。哀感含んだフレーズのデュオは、まるでたった二人でブルガリアン・ヴォイスをやっているかのよう。双子で声質が似通っているから響き合いが美しいのだろう。また、妹ナオミの叩くバタドラムとカホーンが気持ちいいことこの上ない。パシッと締まった音が実にいいのだ。爆音で拡散していく音の快感。

 当然ながら事前に用意されたベーシックトラックに歌と演奏を重ねているのだが、それでも、とても二人だけで演っているとは思えない、多彩さを兼ね備えたサウンドだった。計算し尽くして生み出されたサウンドなのだろうが、とてもナチュラル。まるで二人の中から自然と湧き上がって来るよう。そこにイベイーの凄さを感じた。

 そして、二人の動きや仕草がいいんだな。揃いの繋ぎ衣装は小柄で可愛らしく見せる。ズルイよな。一方で腰の動きなどは妖艶でセクシー。双子ゆえなのか、二人のステップが絶妙にシンクロしているところも小気味いい。

 最近パリに行く度に彼女達のライブがあって、気になりつつも毎度パス(先のビルボード東京公演にも行っていない)。昨年11月のパリ最終夜も IAM にするか等々迷った末に Geroge Wassouf を観に行ったのだった。

 フェスの主催者サイドからは「誰かインタビューしませんか?」と幾度も声をかけていただいた。時間的余裕もなさそうだし、発表するメディアの当てもないので、今回は見送った。でも今から考えてみると、イベイーには会っておけばよかったかなぁ。


d0010432_20334551.jpg


d0010432_20342415.jpg


d0010432_20351516.jpg


d0010432_20353945.jpg


d0010432_20360266.jpg


d0010432_20362533.jpg


d0010432_20365713.jpg


d0010432_20372718.jpg


d0010432_20375298.jpg


(Part 6 に続く)






[PR]
by desertjazz | 2018-10-21 00:05 | 音 - Festivals

DJ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30