Compilation Album : Houcine Slaoui "The Father of Moroccan Chaabi"

Compilation Album : Houcine Slaoui \"The Father of Moroccan Chaabi\"_d0010432_10074108.jpg


■ホスィン・スラウイのアルバムが遂に完成!

 長らくお待たせしました。ホスィン・スラウイの CD がやっと出来上がり、彼の 70回目の命日である本日 4/16 にリリースです。

 Houcine Slaoui "The Father of Moroccan Chaabi" (Good Old Noise, DJ-001)


 モロッコの旅で出会ったこの素晴らしい音楽家のことを、少しでも広く知ってほしい、そして自分自身もっと知りたい。そのためには彼の代表曲をコンパイルしたアルバムを作って、いろいろな人に聞いてもらうことが有効なのではないか。そのことで新たな情報を得られるかもしれない。そのように考えたのは、今から8年前。これだけ偉大な音楽家なのに、世界のどこにもまともな CD がないなら、もう自分で作ってしまえと決めたのです。

 しかし、実際始めてみると、全てが初めてのことで、予想を超える大変さ。途中、何度も諦めかけることに。音源収集、資料探索、文献精読、楽曲考察、盤起こし、ノイズ・リダクション、マスタリング、選曲、翻訳、パッケージング、デザイン、ライナーノート執筆、等々、結局10年がかりの作業になりました。

(ノイズリダクション/マスタリングに至っては、繰り返すこと 50回以上。音処理は最小限にしたのだけれど、それでも納得が行かず、マスターを納品する数日前に、3曲ほど使用音源をノイズの多い方のレコードに変更して盤起こしからやり直し。マスタリングによって音の艶がわずかでも損なわれるのが嫌だったので、音に芯のあるものを最終的に選択。)

 時間はかかりましたが、多くの方々にご協力いただき、ようやく形になりました。デザインは、ジャケットの木版画の制作を依頼した福田新さんら、お三方にお願い。歌詞の聞き取りと曲名の日本語表記に関しては、ウアムリア奈津江さんとお仲間にご尽力いただきました。CD 制作全般については、たくさんの方々に相談。中でも、高橋政資さん、原田尊志さん、森田潤さん、井口寛さんからは、とりわけ多くのアドバイスをいただきました。

(デザインに関しても、細かな修正をギリギリまで何度も何度もお願い。みなさん、本当に根気強くお付き合いくださいました。

 その結果、ホスィン・スラウイの命日(没後70周年)の 4月16日までに、どうにか完成させられました。たくさんの友人たちが手助けして下さったおかげで、当初考えていたよりもずっと良いものになったと思います。改めて感謝申し上げます。

(勿論、心残りもあります。音の状態とアルバムの流れを考慮して落とした曲は多数。ライナーの内容に関しては、モロッコ音楽の基本情報について自信がないですし、ホスィン・スラウイの経歴と録音歴についても、どうしても特定に至たらなかったことが多々ありました。今もずっと検証中なのですが、「41年頃から50年までの約10年間の録音集」と捉える方が正しかったのかも知れません。ですが、まずはこれらの音源を世に出すことが優先と考えました。マスター制作からライナー執筆まで一人でやり切り、その上、DDP ファイルの制作やジャケット・デザインまでも自ら行う準備を進めていたため、力及ばず。とにかく、状態良い SP もライナーを書くのに十分な情報も集めきれなかったので、今回はこれが自分の限界。ですので、この CD は「現時点での中間報告」としてお聴きください。)

 現在、協力して下さった方々と友人たちに、完成した CD を順次お送りしているところです。お手元に届くまでしばしお待ちください。ホスィン・スラウイの音楽の面白さ、素晴らしさだけは、確実に記録できたと思っています。また、この音楽家の偉大さと重要さを伝えるものを、世界で初めて作れたことに満足し安堵しているところです。お忙しい中恐縮ですが、一聴いただけたら幸いです。






 余談を少々。ファースト・プレスのジャケットは手刷りの木版画。ですので、1枚1枚刷りの濃淡や印象が異なります。また、ライナーノートは大きな活字を採用。高齢で視力の衰えたワールド・ミュージック親父たちへ配慮した分、読みやすくなっていると思います。




(長旅にも出かけられなかった昨年、そうした時間を利用して何をしようかと考え、思いついて始めたのが「アフリカの記憶」でした。それを 210日間続け一区切りついた頃、次の目標について思案。そこで頭に浮かんだのが、ホスィン・スラウイの CD 制作に決着をつけることでした。その CD もひとまず完成したので、さて今度は何に取り掛かろうかな? ところで、この CD にはいくつかの仕掛けが施してあるのですが、気がついてくれる人はいるかなぁ?)



(続く)






by desertjazz | 2021-04-16 00:00 | 音 - Africa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30