人気ブログランキング |

Fela Kuti's Very First Recordings

Fela Kuti\'s Very First Recordings_d0010432_14280001.jpg


 今日から3日前の3月6日、ロンドンから驚きの情報が届いた。フェラ・クティの初録音のマスターが発見され、これまで全く未発表だった2曲を含めた4トラックがリリースされるとのこと。フェラ・クティの未復刻音源や未発表の記録はまだまだあると多方面から聞いてはいたが、この知らせには正直驚いた。

(リリースの告知を見た直後に Twitter などで紹介したところ、反響が大きかったので、以下ざっくりと情報を整理しておきます。)

 フェラ・クティがロンドンの Trinity College に留学したのは 1958年、20歳の頃。親の希望は医学に進むことだったが、本人は音楽への熱意の方が強く、音楽を学ぶことに。すでにロンドンにいた友人のピアニスト Wole Bucknor からロンドンのジャズやカリブ音楽のシーンを紹介される。そして2人は Fela Ransome-Kuti and His Highlife Rakers 名義で英Melodisc に4トラック録音することに(1959年または1960年の初頭)。

 #2966 Fela's Special
 #2967 Aigana
 #2968 Highlife Rakers Calypso No.1
 #2969 Wa Ba Mi Jo Bosue

 これら4曲のうち、"Fela's Special" と "Aigana" は 78回転盤として発売された(Melodisc 1532、1960年の1月か2月のリリース)。このSP盤の音源は長年幻のままだったが、2014年に英Soundway の CD "Highlife On The Move" (SNDWCD060) により遂に初復刻された。一方、残る2曲はレコードとしてリリースされることはなかった。遠藤斗志也さんのディスコグラフィーに以前より曲名やマトリクス・ナンバーが記載されており、録音されたことは確か。しかしレコードがプレスされることがなかったと伝えられてきた。なので、まさか聴ける日が来るとは思っていなかった。データとしては記録が残っていても、肝心の録音自体は失われたに違いないと思い込んでいた。

 しかし、それが存在したのだ!

 果たしてどんな演奏なのだろう。"Fela's Special" と "Aigana" も割とオーソドックスなハイライフ。前者はフェラ・クティが初めて書いた楽曲とみなされているもの。翌年結婚するレミ・テイラー Remi Taylor への恋心を歌ったナンバーだそうだ。後者は先日亡くなったハイライフの巨人ヴィクター・オライヤ Victor Olaiya の1957年のヒット曲。なので未発表だった2曲もハイライフ的な楽曲であることは間違いないだろう。"Highlife Rakers Calypso No.1" はタイトル通りずばりカリプソ・チューンかも知れない。当時のフェラ・クティのグループは、リズム隊はナイジェリア人、ホーンズはジャマイカ人が主体だったようだ。"Fela's Special" は3〜4管程度の編成でトランペットがダブルのようにも聞こえるので、一人はフェラ・クティだろうと思った。しかし、フェラ・クティがトランペットを演奏するようになったのは、1960年に Koola Lobitos を(再)結成してからとも言われているので、Melodisc 録音でのフェラの担当はヴォーカルだけだったと推測される。

(Koola Lobitos というバンド名は1950年代末にすでに使っていたようなので、ほぼ同じグループが、Koola Lobitos、Highlife Rakers、さらには Fela Ransome-Kuti Quintet といった様々な名前を冠していた可能性も考えられる。ちなみに Koola Lobitos は Cool Cats のヨルバ語読み。Victor Olaiya の率いたバンドが Cool Cats だったので、そんなところにもフェラ・クティのヴィクターへの憧れが感じられる。)

 フェラ・クティの生涯初録音、Melodisc への4トラックを今回リリースするのは、イギリスの Cadillac Jazz。Cadillac は 1973年に設立されたジャズ・レーベルだ。Mike Westbrook、Stan Tracey、Mike Osborne、David Murray、そして亡命先のロンドンでも活躍した南アのサッスク奏者 Dudu Pukwana などをリリースしている。David Murray の代表作のひとつ "The London Concert" も出しているので、長年のジャズ・ファンにはお馴染みのレーベルだろう。そんな Cadillac がフェラ・クティを発掘/復刻することになった経緯にも興味を覚える。

 これらの4トラックは、4/18 の Rerods Store Day にイギリス限定で、10インチ盤のフォーマットで発売されるとのこと。だが、しばらく待てば日本にいても容易に購入できるようになるのではないだろうか? 今から実際の音を聴くのが楽しみだ。

 ・ Facebook - Cadillac Jazz 
 ・ Bandcamp - Cadillac

 さて、Melodisc 録音の全貌まで明かされるとなると、次は RK の全容解明ですね。幻の RK1(フェラ・クティの最初の7インチ)は果たして存在するのか? (長年見つからなかった RK レーベルのうちの1枚は確かオランダの蚤の市で発見されたんでしたっけ? 記憶違いだったらごめんなさい。)



Fela Kuti\'s Very First Recordings_d0010432_14371018.jpg




 追記:コロナウイルス流行の影響で RSD 延期に伴い、このレコードの発売も6月10日に延期となりました。(2020/03/18)






by desertjazz | 2020-03-09 15:00 | 音 - Africa