アフリカの記憶 180

アフリカの記憶 180_d0010432_19401675.jpg


 Nigeria / Niger Delta 2005

 水と生きる暮らし、水辺でのささやかな生活。それは、かつて訪ねた、タイのアンダマン海の水上集落や、ザイールのカサイ川沿いの人々を思い出させるものだった。

 先進国の基準からすると、生活レベルは高くないし、搾取や迫害も受けている。それでもこうした土地の人々の表情に心の豊かさを見取り、何かを感じる。旅人の勝手な見方であると自覚しながら。

 ブッシュマンが暮らすカラハリ砂漠、エボラ出血熱に襲われたザイールの熱帯林、反政府勢力やミリシアが跋扈する灼熱のアファール、そして今度は、反政府活動が激しいニジェール・デルタ地域のある貧しい小村までやってきた。

 自分が求めてもいないのに、なぜかこうなる。何の因果かとは思う。いや、やはりこれは自分が異世界体験を希求する結果か。いずれも実に貴重な体験ばかりだ。






by desertjazz | 2020-11-18 00:00 | 旅 - Abroad
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30