Fiesta des Suds 2018 (10) - Day 3 : Village Pro / General Elektriks

d0010432_08155604.jpg

General Elektriks


 2018年10月13日(土)の続き

 今夜あと観たいのは 23時45分からの Siska with Strings Quartet。しかしそれまでまだ4時間近くある。発熱しそうな気配は消えないし、明日帰国ためのパッキングもあるので、今年のフェスは Moussu T までと諦めてホテルに帰るつもりでいた。

 しかし、友人から「ビール飲むかい?」との一声。そんな誘いは断れない。ということで、Village Pro(関係者エリア)に移動。そうだ、Press Pass があればここに入れるのだった。会場移転したからなのか、すっかり思い違いしていた。Village Pro なら座る場所もあるし、高い位置からステージも良く見えるし、アルコールも買いやすい。昨日までの2日間もここを利用して身体を休めるんだったとちょっと後悔。

d0010432_08180994.jpg


 このエリアの一角にはブロードキャスト・ブースがあり(写真は General Elektric のリーダーが演奏直後にインタビューを受けているところ)、奥には超VIPエリアも設営されている(多分スポンサー用なので、さすがにここには入れない。昔間違って彷徨い混んだことがあったが、テーブルにはシャンパンなどが用意されていた)。

d0010432_08170018.jpg


 ビール片手に語らいながら、ここで General Elektriks を聴いていたのだが、大音量で聴く彼らのファンク・サウンド、最高だね。特にベーシストの放つ太い音と彼のパフォーマンスがいい。キーボードとベースがダンスし続けるって、常識的には考えられない面白さだし。

d0010432_08163463.jpg


 その後は、Girls In Hawaii と Hyphen Hyphen も少しだけ観る。若手ポップ・トリオの Hyphen Hyphen は大人気。日本からやって来た輩には理解できないほど。ドスの効いた女性ヴォーカルはかなり聴かせる声質だとは思った。

d0010432_08184357.jpg

d0010432_10571640.jpg

d0010432_08193588.jpg


 関係者エリアにいると次々に業界人を紹介される。3年前にパリでライブを観たマルセイユのアラビック・ロックバンド Temenik Electric のリーダー/ギタリストにも紹介されて少し立ち話。ここにいると色々情報を得られるので、もっと早くに来るべきだった。

 とダラダラ飲んでいるうちに、Siska の時間が近づいた。体調も回復してきたと感じるのは気のせいか?


(Part 11 に続く)






[PR]
by desertjazz | 2018-10-21 00:10 | 音 - Festivals

DJ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30