人気ブログランキング |

Nico 中毒

d0010432_22051793.jpg


「ニコ中毒」再発中(ニコチンじゃないよ)。

 最近入手した Alastair Johnston 氏の労作 "Docteur Nico Discography" をパラパラめくっていて、ニコのレコードを結構持っていることを知った。コンゴ音楽はとにかくフランコが大好きな反動からなのか、ニコには特に思い入れはないのだけれど、目にしたシングル、LP、CDは全て買っていたので、相当な数になっているのかも知れない。(大量にあるそうしたレコードを少しずつ聴き直しているのだが、いやはや1曲1曲の素晴らしいこと!)

 そうした所有盤の中でも Ngoma のシングル盤はかなり珍しいらしい。ジョンストン氏のディスコグラフィーで調べてみると、大半が全くリイシューされていない録音だ。いや単にレアなだけじゃなくて、どれも聴き惚れるくらいにいいなぁ。

 ならばと思って、CD-R 化を思い立った。ノイズがひどいので、まずは自分が聴くためのマスタリングを。ニコのディスコ本、エル・スールでも販売していただけることになったなので、せっかくだからこの CD-R を特典盤としてつけてもらおう!

 ところが、トラブル発生! ProTools 用の MacBook が絶不調。ProTools も MBox も起動しない。これでは iZotope でクリックノイズを除去することすらできない。2日間苦闘したが全くダメ。最後は Trigon の Phono EQ Out を ZOOM H6 に直接繋いでレコードを Wav 化。無料の ProTools First を DL してみるが、これも不機嫌。Mac 環境整備が最優先ということか? ギリギリ最低限の編集を施して、どうにか CD-R への書き出しにまでたどり着いた。

 その間に、CD-R のスリーブも試作。ここまでやって、iZotope を使って直接 Wav のノイズリダクションをできる(ProTools なしで)ことに気がつき、やっとバチバチノイズを除去。疲れたー!!

 取り敢えず8曲だけラフにマスタリングしてみたのだが、やっぱりニコは凄い! 名ギタリスト/名バンドリーダーであるのはもちろんのこと、曲ごとに音楽スタイルもギターの音色もガラッと変わり、また曲中でもハッとするようなコードチェンジや曲調の大転換が起こる。繰り返し聴いていても、飽きずに楽しいし、ここ数日の疲れも取れてきた。

 ここまで来て、どうやらやっと CD-R をディスコ本に添付できそうだ。




(追記)Docteur Nico "Ngoma Singles Vol.1" できた。

d0010432_17304081.jpg







by desertjazz | 2019-03-21 22:00 | 音 - Africa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30