アフリカの記憶 161

アフリカの記憶 161_d0010432_17124814.jpg


 Kalahari #61 : Botswana / Maun 1993

 乾燥した中央カラハリ動物保護区 CKGR から抜け出して、ボツワナ北西部の中心地マウンに到着。ここは交通の要衝かつボツワナ観光の一大拠点。文化的世界まで一気に舞い戻ったような感覚だ。

 町中のツーリスト・オフィスでこの先の行程の手続き。オカヴァンゴ・デルタ Okavango Delta とヴィクトリア・フォールズ Victoria Falls に飛ぶ作戦。

 駐車場に並ぶ自動車は、どれもキャンプ用に改造したものばかり。いつか自分もこのような車を運転して、アフリカ南部を巡りたいものだと思う。


 1993年と95年にボツワナやジンバブウェを旅して驚いたのは、キャンプ施設がとても充実していることだった。ロッジの食事は立派だし、道路も非常に整備されていた。いずれもが白人たちが自分たちの観光のために充実させたもの。南ア共和国の自然公園はこれ以上に整っているようだし、ナミビアも同様だろう。

 95年の旅はテントとシュラフを背負っての一人歩きだったが、フライトのブッキングもバス移動も快適だった。要所ごとにテントを張るエリアがあって(豪華なホテルの敷地内にあることも)とても便利。記憶では料金は5ドル程度で、それには洗面施設やシャワーの使用料も含まれていた。総じて格安の予算で旅ができた記憶があるため、今年もう一度訪ねて行こうと考えたのだった。







by desertjazz | 2020-10-27 00:00 | 旅 - Abroad
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30