アフリカの記憶 128

アフリカの記憶 128_d0010432_18505167.jpg


 Kalahari #28 : Botswana / CKGR-Gyom 1993

 ハンター達に追い詰められ、仕留められる直前のゲムスボック。

 1993年と1995年にアフリカ南部の自然公園をいくつか巡って、ゾウ、キリン、ゲムスボック、クドゥ、インパラ、カバ、バッファロー、等々、野生動物を飽きるほど見た。いや正直なところ、野生動物は1日見てたら、すっかり飽きて感動を失うことを知ったのだった。手の届く距離に巨大なゾウが歩み寄って来たり、突然ライオンの赤ちゃん4匹が目の前に現れたりした時には、ちょっと感動したけれど。

 ゲムスボックをこんな至近距離で、しかも車から降りて観察できたのも貴重な体験だったのだろう。これもハンター達が一緒にいたから可能だった。そして、彼らが仕留め解体した後に、美しい角をお願いして頂戴することに。しかし、瞳と同様に、角も見る間に生気を失ったように感じて、その場に捨てて来てしまったのだった。

 ところで、ブッシュマンがキリンを見ると「うまそう」と呟くのだそう。キリンはブッシュマンの一番の好物だと聞いたが、本当か? もちろん今はキリンを狩ることを法律で禁じられている。彼らはそのことを残念がっていた。






by desertjazz | 2020-09-24 00:00 | 旅 - Abroad
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30