Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>

Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>_d0010432_14015228.jpg


■ホスィン・スラウイのレコード(追加情報2)


 ホスィン・スラウイに関して、ここ半年間で最大の収穫と言えるのは、最近 SP 盤をまた新たに1枚入手したことだ。

・PV 200 : Ouiounou Hajbane(Matrix CPT 7866)/ Hal Kas Hlou(Matrix CPT 7867)


Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>_d0010432_13581070.jpg


 A面の Ouiounou Hajbane は気だるい雰囲気が印象的で、この曲は自主制作 CD に収録した(SP では "Aioun Ou Hejbane" と表記されているが、後年は異なる綴りが一般的である)。ただし SP はまだ手に入っていなかったため、マラケシュの古道具屋で見つけたシングルレコードの音をマスタリングし、どうにか他のトラックに近い音感に仕上げたのだった。今回ようやくオリジナルの SP で聴くことができたのだが、ウードの低音などはこれまで聴いてきたものより格段に太く響く。やっぱり SP の音はいい!


Houcine Slaoui : The Father of Moroccan Chaabi <17>_d0010432_13581447.jpg


 B面 Hal Kas Hlou は快活さが魅力的(SP の表記は "El Cas Ahlou")。この曲は、シングル、LP、モロッコ盤CD で持っていて聴き親しんでいた。これもなんとか CD に収録したかったのだが、シングル盤はコンディションが良くなく再生時に大きなノイズを発生し、LP にも傷があって同じくノイズが出る。どちらもリイシューするレベルの音源ではないと判断し、それで収録を断念したのだった。それらに比べると、今回入手した SP はずっと状態が良い。うまくマスタリングし、何らかの形で公開したいと考えている。

(そもそもフランスでリリースされたベスト盤 LP の音は明らかに変だ。マスター作成過程で重大なミスを犯している不良盤なのか? なので CD 用にマスタリングする際には、こちらも極めて常識外れな?音処理をして SP の音に近づけたのだった。ちなみにサブスク等で聴けるホスィン・スラウイは恐ろしいまでに劣悪なものばかり。モロッコの CD で使われたレコードも大半が状態の悪い盤だったようで、Hal Kas Hlou にも大きなノイズが入っている。加えて過度なノイズリダクションがなされたトラックが多く、SP で聴いた音とは比較にならない酷さだ。私が状態良い SP を集められたのは、幸運か奇跡だったのかもしれない。)

 これまでの SP の入手先はイスラエルやオーストラリア、そして本盤はベルギーと、実にワールドワイド。この SP も送料含めると2万円以上の出費になった。しかし、縁あって知り紹介を始めたホスィン・スラウイ。こうなれば、ライフワークのひとつ(ある種の義務)として探求を続けるしかないだろう?

 

(続く)







by desertjazz | 2021-10-17 00:00 | 音 - Africa

DJ

by desertjazz